象 設 計 集 団

象設計集団は、日本建築家集団である。1971年に、吉阪隆正の下にいた大竹康市樋口裕康富田玲子重村力有村桂子の5名によって発足された。代表作品には、日本建築学会賞を受賞した沖縄県名護市庁舎がある。

名護市

沖縄県名護市において、市のシンボルとして長く市民に愛される市庁舎を建設するために、建築設計コンペが実施され、「沖縄における建築とは何か」、「市庁舎はどうあるべきか」という二つの問いかけがなされました。このコンペに対する反響はとても大きいもので日本全国から308件もの提案が集まり、二段階選抜を経て象設計集団が設計者として選定されました。

看板建築

「看板建築」とは、店舗兼住宅の一形式である。その多くは関東大震災後の復興期に突発的に現われた木造2-3階建の建物で、その正面だけを銅板やモルタル、タイル、スレートなどの耐火素材で覆い、装飾した町家のことを言う。建築物でありながら、商屋のファサード自体が屋外広告と化している。このファサードは「看板」という文字通り、一枚のキャンヴァスに見立てられ、民衆の手による表現の場となった。それにより素人から芸術家までの表現の参加を可能にし、アノニマスな庶民住宅、民の芸術が生まれた。日本建築学会大会で発表した「看板建築の概念について」は、日本近代におけるいわば「建築家なしの建築」を気づかせた、意義深い発信であった。伝統的な町家にそれとはまったく違う異物が取り付く構成上のおもしろさがある一方で、異物であるファサードの上には、多種多様で、時に風変わりな装飾が展開されるというおもしろさもある。「看板建築」に様式という言葉を用いるなら、レヴェルの違う二種類の様式が使い分けられている。そして二つの様式レヴェルは、互いにぶつかり混乱しない程度に距離をおいて記述されている。藤森は「看板建築」を、明治期に途絶えたかに見える、擬洋風建築の伏流として捉えていた。一方、村松貞次郎はこれを、民の活力によって生み出された擬洋風建築の再来として捉えず、大正9(1920)年の市街地建築物法の流れを汲む、木造建築の防火策の結果として位置づけられるものだとしている。

​~  関連書籍  ~
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
​~ 関連する建築思想 ~
0000000000000000000000000

00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000