文化・技術・様式の継承と参照 Cityscape inheritance

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

町工場の技術を継承したアート作品を作る公共施設の設計と研究
- 墨田区の町工場に着目して -

作品概要

ものづくりの衰退と共に、多くの町工場が廃業し、職人の高い技術が失われつつある。そこで日本の高いモノづくりの技術を次の世代に残す提案をするため、東京23区の単位面積当たりの町工場数に着目し、最多である墨田区を対象とした。一方で四国新居浜の大伸ステンレスでは町工場の高い金属加工技術とデザイン性の高いアートを組み合わせた新しい形のアート作品が作られており、墨田区に「町工場の技術を継承したアート作品を作るための公共施設」を設計するための調査を行った。
調査内容としては①墨田区での技術を継承したアート制作の展望、②対象敷地の選定、③技術を継承したアート制作の公共施設の必要な機能、④対象敷地と周辺敷地の境界の設計の手がかり、を調査目的として定量調査や現地調査を行った。
町工場の技術を継承したアート作品制作のための公共施設として墨田モノ×アートLabを設計し、その機能を補う形でクリエーターシェアハウス、街中美術館、インスタレーションスペース、スポーツ広場を提案した。職人(地域住民)・来街者・アーティスト(新規住民)の3つの動線と、親水空間が有効活用されていない荒川へ人を誘導する動線を設計に取り入れることで、人々の距離感をデザインし、人をつなぎ街に根付く提案となった。
対象敷地だけでなく異なる属性の人々を結び街に波及させることのできる建築として、墨田のものづくりを継承するための公共施設を設計した。

継ぐ、ということ。

作品概要

敷地は松崎町の中でも海鼠壁の件数の最も多い松崎地区(旧松崎村)とし、デュアルスクールという2拠点型の教育システムを計画の軸とした。この事業は徳島県美波町で2016年より行われており、都心と地方の教育委員会同士が提携し、2校間での出席日数を認可している。現況では参加者同士の関係に限定されているが、本作品では地元住民・観光客・参加者の3つの交流軸が交わる為に必要な機能を、子供達が通う松崎小学校から徒歩10分圏内、かつ目抜き通りに面する中瀬邸・近藤邸・伊豆文邸の3つの海鼠壁建築に挿入する。機能を分散させる事で、人の移動により本来の中心地を再興する。いずれも海鼠壁を損なわない事を条件に、限られた敷地の中で必要諸室を満たす為に各海鼠壁建築の空間特性から増築を検討し、設計を行った。中瀬邸は事業の総合受付及びオフィスと学習塾、近藤邸は工房と食堂、伊豆文邸は温泉と宿として利用する。これらの海鼠壁建築を常に活用することで、海鼠壁の風景と文化を次の世代へ継承することを目指した。松崎町は交易によって海鼠壁建築が成立したが、時代の流れと共に衰退した。しかしその過程全てが、デュアルスクールによる新しい交易の町の姿を示す契機となったのである。本作品が類似した問題を抱えた地方を再興する一例となることを望む。

准胝塔
- 密教における塔建築の再考 -

作品概要

落雷によって焼失した真言密教寺院、上醍醐寺准胝堂を再建する。再建といっても昔の形のまま再建するわけではない。
密教の教えや歴史から、現代における密教の五重塔を設計する。

敷地は醍醐寺である。醍醐寺は西側の山の麓にある下醍醐寺と東側の山の上に建つ上醍醐寺の二つがある。
両寺院は2キロほど離れており山を介して徒歩1時間ほどの距離がある。
上醍醐寺が聖宝によって建立され、のちに下醍醐寺の堂塔伽藍が確立されて以降、上醍醐寺へ修行へ行く僧侶は激減した。今ではこの両寺院の関係性は非常に希薄である。

