非現実的・現実的​ Asymmetrical and realistic

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

地方都市における複合駅再考 - 長崎本線肥前山口-諫早間をケーススタディとして -

建築物としての山手線都市の最大の境界の1つは鉄道です。 レールが街の両側を隔てているので、日本では乗るのに必要な改札があります。 改札は内側と外側がはっきりと分かれています。 しかし、改札が消えたらどうなりますか? 昔、駅員が手で切符を切っていたのですが、今では電子デバイスを使って簡単にお金を払うことができます。 ですから、将来的にはスマホしか持っていないので払えると思います。山手線は、地理や周辺の建物の面で東京との間にさまざまな関係があります。 そのため、場所ごとに適した構造にすることで、線路自体(線路上を含む)を建築物と見なします。この建築統計は、新宿駅のプラトホームを拡大しています。 上野公園とこの建築は自然につながっています。 この建築を通して、人々はさまざまな建物やさまざまな階に行くことができます。

​暮らしの歯車

​・自動運転技術の進歩が変える車と建築のルール・ライフスタイルに合わせてカスタマイズする車・可変的な車の空間が建築やランドスケープと一体化する・役割を変化させる部材と場所に適応していく車の形態・ネットワークのように広がる歯車

里弄的変化

化分かりやすいumrealとしてのデジタルデバイスを用いた駅住システムによる住まいの近未来的なコミューンの姿と生活の中で相互に現し合う空間の通明性についての

BACKGROUND

敷地は上海の国子坊。上海聖西住宅は、上海の相界時代に建設され始め、相界の拡大に伴なって大量に建てられた近代集合住宅である市人口の急場によって、本来1間帯用に計画された1戸の聖所住ての中に何営帯もが昭住するようになり、上海郡心部人口の高密度化ののひとつとなったが、混にそれが良好なコミュニティを形成している。1980年代まで上の人口の6期識がこの集合住宅で暮らしていた。21紀になり学住宅は高層化の攻にのまれ時業化するか姿を通しつつある。本案は甲再的な住国境を上海での食本理上で成立させるべく容率を中マンションと対時可能なレベルで計画を行い、土地に付く話を後置へとつなげるソロトタイブの提案である。

〜人類の生活図は空へ〜

〜近い将来、人々は鳥のように空を飛び始める。移動手段に「空」という要素が日常的になった場合、建築また都市はどういった変貌を遂げるのか?この提案は空を飛ぶということがインフラになった時の建築そして都市の行く末である。空の世界は果たしてREALとなるのだろうか。

平画的に広がる都市は、自然的に重直上に広がる。空を飛ぶ燃料を給するための場所は新たな交流の場となる。人は空で生話し始め、グラウンドレベルは自然のための空間となり、、人間のための空間ではなくなる。空を飛ぶ燃料はを使う、いわゆる燃料電池は地球に優しく、発電効本がよい、また主に水から生成するため急達なテクノロジーの発達により、人そのものが空を飛んだり、自動車が空を飛ぶということが空想ではなく現実になりつつある。例人や企業単位で空を飛ぶ技術が開発されており、近い特楽、空を飛ぶことが身近になるかもしれない。ここでは普段の生話で空を飛ぶことが日常となることを想定する。源も豊富である。燃料補給のための水ステーションを交流の場とする。大きな荷重を支えるために最下順はコンクリート構造の機械室を配戻し、トラス構造のが主要な構造となるスケルトンインフィルの建築

那古野小劇場はまちを歩く

作品概要

 都市生活者は受動的になり本来の能動的参加を放棄した。都市は演劇が持っている興奮を内包しているべきである。人の活動がひしめきありまちを形成する参加性とゲリラ性が残る劇場はサーカス小屋のように街を移動し維持しつづける建築システムと園芸のような人間的で肉体的なものが共存しお互いに影響しあい、共鳴することでアンリアルが生まれる。

ERI学生デザインコンペ2019 RULEルール / SPACEスペース / UNREALアンリアル

概要

 AI、電子マネー、バイオテクノロジー、ドローン・・・。人々の価値観やニーズ、情報と技術が日々めまぐるしく変化し、多様化する現代社会。昨日まで誰もが空想の中で思い描いていたものごとが、ある日現実のものとしてその姿を現す。過去に偉業を成し遂げた先人達は、ときには大胆に、常識破りの発想と行動力で既存の枠を超え、非現実的と思われていた新たな価値を生み出してきた。建築もまた、価値観の多様化や技術の進歩とともに、そこに生活する人々をワクワクさせるようなイノベーションを実現する可能性を秘めているはず。「UNREAL」の先にある、まだ見ぬ「REAL」へ。今あるルールや空間を超えた、心躍るような建築の可能性を表現してください。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now