部分と全体 Part and whole

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

ノゲノミチ
- 野毛文化交流センター -

作品概要

 従来、建築物は完成した瞬間から古くなっていく存在だ。その時代または街を象徴する様な建築物なら尚更時代から取り残される。一方で、常に変化を続ける街に完成形はない。街は生きているからだ。人間の細胞が数年で全て入れ替わってしまうように、十年経てば街の様子はがらりと変わってしまうこともある。 そんな現代にふさわしい「都市と建築」の構成関係、「部分と全体」の関係を考えたい。街に呼応する様に建築し続けることで、 その時代その瞬間を象徴し続け、「街らしさ」を継承し続ける、「生きられた建築」を考えられないだろうか。本研究では街の構成関係を建築へ落とし込んで設計を行った手法に着目し、建築における「部分と全体」の構成関係を意識的に追求した建築家であるアルド・ヴァン・アイク (Aldo van Eyck:1918〜1999)とヘルマン・ヘルツベルハー (Herman Hertzbeger:1932〜)の思想と建築的概念の研究を行い、その上で研究を踏まえた新たな「部分と全体」の在り方を設計を通して提案する。

 神奈川県の野毛町は歴史と共に変化を繰り返してきた。野毛はセルフビルド的に増減築を繰り返すことでどこか懐かしく猥雑な飲食街の雰囲気を作り出している。街を歩くと飲み屋の賑わいは通りに染み出し、むしろ路で賑わいが多発的に発生しているようだ。野毛の魅力はいつも「路」から生まれ、賑わい、発展しているのだ。 本計画はそんな通りの賑わいが上部まで届くような「路」と連動し、「野毛らしさ」が積み上がることで立体的な「街」のような常に変化し続ける建築を設計した。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now