建設のプロセス Construction process

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

ケンチクスルコト

近年、自然災害が増えている。災害には、復旧、復興、普及活動があり、その期間、住民は一時的な生活基盤として応急仮設住居を与えられる。応急仮設住居では、災害地域の住民が避難してくる。住民は仮設住居に入居する際には、仮設ユニットの機能に当てはめて、入居させられるためから、以前にあったコミュニティは考慮されずに振り分けられる。そのために、応急仮設住居には、集会所、談話室などのコミュニティの場が設けられ、新たなコミュニティ形成を計る事を目的に設置されている。
 しかし、現在のコミュニティ形成の場は、一時的な人集めとしての機能を持っているだけで、自発的なコミュニティ形成機能を果たしていないのが現状である。
 建設行為を公開したコミュニティの場では自発的なコミュニティ形成を促す事を実証する。建設行為を学生が主体となって、公開し建設行為を実施し、業務行為では起こりえないコミュニティ形成がスムーズに行えるようになる。その中から、学生が主体となった災害時支援プログラムを作成する事を目的とする。
 建築計画では、応急仮設住宅地での主の動線上に、テントを張り出すように計画した。「ケンチクスルコト」で行なった建築の成果物と行為を行なう事で、応急仮設住宅地での「新しいツナガリ」が発生する

浅 草 の ビ ル

人々がサグラダ・ファミリアに惹きつけられる要因はフォルムの有機的な造形美だけではなく , 「建てること」そのものが様々な価値を生産しているからだと , 私たちは考える .「建てること」 は一つの大きなイベントであり , スペクタクルであり , アトラクションである . 「建てること」は多くの雇用を生み , ヒト・モノのネットワークを形成し , 資本の循環を作る .「建 てること」のもつ付加価値は , 祝祭性と産業化 , この2つの特性を持つ . 私たちはサグラダ・ファ ミリアのもつこの構造的側面に着目し、サグラダ・ファミリア的 “ 状況 ” をここ浅草で構築す ることを目指す .

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now