地域性 Regionality

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

小規模庁舎建築の再考
- 群馬県川場村役場の提案 -

作品概要

地方の役場に行くと、まちの中心的な機能を担う施設であるにも関わらず、薄暗い空間に均質的な執務構成であることに疑問を感じる。役場こそ地域性を持ち、市民の日常となり、まちの中心になってもよいのではないだろうか。

近年多くの大規模庁舎建築が更新されていくのに対して、地方の小規模庁舎建築の多くは財政難により建て替えることができず現在も旧態依然のまま使われつづけている。今後、地方庁舎は人口減少や合併問題など不安定な状況に対し柔軟性を迫られている中、大規模庁舎を模範とするのではなく、地方らしい庁舎のあり方を見直す必要があるのではないかと考える。

そこで本研究では、庁舎建築の建築的変遷と2000年以降の小規模庁舎建築の事例分析を行い、これからの小規模庁舎建築のあり方の再編を試みた。研究から従来の執務構成の再考と機能の見直しの必要性があると考え、新たな「雁行型」の執務構成と行政機能の集約化がこれからの小規模庁舎らしいあり方なのではないかと考えた。また小規模庁舎はいずれ合併により、行政機能が失われることを予想した上で計画する必要がある。行政機能を失っても、冗長性を備えることで、機能変化後も住民の愛着となり続ける建築を計画する。同時に、提案敷地の群馬県川場村の役場の変遷と現状から庁舎における地域性を見出し、地域の核となるこれからの小規模庁舎建築の提案を行った。

Musashino Apartment 地域に参加する住まい方をもつ3つの集合住宅

作品概要

近年、賃貸住宅の空室が増加傾向にある中、住人の趣味やライフスタイルに合わせた物件が現れ、注目を集めている。こうした物件は、共通の趣味に基づいて、住人やオーナーの間に積極的な交流が生まれるという利点をもつ。一方で、こうした交流は建物の中で完結しがちであり、住人・オーナーと地域との関わりが乏しい場合も少なくない。
 これらを踏まえ、本計画では、住人とオーナーが共通の趣味を有しながら、地域の特性を活かしたライフスタイルを楽しむことのできる3つの集合住宅を提案する。敷地は、東京都小平市から武蔵野市の間に点在する、学生街、農地、繁華街に立地する3ヶ所を想定する。小平市の敷地周辺には、付近に美術大学が立地することから、美大生が入居する工房付き賃貸住宅を計画する。小金井市の敷地周辺には、農地が多くみられることから、農園付き分譲住宅及び食堂を計画する。武蔵野市の吉祥寺駅付近の敷地は、繁華街に位置することから、テナント店舗、ゲストハウス、オーナー住居を計画する。住人とオーナーは、平日はそれぞれ生活拠点となる家に住み、週末は他の場所の施設を利用して余暇活動を行うことが出来る。また、それぞれの集合住宅には簡易的に宿泊出来るレンタルルームがあり、他の場所の住人が短期間移り住むことができる。この様に、住人とオーナーが3カ所の集合住宅を移り住むことで、異なる地域性を楽しみながら趣味を共有する住まい方が可能となる。

黒潮再生計画 
町の中にあるものから地域の価値を見出す

地方都市において、地域性や風土性とは関連の薄い画一的な建物が数多く建てられていると思われる。しかし、店舗の軒が車道までせり出し、連続することで雁木のような役割が生まれた金沢の町家や、地域の特徴が異文化と混ざり合い発展した沖縄におけるRC造建築など、現在でも地域性や風土性が建築として現れている場合も散見される。これらのことを踏まえこの計画では、文化や気候に根付いた習慣、風習などの人間関係に加え、地域コミュニティーに属さない旅行者などの外的要因による影響も考慮した、地域再生計画を提案する。
 敷地対象である黒潮町は、65歳以上の人口比率は33.7%と全国平均に比べ高い。少子高齢化に伴う後継者不足は、町の基盤である農林水産業を衰退させる要因の一つとなっている。一方で、ユニークな展示方法で知られる砂浜美術館の来訪者や、波を求めて訪れるサーファーなど、数多くの観光客に恵まれており、特に近年ではサーフィンをきっかけとした移住者も増加しつつある。こうしたサーファー等の外的要因の力や人口構成の変化は、今後の黒潮町の住み方を変えていくと思われる。
 このように、黒潮町を魅力溢れる地方都市として再生するためには、通常見過ごしがちな町の中にあるものから地域の価値を見出すと共に、状況の変化に応じてまちの住み方と産業構造を再構築を行う。

“とある”家族の10世代の記憶

10世代が住み続けられる集合住宅を提案する.情報が消費される現代社会ではさまざまなコミュニティが氾濫しており,かつての田舎町のような地域に根ざしたコミュニティ意識は弱くなった.そこで,自分の家族の歴史を受け継ぎ,子孫がその土地に住み続けられる環境をつくることで,地域のコミュニティを強固にする.家族の世代の変化と共に過去の経歴を残しながら既存の住戸の上へと新たな住戸が積み重なっていくことで,住人同士の関係は,過去から現在,そして未来へと繋がっていき,世代(世紀)を超えた地域社会を形成する.

第5回ヒューリック学生アイデアコンペ

概要

今回の課題は、学生にとってある意味、日本の中でも一番魅力的な敷地だったと思います。学生たちが遊びたい、一番おしゃれだと思う気持ちをどういう風に建築に翻訳するかということがテーマだったわけですが、その作業は、実は意外に難しいのです。魅力を感じる敷地ほど、自分を客観的に見れなくなるという危険があるのです。そんな場合に重要なのは、社会のニーズ、社会の『気持ち』を理解することです。今回も “自分が楽しい”という発想を超えることができた案、すなわち “今の社会が何を求めているか”ということに気づいた案が最終的には残ったと思います。

第7回POLUS-ポラス-学⽣・建築デザインコンペティション
地球につながる新しい風景の街

概要

地域に適した住まいの環境を構築してそこに暮らすこと。それがもたらすライフスタイルは、自然でとても快適なもののように想像されますが、その一方で、定義や解釈が常に問われ続ける課題でもあるでしょう。地域といっても、さまざまな捉え方があり、ご近所さんから、近隣の町、県、地方、国、アジアへとその広がりは地球にまで及びます。つまり「地域に適した住まい」の概念は、文化的背景や、環境的把握の広がりを多重的に捉えたものである必要があるでしょう。

環境についても、多くの解釈があります。自然環境に配慮した、いわゆるグリーン建築は、例えば、太陽電池をとりつけたり、窓を二重化したり、住宅の気密性をあげたり、蓄電池とコンピュータを用いてエネルギーをマネジメントして住宅をZEH化したりします。それらは、とても重要なことですが、そうした技術的要素を並べただけでは広い意味で環境に配慮したことになりません。広い意味の環境には人的・社会的・文化的な環境や地域のコンテクストも含まれるからです。世界には、その地域の環境を広い意味で上手に読み取り、独自の建築様式と美しい風景を構築している事例があります。豊かな地形の起伏に応じて立地する集落や、砂漠の中に突如オアシスのように現れる街、熱帯雨林の湿気を避け高い柱で空中に持ち上げられた住宅などにそれをみることができます。こうした地域の環境と有機的につながった新しい風景が現代の日本でも可能なのか考えて欲しい。木造の住宅の集合によって、そのことをどのように形に落とし込んでいくのか。みなさんのフレッシュなアイディアを期待しています。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now