変貌性 Transfiguration

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

変貌にまつわる喜劇

作品概要

 必要以上に隠す。しかしそれとは裏腹に「見える」。例えば、ヴィクトリア朝の女性用コルセット。衣服とはそもそも肉感性を隠伏させるためのものであるはずが、その過剰な操作故、逆に変貌した別の肉感性を顕在化させてしまうようなある種の逆説的な現象性に満ちている。このような現象を建築の「開き/閉ざし」という作り方の視座にできないだろうかと考える。それは単純に開かれた場所でも、ただひたすらに閉じる場所でもないような、いわば或る「閉ざし」を作ることが同時に逆説的な「開き」も作り出す、そんな関係性を孕んだ建築である。

 私が本修士設計で取り組んだことはひとえに「建築の開き方・閉ざし方」についての試論である。現代ではブラックボックス化されることが当たり前となっているような建築にもそれにアジャストされた外部との関係の仕方があり、単純に開口を大きくとり、アトリウムを広場的に接続させることだけが建築を開くことではないのではないか、という考えが本修士設計の始まりであった。そして、鶯谷という場所が持っている「現象的な領域の接続の仕方」と対象とした人物たちの「変貌にまつわる行為」の二つをヒントに単純に開くのでもなく、閉ざしきるのでもないようなある種の朧気な関係性を作り上げた。一般的には閉ざしが必要な建築でも、このような関係性がデザインされることで拡がりを獲得できるのではないかと考えた。

変化するもの、しないもの 共に老いる集合住宅

人が老いていく中で,変化するものと変化しないものがある.それを建築にも対応させることで,100年という時間を過ごすための集合住宅をつくる.

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now