風と建築 Wind and architecture

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

風の構築
- 自然環境と建築の距離を測る暮らし方の提案 -

作品概要

千葉県安房郡鋸南町を対象に、風の気候帯を設計する。
温度や湿度が一定の範囲に保たれる場、豪雨や強風が微気候帯へと変換される場もあれば、時間帯や四季に応じて直接的に海や地形と対峙する場もある。風の環境に変数をもたせることによって、防風林のように風を通す時と通さない時がある、この地ならではの空気の密度を空間として捉えた。

密度を不均質にする狭小路地、目線の高さの軒、生垣に挟まれ周辺が見えない場所などの街路空間の集積からランドスケープ的に造形するため、気候や地形が類似している安房郡岩井集落を調査した。これらの調査を踏まえ、長期的に風を体感することで防災意識に直結する地域コミュニティを形成する、その「土地」に住まうための集合住宅と児童館を提案する。

集落周辺の地形の成り立ちを読み解き断面・平面構成を検討し、風環境のCFD解析をその都度行うことで建築形態へ落とし込み、風速に伴った人の行動と調査・分析から得た要点を基準に風を構築する変数を捉える。

異常気象が頻繁に発生する近現代において、空調設備などエンジニアリングに特化したものや多額の税金を投資してつくられる土木構築物でもない、人と自然の距離を介在させる複数の因子が絡み合った結果、その間には見えない環境が構築されている。

『伝播する建築』
- 風を手掛かりに生活を再編する方法 G.Clément『動いている庭』をヒントに -

作品概要

本設計は、敷地に閉じ、社会の状況や生活様態の変化に対して柔軟に対応できない建築を批判し、より社会に開かれ、社会的な問題解決の手立てとなるような建築を設計するための方法論を実践するものである。

本設計はその一例として、とあるまちに存在する「所有に関する問題」を発見し、その建築的解決を試みる。それに際し、〈動いている庭〉(Gilles Clément)の概念を援用し、建築が環境へと影響を与え、その建築も再帰的に影響を受けることでつくられる都市空間を提案することによって、建築的に問題を解決する。
環境の変化に柔軟に応答し、変化することが出来る建築空間の提案であり、それによって社会や人々の要請に応えられる建築を設計し、〈B-eIM 建築設計方法論〉の有効性を示そうとする試みである。
Gilles Clémentの「動いている庭」とは、既に植生している生態系を読解し、植物が広がる自然の力を抑え込むことなく、過度の無秩序を人間の手によって管理する方法である。この仕方を建築設計に援用する。既存の街区に存在する秩序と、新しく風による秩序を発見し、その「ずれ」をデザインすることで、敷地の力を励起する。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now