物と建築 Things and architecture

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

物質創造実験 - モノが先行する建築をどう考えるか -

作品概要

プログラムから組み立てる設計手法ではなく、モノから設計を組み立てるような「モノが先行する建築」を考える。都市に散在するオブジェクトを分析し、モノが持つ可能性から建築を構築していき、そこから生まれる建築という一つの全体性がどのようなポテンシャルを持ちうるのかを実験する。

むすんで、ひらいて

日本人の生活に根付いているモノを共有する文化に着目,人間関係の幅を広げることで相手への思いやりや環境を大切にする意識が集合住宅を拠点に生まれ,働き方を変えるきっかけを与える.

自治工房

自発的な人間関係がある場所こそ,今後,資産価値以上の意味を持つ.そこで,人びとの循環を促し,人びとの振る舞いにより街を発展させる計画を提案.これを促すシステムは,集合住宅と繋がる工房から始まる.ペンキを塗ることやパン屋を営むという「つくる」という行為や機会を共有し,ソフト面での共有資産として機能する自治工房を企画する.「つくる」住民がインタープリターとなり,地域の人びとなどとの連携を図ることで,権利を阻害することなく,よりよい環境として整備し,周辺の空き家まで新たな価値観を発生させる.

モノの巣窟 学びの温床

多世代・多国籍が住む,あらゆる年代・地域のモノを流し込み,その散らかり方を考えることで,モノを介した無数のシーンが内在する集合住宅を提案.

香具礼場所 -かぐればしょ-

現在では高層マンションの増加により街が均質化され,コミュニティは希薄化している.しかし,かつての下町には路地にモノが溢れ,モノが建物の一部となり,そのモノが空間を共有し隣家との距離感を緩く保つことで,人情あふれる環境を構築していた.そんな下町での通路や階段,玄関先で行われていた人の助け合いやモノを共有する環境を「蔵」として空間化することで,モノを中心に人が集まり,コミュニティとしての下町風景を現代に再構築できるのではないかと考えた.

街の値上げ(ぢあげ)やさん

空き家に残されたモノを「たからの山」と捉え,手入れや改良をして新たに必要とする人へと送り出すことで,街の+と-の開発をつなぐ共同体の提案.

積み重なった記憶はあふれだし、そして…

人が年をとることで増えたものを積み重ねて部屋をつくる.入りきらなくなったものは外へ溢れ,他の住人が使い,人の記憶が継承される.

Collection-Connection

「もの」は人と人を結びつける.本計画は個人の趣味具現物=「コレクション」によるコミュニティのあり方を提案し,ある地方都市のストリートにその場固有の「もの」による繋がりを付与するものである.既存商店街が持つ対面・線形の空間構造を利用し,趣味による共同体の形成を誘発するためのインフラ=「コレクションパサージュ」を建築する.家の中に眠るコレクションは,家の表層を彩るものとして生まれ変わり,ものともの,人と人を互いに引き寄せる.地方に眠る個性はコレクションの集積であるファサードの表情によってストリート全体に顕在化し,時間と共にその土地固有の共同体が生成されていく.

フトコロモノガタリ

街にはたくさんのヒト・モノ・コトから生まれたモノガタリを受け止める余白(フトコロ)がある.現在の集合住宅は個々で完結し,外部に対して閉じてしまっているのではないか.そこで,部屋と部屋の間の上下左右にフトコロを挿入する.フトコロは個々の部屋から溢れ出したモノガタリを受け入れ,街や住まい,そして人を繋いでいき,フトコロを介して空気や光を共有して暮らすことで,街の新たな関係性を生み出す.

やわらかいいえ、みんなのものおき

モノを収める「棚」で構成される,都市における倉庫のような集合住宅を考えた. 時間の流れの中で,モノは増えたり減ったり移動を繰り返し,予期しない風景が 生まれる.棚は居座ることはできるが,居住空間としては小さい大きさである.時 間の流れの中で住む人のモノは増え,無意識にテリトリーが広がっていく.知らず 知らず,隣人とテリトリーを共有しているかもしれない.

​様々なものを許容する集合住宅

建築がいきいきと呼吸するための条件を以下に示す。「広いということ」…広いことは、さまざまなものを受け入れる場所が用意されているということだ。呼吸するためには大らかさが重要である。「木の枝のような空間構成」…木の枝は、大きな幹から細い枝へと枝分かれしていく。この生成プロセスに置き換え、大きな空間から小さな空間へと枝分かれしていく空間構成とする。「まちなかに存在するということ」…まちなかにその建築があるということは、周辺の環境に応じて、さまざまな「出来事」を許容していく。「出来事」が反映された建築はいきいきとしたものになる。

屋根裏の知恵

本を介した共有の場。それはもしかすると無駄な空間。ひとりでは分からなかった、何か新しい価値が生まれる可能性。そのためにコミュニティはあるのではないだろうか。古書店の多く集まる場所には共同体がある。これは、自立型共生のしくみだろう。彼らは古本の交換会を開き、自分たちの店の売れない本を誰かに見つけてもらう。それぞれのお店は完結しながらも、自分たちの持て余していた本に新しい価値を生む。本が好きな人々が一緒に暮らせる家を考える。生活の余剰で新しい本と出会い、生活の質が少し変わるような場所。隣人と、家族と、ひとりひとりと、本を介し、住宅の中で新しい繋がり方を。

浅草・持ち込み寺

浅草は隅田の川や微高地という土地の利を活かし、商人たちが様々な商いを仕掛けることで文化を生み、江戸一の商業の中心に発展した。 しかし現代の浅草は観光地化による画一化により、商いの安定は得られたがかつての自由な商業のあり方が薄れてきている。 私たちは浅草の街に根付く寺社空間に商業を組み合わせることで浅草の新しさの原動力である商人の仕掛けを許容する建築の提案を行う。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now