エネルギー施設​ Energy facility

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

次世代型浮体式海洋ガス生産施設の提案
愛知県渥美半島沖における複合型研究開発施設の設計

作品概要

高度経済成長期以降、豊かな国へと変遷を遂げた日本。それと同時に、電力の消費量は大幅に伸び、現在では世界第4位のエネルギー消費大国となった。しかしながら、エネルギー自給率は5%であり、エネルギー資源の約80%以上を輸入に頼っているのが現状である。今後も、情報化社会の進展などを踏まえると、電力需要は増加が予想される。
 そんな中、福島第一原発事故を契機に、時代はエネルギー転換期を迎えており、環境負荷の小さい新たなエネルギー利用が求められている。そこで今、注目されているのが海底資源の可能性である。その代表格であるメタンハイドレートは、天然ガス資源のひとつであり、従来の化石燃料に比べ燃焼時のCO2排出量が半分である等、クリーンなエネルギーとして期待されている。また、日本の周辺海域に多く存在しており、2006年に実施された経済産業省の調査によれば、我が国の天然ガス消費量の約100年分に相当する量が埋蔵されている事が判明した。
 そこで計画では、新たな国産エネルギー資源として普及拡大が期待されるメタンハイドレートを主な供給源とする浮体式海洋ガス生産施設を提案する。生産した海洋ガスは陸上へと供給すると共に、施設内で発電を行うことで、海上での長期的な活動に対応する。また、施設内での余剰電力は、他の浮体式構造物と海上で連携して電力供給を行うことや、二次エネルギー媒体に変換して消費地へ輸送するなどの複合利用化計画を行う。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now