モビリティ・交通​ Mobility

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

完全自動運転車に対応した建築の在り方
- パーソナルモビリティを活用した地域施設の提案 -

作品概要

 近年、世界的に「自動運転」についての技術開発が加速している。日本でも2020年に行われる東京オリンピックにおいて限定された区間での自動運転車の走行を目標に官民一体で開発が進められている。完全自動運転化された社会では、自動車産業だけでなく様々な既存産業の構造の大きな変化が見込まれる。走行中でも人間が周囲に注意を払う必要がなくなると、車内での行動は多様化する。例えばオフィスの会議室やシアターの機能に特化した車両が街中を走り回っているかもしれない。このように車内の居住性が向上すると、車が動く建築のような役割を持っていく。しかし、動く建築の大きさには限界がある。現在の地域施設が担っているような多くの人が集い、交流するような場を提供する建築には違った自動運転車との関わり方があると考える。そこで、車はあくまでパーソナルモビリティとして利用し、その動く最小空間が展開し、建築と接続することで生まれる新しい建築空間の提案を目的とする。本計画では、自動運転車の恩恵を強く受けるであろう場所や対象者に焦点を当てるため、「①公共交通が不便とされている地域」、「②交通弱者である高齢者の生活拠点」について検討する。これらの2つの条件を踏まえ世田谷区の船橋・経堂・桜上水・世田谷区域に、高齢者を中心に地域の人も日々利用できるような地域施設を設計し点在させる。

第二のノード
- 横浜市関内地区のおけると都市交通空間の提案 -

作品概要

近年の低炭素化政策のより自動車交通から公共交通へのモーダルシフトが進み、従来の移動手段は変わりつつある。本計画は、将来の都市交通とそれを取り巻く建築空間に着目し、新たな都市空間のあり方を提案する。都市内移動の変化に伴い、利用者がより流動的に都市を移動するためには地域特性を尊重し、その場の問題を解決しうるような複眼的な空間計画が必要である。対象エリアに横浜市関内地区を選定。関内地区の地域特性から都市交通マスタープランを検討し、自転車を中心として既存交通機関の鉄道、水上交通、歩行者を結びつける関内地区のエッジを一周するサイクリングロードを計画。マスタープランに基づいたサイクリングロードと交わる新たなノードを設定し、その中から3つの計画敷地を挙げ、拠点となる新たな都市交通空間を提案する。1.象の鼻エリアでは港-広場-サイクリングロードを結ぶ、広場としての機能を拡充する水上交通ターミナル。2.堀川-谷戸橋エリアでは鉄道駅-サイクリングロード-堀川(水上交通)を結ぶ川沿いの結節点して水上プロムナード。3.関内外境界エリアでは大岡川-鉄道駅-サイクリングロードを結び、首都高速道路、高架鉄道など物理的な要素で分断されてしまっている関内・関外地区を繋ぐ新たな移動空間を提案。

観光によるコモンズの再構築タイのクロンバンルアンコミュニティのケーススタディ

作品概要

クロンバンルアンは、バンコクの運河沿いに定住するコミュニティです。その生計は運河沿いによく整理されており、主な交通手段はボートでした。しかし、都市の近代化により、モーター化はコミュニティの主要な移動性に取って代わり、運河沿いの町並みから活気を奪いました。最近、観光客を引き付けるためにいくつかの新しい構造をもたらすことによって、観光客はこの場所を再発見し、再活性化しました。これは実際に村人の運河へのアクセスを妨げています。観光は過度の変革をもたらすため、コミュニティの生活を悪化させる可能性もあります。この問題を解決し、地域の特徴を活性化・強化するために、本稿では、地域の生活と観光のバランスをとるソリューションを提案し、物理的な設定とプログラムの両方の意味でしきい値を再設計することにより、このコミュニティを維持するためのメンバーシップを再定義します。