そこで、上醍醐寺准胝堂跡地に下醍醐寺五重塔との関係性を深く結びつける新たな五重塔を設計した。
この五重塔は従来の五重塔とは異なり、出来る限り小断面の木を用いる。醍醐山から伐採した神聖な木を一つ一つ丁寧かつ繊細に山の高さを超えないよう30mの高さまで組み上げる。
構造的には数々の地震を耐え抜いてきた歴史の深い五重塔と原理は同じである。無数の相持ち部材によって地震エネルギーを急速に減衰させる。
これまでの五重塔とは異なり、大日如来の似姿とする心柱、相輪、仏像、壁画などは一切排除した。
これは醍醐山に対しての敬意の表れでもあり、塔内部の中心の虚空こそが、姿形の無い大日如来の表しである。

上醍醐寺に建つこの新たな五重塔「准胝塔」は、下醍醐寺五重塔との関係性を深く結びつけ、密教と醍醐寺に新たな威光を与える。

台湾味ミリュー
~ 宜蘭の礁渓における共食景の提案 ~

作品概要

台湾は17世紀以降、占拠され、統治されることにより、元の原住民以外、漢民族や戦後大陸から移住した兵士たちと近年東南アジア諸国や中国からの新移民などによって構成した多民族社会である。このような複雑な歴史と多様な文化の下で、国民アイデンティティに対する意識は弱いと思われている。多くの台湾人は台湾文化に対する自信がなく、いつも流行する物事を追っており、文化の根が徐々に失っている。改めて台湾の歴史を読み取った結果、コンテクストが最も完全なのは台湾の飲食史であると思われる。そのため、食に関することを巡り、フードデザインの観点を基にし、食物が産地から食卓までの循環の可視化する空間と場所の創出は本提案の目指す事である。

昔の台湾社会において、近所たちは食材や食器や家具などの物をシェアし、共食を行ったことは普通であった。その行事は“辦桌”バンドッ(台湾語の発音)と呼ばれている。以前、バンドッは主に屋外、半屋外で行われていた。都市空間の変遷のため、バンドッという共食文化は段々消えており、商業化の食べる形式と食空間に派生してきた。一方、台湾料理は各時期の各民族特有の調理法を吸収し、台湾特有な食材を用いた為、混和的な独自な味も特徴である。そのため、台湾味というのは明快的なイメージではないと考えられる。台湾におけるそれぞれの民族が文化の根源と見なした食文化に関する知識の再認識と再構築する必要があると思われる。もし台湾味ミリューという料理を中心に環境や文化に影響を及ぼす場所ができたら、各民族の産地から食卓までの食に関する知識の交流が出来る共食景は期待できるのではないだろうか。

国立台北芸術大学文化センターデザイン

作品概要

 文化は国の魂であり、一つの民族の精神と高さを決定しつつ、世界地図の上では、この国と社会の位置を定義している。文化は今の人々のライフスタイルで、社会的な過去の歴史と集団認識であり、また未来に対する想像と創造である。文化施設は過去の血と汗と結晶からできた建築で、例えば文学、歴史、哲学、科学、芸術などがある。また過去、現代及び未来の架橋になって、後世を教育する責任を背負い、歴史の脈動から、文化に安全な避難所を提供したのである。

 デザインは問題を解決、分解、改善することである。デザインの目的は、文化をひっくり返したり、新たな文化を創ったりするではなく、その文化を新たな方式で、新世代の若者に直面することである。今回のデザインは、国立台北芸術大学のキャンパスを敷地として、将来の文化施設の概念を導入し、雛形とする。国立台北芸術大学は台湾台北市関渡平原の周辺で。芸術、パフォーマンス、人文的な研究、創作を主な専攻とする公立大学である。学校の基本理念は伝統文化をベースで、人文精神を持ち、芸術創作、演出及び学術研究の人材を育成することと芸術発展創作の新たなチャンスを求めることである。学校の面積は約370000平方メートルで、2016年の教師人数は約163人、学生は約3116人である。デザインには、図書スペース、展示スペース、劇場スペース、多目的空間スペース、コミュニケーションスペース、事務スペース等を含まれる。今回のデザインをマークとして、今まで施設に対する観念を打破し、大衆より文化及び文化施設の新たな定義を考えてもらう。

