レトリック・メタファー Rhetoric metaphor

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

空間の修辞学 71の習作

Concept:空間操作におけるレトリックの導入を試みる。詩学、文学、絵画、彫刻、音楽、修辞技法は分野間を横断しあらゆる芸術に応用されてきた。言葉が限られた音の組合わせであるように、建築もまた限られた形態の組合わせである。修辞技法を応用することで建築空間も豊かになるのではないか。私は修辞技法を空間操作に応用することを目的として71の習作を制作した。
Process:修辞学の歴史と先行研究を参照しながら芸術全般との密接な関係性について理解を深めることからはじめた。修辞技法各種の定義と効果・構造の分析したうえで体系図化。次に、ドローイングと試作模型を制作し、最後に、自ら体験した空間を修辞学の観点から分析したところで技法研究から習作の制作へと姿勢をかえる。
Result:71の習作の外観・内観・詳細説明と技法各種の部分の仕方など研究してきたこと習作を通して学んだことを記録として一冊の本にまとめた。
Discussion:修辞技法は、制作者の空間構成において重要な「手がかり」を与えてくれるものといえるのではないか。修辞学の研究さえしていれば小説家になれるわけではないことと同じように、修辞技法を獲得したからといって必ずしも空間の魅力をうみだせるわけではない。しかし、曖昧模糊としてふわふわとしていた「空間の魅力」といったものに、『空間の修辞学』がささやかながらも言葉を与えてくれたはずである。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now