紙と建築 Paper and architecture

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

天地創造 / スケールとかたちによる空間試考

作品概要

あるかたちを想像してみる。そこには大きさ、長さ、広さ、高さ、そして深さなどの基準がないかたちだけが存在しているいわゆる「Non scale」の世界である。まだ、そこには空間が生まれていないかたちだけが存在している。
手のひらに入れる小さい物から自分の身体感覚を遥かに超える風景までの間では無限に近いスケールがある。そして、それらによる価値判断の基準は人によって異なるが、対象になるものが存在しないスケールだけがある世界で無に近い暗黙な決めごとだけが存在し空間は存在していない。
つまり、上に述べたかたちとスケールからは個別としては空間が生まれない。空間はその二つの条件が共存することから生まれてくると私は思う。
紙からのかたちをスケールに適用することによって単なる紙のシワで過ぎなかった部分が空間になったり、折られた紙の部分が巨大な屋根のような空間になる。あるいは、思い切り巨大にするとそれは風景のような空間になる。巨大な空間に圧倒され緊張感を感じたり、小さな隙間や緩やかな丘のカーブに安定感を感じたりする。シンプルな空間操作であるが、少しずつ微妙に違う空間の感覚はそれぞれ異なる。
スケールがかたちを伴うことで初めて空間になり、それにはさまざまな空間価値が潜んであると思う。それは空間の最小限の条件でありながら、建築になる切っ掛けにもなる。空間が成り立つことに注目し、それを可視化することがこの研究の主な目的である

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now