建築と構造​ Architecture and structure

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

アルゴリズムを用いた レシプロカルフーム構造による
地域図書館の構造デザイン

作品概要

シプロカルフレームは1 カ所の節点に部材が集中することを避け、部材同士が互いに他の部材を支持し合う構造形式である。短い部材の組み合わせで大きな曲面を構成できる特徴を持ち、12 世紀始めから木造架構に用いられてきた。近年では、アルゴリズミック・デザインという設計手法を用いることにより、複雑に組まれたレシプロカルフレームが正確に設計されるようになった。本設計では、自由曲面で与えられた屋根面に対してアルゴリズムを用い、3 次元的なレシプロカルフレームを構造体とした地域図書館の設計を試みた。自由曲面に対して3次元的なレシプロカルフレームを構成するにあたり、多角形グリッドで分割された自由曲面からレシプロカルフレームを構築し、アルゴリズムに物理エンジンを用いることによって3次元的でありながらも直線材で構成することを可能とした。予備解析として三角形・四角形・六角形グリッドから得られたレシプロカルフレームの構造解析を行ない、その中で最も剛性の高いパターンを本設計に採用した。敷地は長野県佐久地域とし、佐久の人工林の8割を占めるカラマツを屋根面のレシプロカルフレームに採用することで、木のぬくもりに覆われた温かな図書空間を計画した。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now