小布施祇園祭復興計画 -新しいハレとケの律動を生み出す建築-

作品概要

ライフスタイルの変化によって共同生活空間が喪失し、「共同体」や「場」が失われてしまった。昨年夏、安藤忠雄建築研究所のインターン中に伝統的な共同体の残る奈良県今井町の研究をし、その結果井戸などの共同生活空間だけではなく、都市と建築の「間」が連関することで「場」がつくられていることが分かった。そこで新しい共同体を生むことで現代における「場」を構築することができるのではないかと考えた。敷地は、長野県小布施の増改築により住空間と商業空間が乖離し、ハレとケによる再構築を必要としている中心地の一街区とする。「場」を《状況によって変化する床=interactive floor》と捉え、『まちの中に新しいハレとケの律動を生み出す装置としての建築』を提案する。2年間で作成した『小布施の地上1m暮らしの調査図面』から既存と新設を等価に捉えることで、まち、建築、建具、家具、身体、地面の舗装などに至る「場」の設計をした。本設計では、祇園祭を復活させ、町民、観光客、新たな移住者による職住一体のコーポラティブな暮らしの新しい共同体が生まれ、職住・祭りのハレとケが律動することで地域の伝統を継承し、伝統的建築を保存活用していく新たなモデルを提示した。

風のマンダラ都市 ジャイプルの伝統的建築を参照した立体マンダラ建築の考案

作品概要

北インドに位置するジャイプルは、18世紀初頭にヒンドゥー的都市理念に基づいて計画された、現存する数少ない都市である。この都市は、マンダラ図に基づいた同心方格囲帯状の街区構成をとり、それぞれの街区は伝統的な中庭型建築が密集している。近年では、都市人口の増加に伴う街区の高密化や建物の高層化が進み、更に都市の近代化を背景とした中庭のない無性格な建物への建替が進行している。今後、都市の文化的価値を生かした観光都市としての開発が予想されるジャイプルでは、伝統的な建築形式を継承するための建築的戦略が求められている。本計画では、まずジャイプルの伝統的建築から新たな建築を構想する知見を得るために、その特徴がボイドにあると考えた上で、多数のボイドの複合表現とボイドが面する壁面・床面の表現という観点から代表的な伝統的建築を整理した。次に、街路の過密化に伴う人々の活動を受け入れる新たな公共空間の需要に対して、屋上空間が隣家と連続している既存建築の屋上を一体的な公共空間として開放することを考え、地下鉄新駅に接続する敷地を対象に、地上から屋上へ人々を導くネットワークの拠点として、ボイドが三次元的に構造化された建築である立体マンダラ建築を考案した。このことによって建物の境界を超えて街路から屋上まで人や風が行き来し、ボイドを中心とした屋上空間に風に包まれ、多様な人々の生活風景が広がる風のマンダラ都市を提示する。

わたろうか つながろうか

部屋と部屋をつなぐ廊下で人と人をつなぐ集合住宅の提案である.人は,歳を重ねて暮らすうちに生活は一定となり一人の時間が増え,周囲とのコミュニケーションも減少してくる.そこで,住戸の部屋と廊下を分解し,廊下を中心として,両端に部屋を配置することで移動距離を長くした.廊下の長くなった住戸が連続することで左右の住人との関係が生まれ廊下がコミュニティーの場へと変化する.また,廊下に敷地の傾斜にあわせて勾配をつけることで1住戸内でも床レベルに差ができ,その傾きに意識がいく.傾きに意識がいくことにより,移動時に上下への視線の動きが生まれ,上下階との関わりのきっかけとなる.廊下を移動するだけで上下左右の様々な生活スタイルが互いに影響しあい,より活動的になり,日々新たな発見があるだろう.