インスタント・ヴォイド・コンバージョン - 移動可能な建築による街なか空地の活用計画 -

栃木県宇都宮市の中心市街地には、駐車場や未利用地などの大小様々な空地が数多く点在している。こうした市街地の空洞化は、全国の地方都市に共通する傾向であり、早急な対策を検討する必要がある。また近年、被災地の空き地に建設される仮設住宅や、期間を限定して公園に設営されるパヴィリオンなど、短期間で容易に設営可能な建築が増加しつつある。そこで本計画では、こうした建築により、宇都宮市の空地の活用を計画し、街なかに点在する空地を公共用途に転換する計画を提案する。
まず、宇都宮市の空地の利用状況を調査し、対象エリアにおける利用の特徴と、周辺に立地する施設、利用の空き時間帯等を検討することで、空地のプログラムを設定した。次に、仮設住宅やパヴィリオン等を対象とした事例研究をもとに、移動性を備えた建築ユニットを設計した。さらに、それらの「即席的な用途変更計画」と「移動可能な建築ユニット」を組み合わせることで、空地を公共用途に転換する計画「インスタント・ヴォイド・コンバージョン」を提案した。これによって、空洞化する市街地において、低密度な環境を活かした公共空間のあり方を提示することができたと考えられる。

コンテナユニット ユニバーシティ - 移動・仮設・組替・再利用可能なユニットを用いたキャンパス計画 -

 通常の建築物は、移動・変更が出来ず建設に時間が掛かるが、現在は震災時に建設を行う仮設住宅のような建築の「仮設性」や、高齢化等の社会変化に応じた空間の「可変性」、環境に配慮した「再利用性」、さらに被災地や過疎地でコンビニの移動販売が拡張されているように建築の「移動可能性」が必要とされている。近年、こうした特徴を備えた輸送用コンテナのシステムを利用した建築が注目されている。そこで本計画では、輸送用コンテナのシステムをもつ建築を「コンテナユニット・アーキテクチャー」と呼び、構成・構造・設備等を調査・分析し、空間構成を明らかにするとともに、地域開放等の社会変化に対応した空間の再構成が求められる地方国立大学の宇都宮大学陽東キャンパスにおいて、ユニットとアタッチメントのシステムからなる「コンテナユニット ユニバーシティ」を提案した。
■コンテナユニット
20ftコンテナサイズの鉄骨フレームによる「ビルト型」、輸送用コンテナを再利用した「リサイクル型」からなる汎用性をもつ5種類のコンテナユニットを提案した。
■アタッチメント
仮設・組替・再利用可能を考慮したユニットへ付加する為の8種類のアタッチメントを提案した。
■コンテナユニット ユニバーシティ
設計したコンテナユニットとアタッチメントを用い、ケースステディとして大学キャンパスにハウジング・ラボ・ライブラリーの3つの用途をもった大学とまちの結節点となる施設を提案した。

​暮らしの歯車

​・自動運転技術の進歩が変える車と建築のルール・ライフスタイルに合わせてカスタマイズする車・可変的な車の空間が建築やランドスケープと一体化する・役割を変化させる部材と場所に適応していく車の形態・ネットワークのように広がる歯車

Vacan-Cycle

自転車屋台によるネットワーク的都市の再編を計画.街中に存在する空き家や空き地は自転車屋台の受け皿へと変容し,そこにさまざまな種類の屋台が重なることで生まれる小さなコミュニティから都市が活性化していくのではないだろうか.自転車屋台は集合住宅の住民がそれぞれ所有し,持ち主の特徴が現れるような屋台となっている.趣味の本で溢れかえった本棚が移動図書館になったり,アートなどの趣味が興じて外に滲み出していったり,飲食屋台など屋台を生業としている人がいたり.それらが街中を走りまわることで普段は交わることのなかった人同士の交錯を表出させ,都市の等身大の賑わいを取り戻す.

屋台ネットワーク・ストリート

駅前や盛り場周辺,人びとの行き交う場所に時間限定で出現し,消える屋台.飲食や小商いの集うイベント感覚の場で,人びとの生活の場とは切り離されていた屋台が,新たなストリート機能を生み出す,多様性のあるモビリティ・ユニットとして提案する.屋台の運営者は,集合住宅を形成する住民自身だったり,街の人びとである.さまざまな機能を持った屋台が,あるときはそれぞれの生活ユニットの一部となって,またある時は,開かれたスペースに集まりマルシェとなる.生活の延長線上でありながら,使い方によってハレとケが変化する.屋台同士が繋がり,人が移動することで新しいストリートが生まれる.屋台が媒体となってコミュニケーションが生まれ,単なる集合住宅の住み手だけではない,多様な住民同士の関係が育まれていく.

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now