水害問題 Flood problem

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

浮遊する建築
- 海抜ゼロメートル地帯の東京臨海部における水害に対する事前復興計画 -

作品概要

近年、世界各地で台風や高潮、地球温暖化に伴う異常気象による水害が頻繁に起こっている。本計画は、海抜ゼロメートル地帯の東京臨海部における水害問題に対する事前復興の提案である。

計画地域の東京都中央区に位置する佃島は隅田川河口に位置し隅田川と佃川支川に囲まれており、満潮時と干潮時の水位の差が最大約2mあるため、日常的に水害の危険がある。水門と防潮堤によって外水氾濫の対策がなされているものの、昨年の台風時には、隅田川の水量をできるだけ分散させるために水門がなかなか閉ざされず、住民は水害の危険に晒された。

そこで本計画では、水害の際に水没しない「浮遊する建築」を提案する。浮遊する建築は、地域に残る祭礼の単位から2街区をこれを生活共同体の単位とし、1つの公共的な施設と住宅などによって構成する。建築は、佃島の過去と現在の風景から土着的な建築要素を抽出しデザインに取り入れる。移動が可能なことなど、水に浮くからこその利点を生かした計画とすることで、住宅は時には庭を持ち、畑を持つ。祭礼際には広場を設け、神輿が街を練り歩く。

水害に対応できる建築の構想を通して、新たな街の構築と風景の継承の可能性、さらには地域共同体の再生を考えた。

大規模浸水地域における地域防災避難施設の設計
- 墨田区京島地区の地域特性に着目した木造住宅密集地域モデルの提案 -

作品概要

「つながりも生きがいも同時に失った」
これは2015年9月の関東・東北豪雨により鬼怒川の堤防が決壊し、甚大な浸水被害を受けた常総市民の言葉である。この状況は東京においても無視できる話ではなく、近年、台風の大型化や気候変動の影響を受け、大雨による河川氾濫や浸水、地すべりや土石流が増加傾向にある中、東京低地に位置する江東5区は荒川の堤防が決壊した際は大規模浸水が予想されている。
大規模浸水は頻繁に起きるものでもないが、いざ発災すると町に甚大な被害をもたらす。そのため、本計画では津波避難地域に見られる「逃げられればいい」といった画一的な構築物ではなく、地域特性に着目し地域住民が日常的に利用する地域施設が大規模浸水時には防災避難施設となることを目指した「地域防災避難施設」を設計した。また江東5区に位置し、木造住宅密集地域である墨田区京島地区を調査対象敷地として選定した。この地域は戦前からの木造長屋が残り、それをリノベーションしてカフェやクラフトショップを運営する若者たち、また地域コミュニティの核となっているキラキラ橘商店街の存在など、下町の風景が色濃く残る地域である。
この地を舞台に地域特性に着目した地域防災避難施設を提案することで、水害を乗り越える京島の未来像を提示した。

土着的水害復興

作品概要

 2015年の関東・東北豪雨による河川の決壊で茨城県常総市は、市域の約3分の1が浸水しました。30年に1度の頻度で河川の氾濫が起こるこの地域では、人生で3回、水害を経験することを意味します。世代交代を機に訪れる水害とその復興行為から、この地域ならではの設計手法を考え、常総市で建築とともに生きてゆく方法を後世に受け継ぐ必要があると私は考えました。そこで、水害によって放置された空き家の1つを自分たちの手で1年間かけて改修・再生し、自力での復興を経験しました。その経緯の中で、建築各部の問題点や改善方法をスケッチで 記録しました。この提案は、それらを設計手法として建築に応用したものです。

 水害の家屋にもたらす結論は、泥土の残留、床上浸水による床面の損傷、屋内緊急避難場所の確保、水が残す様々な残留残存物など、様々な影響を残しながら改修へのヒントを与えてくれています。損害が対策の形を導き、建築形態を与えるきっかけとなれば、地域の自然と歴史に根ざした建築形態になると考えました。記録したスケッチは、復興系、被災・減災系、施工性系、避難系、設備系、がれき再利用系の6通りに分類し、復興・構築への手がかりとしました。具体的には、これまで歴史的に継承されてきた屋根裏に船を格納する対策や、水が引き際に残す泥土の洗い流しを促進する基礎の形態、がれきの集合体がみせる地域の材料特性と雑多な生活小物の集合体が創り出す断片的な資材の組み合わせなどが建築形態を成しています。

森になる川の遷り -桂川下流における動く河川公園の設計提案-

作品概要

 日本の中流域の川は森へと姿を変えつつある。洪水攪乱の減少により遷移が進んだ川は、都市に秘境のような緑地環境を形成する一方、新たな洪水リスクをもたらした。そこで、京都桂川を対象に、小さい攪乱を増やし都市を守るインフラと攪乱と遷移が空間をつくる「動く河川公園」を提案、河川環境と治水の両立を目指す。動く河川公園は、攪乱を制御し都市を守る河川インフラである水制工の機能を、増幅に読み替え、〈動かないもの〉攪乱をコントロールする水制工、〈動くもの〉攪乱による植物群落の消長と河床の変動、によって形成する。現況の植生動態と流れ構造の分析から、川が持つ動きを増幅し、変動する空間をつくる。攪乱をコントロールする水制工の配置は河川シミュレーションソフトを用い、配置計画と設計した攪乱がもたらす50年間の変動予測を行った。
 公園内は動きをつくる水制工の上に設置した木デッキが人の居場所となる。森になる川は、攪乱を繰り返し、密林と川の2極化した環境から、ヨシ原、森の中の入江、ヤナギの大樹の木陰と草原など多様な環境が立ち現れ、やがて50年に一度の大規模洪水を受け入れる姿になる。森になる川は都市に動くオアシスを提供し、訪れる人に自然のダイナミズムを伝える。

塔のある日常 –津波避難タワーと沿岸地域の在り方の研究—

作品概要

 私は津波避難タワーを3つ設計した。
それはこれまで建てられてきたような、コピーアンドペーストしたものとは違うちょっとおかしな、目に止まるようなカタチをしている。しかし、どこか町の風景の面影を残している。そして、それは町を支えるインフラであり、町の生活の一部である。これは日常の中に塔のある生活を描いた提案。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now