地域活性化・再生​ Regional activation

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

地縁水縁下宿 - 大三島分校生の為の下宿設計計画 -

作品概要

 愛媛県今治市大三島にて、島外から通う「大三島分校生の為の下宿設計」を行う。1948年に「大三島高校」として建てられた愛媛県立今治北高校大三島分校は、2014年度新入生が30人以下でその後も増える見込みがない場合は廃校になる危機を迎えていたが、分校と住人らが一体となり34人の新入生を迎え、廃校を免れた。半数の17人は陸地部から通っている為、バス会社に学校に間に合うバスの便を出してもらい通学している。
大三島分校のある宮浦地区は、宮浦港、そこから続く参道の先に大山祇神社があり、中心街の地区である。かつては宮浦港から参道を通り大山祇神社へ参拝を行っていたが、しまなみ海道開通や宮浦港の閉港等により、アクセスが変化し、参道には空き家や空き地が増えた。

 本提案では、上記の①大三島分校生通学問題②宮浦参道衰退問題の2点をふまえ、参道にある、商店街の空き地空き家を活用した下宿設計を行った。島、参道、商店街ならではの、パブリックとプライベートの曖昧な空間設計を行う事で分校生のプライベートを守りつつ、島の人から見守られる下宿とする。また、新たな人の動きをつくることで、参道の活性化を望む。近年大三島には、サイクリストやスローライフを求めた移住者が増加傾向にある為、観光客をも取り込み、世代を超えた交流、観光客と住人の触れ合いの増加を期待する。

100日試住賃貸── 金沢における「まちなか試住」の提案
北陸新幹線の開通などにより,観光地化が進む一方で,街中は人口減少や空き家の増加といった問題が生じている.古い街だからこその魅力はあるが,外から金沢に住むことを希望する人が受け入れられづらい状況が起きている.金沢の歴史的な文脈と接続し,新たな街の風景をつくる建築を目指した.金沢の建築的資源である「町家」をデザインのキーワードとし,新築では「割る」「浮く」,試住賃貸では空き家を「引く」(減築)という単純な操作を行うことで町家の空間にコミュニティを促す.
 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now