ナラティブ Narrative

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

北園克衛記念館計画
- Aspects of the Danteum -

作品概要

 「建築は、私の精神が抱いた最初の愛情の中に大きな地位を占めていた。私の青年期は建築するという行為を熱烈に空想した。」(Paul Valery)

 本計画の意義は現代におけるナラティブな建築空間について再考することにある。

 第一部において、ジュゼッペ・テラーニによるダンテウム計画案を構成する物質体系とその遷移に着目した分析を行う。具体的に、①デザイン体系の把握、②エレメント配列法、③シークエンスと言説、の形式から空間へと至る三つの観点より分析し、その内観的なるものを構造化することで、テクストと設計者の関係性を考察した。

 第二部では、伊勢出身の前衛詩人北園克衛を題材とし、彼の記念館を計画した。北園克衛はシュルレアリスムやダダイスムに傾倒し、瀧口修造や上田敏雄とも交流があった。既往の詩の形式や意味を解体した実験的な詩を数多く創作し、日本の前衛詩を牽引した人物であるが、現在ではあまり知られていない。

 構築への足がかりとして、全体が統御された『神曲』、一方で断片的なイメージから創出された北園の詩の対照的な様相から、建築へ向けた理論を導き出した。この形成プロセスの対比は、翻って設計行為全般に遡及することが可能であり、特に、「通時性」「共時性」の対立する概念を用いたプロセスの整理は、さらなる発展的な設計手法への展開を示唆している。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now