伝統的な建築空間の分節・接続方法を用いた設計手法の提案 - 与野本町小学校を事例として -

作品概要

日本には古くから独自の構法や手法によって造られた伝統的な建築形式がある。伝統建築は複数の建築や機能が統合したものが多く、それらを統合するために廊、建具、庇、馬道等の方法が用いられてきた。
本計画では、伝統建築のもつ空間の分節・接続方法を明らかにすることで伝統建築の空間性を示し、分節・接続方法の体系化を行なうこととする。さらに現代の複合化した学校施設の設計に用いることで、複数機能の統合方法や関係性を創り出し、日本的空間の分節・接続手法の建築的可能性を示す。
分析方法として、国宝及び重要文化財に指定されている伝統建築から16建築を抜粋し平面図、断面図及び文献から伝統建築の持つ空間を分節・接続している方法を抽出する。平面図より、本殿、拝殿等の機能を有する中心空間とそれらの周辺部に配されている廊、縁等の周辺空間に分け、中心空間の平面構成から6個の連結形式を抽出した。断面図から建築空間を限定する要素である床、天井、柱、小壁等の3つの空間構成部材に着目しモデルの作成を行うとともに文献からその当時の使われ方などを抜き出し、16個の分節・接続方法を抽出した。連結形式と分節・接続方法を用いて日本的空間の分節・接続手法とし現代建築の設計に用いることで新たな空間の接続方法や複合方法を示した。

伝統建築の空間構成の応用可能性 - 秋田県増田町の内蔵民家を対象として -

作品概要

 秋田県横手市増田町の町屋は蔵を内包する独特の形式を持ち、2013年12月に伝統建造物群保存地区に指定された。デザインガイドラインが制定され伝建・町並みの保存・回復が進められているが、新築に対しての規制は外観のみである。この規制に則りまちづくりが進めば、外観だけが似ており内部には増田と無関係の空間が広がる建物が蔓延するのは想像に難くない。増田独自の空間を読み解き、格子や漆喰壁のようなわかりやすいアイコンに頼らない「歴史の継承」が必要である。
 本研究では増田町の伝建地区を対象にデザインサーヴェイを行い、町屋の形成に影響を与えていると考えられる要素を抽出し、それらの要素が具体的に空間に現れている部分を分析・抽象化する。抽象化された要素を応用し、現材使用可能な技術・材料を用いて、伝統的な民家と同規模別用途・小規模同用途の2つの設計提案を行う。
 現地でのサーヴェイとヒアリングからプログラムを導いた。提案①でI・Uターンで増田に移住を検討する人の受け皿となるコワーキングスペースと宿泊室、観光客・町人の両方が利用できる機能の異なる3つのラウンジを持つ複合施設。提案②で中長期・定住を目的とした現代版の小町屋を提案する。これらの提案によって伝統的な民家の空間構成を現代の設計に応用できることを示す。
 物質に頼らない「歴史の継承」をしていくことは、増田町に限らず伝統的な日本の町と住まいの未来を考える新たな指針となる。

High-Tech“NAGAYA”

High-Tech“NAGAYA”は、共同生活や環境面において優れていた江戸の集合住宅「長屋」を高齢化におけるコミュニティの喪失等、様々な問題を抱える現代集合住宅へと応用することで解決を図ろうとする計画である。敷地は東京都中央区月島。明治時代から残る街並と無計画な大規模マンション開発が混在する場所である。この提案では並列した長屋空間を互いに蛇行させ各戸はこの屋外空間とダイナミックに連続している。屋外は単なる通路ではなく人々がシェアしながら利用できる生活空間でもある。各戸は基本的にワンルームで江戸時代の長屋のように道具を変えることにより朝は朝食ルーム、昼は仕事部屋、夜は寝室といった具合に機能を自由に変えることができる室礼(しつらい)という伝統的生活空間を用いる。それにより食寝分離を意図したLDK形式の居室を減らし環境負荷の軽減や、空間的な無駄を省くことができる。他にも各住居間を繋いだ共有スペースである縁側空間、夏熱せられた空気を上部に逃がすための坪庭空間、打ち水、気化熱による自然冷却のための水盤の配置が屋外に作られる。全体として二層構成であるが二階へ上がる階段は生活空間である屋外空間に面していて人と人の出会い、繋がりを促進させる装置にもなっている。

Gradational Boundary - 柔らかな境界いたの重層構成を用都市から室までの提案 - 

都市と建築の境界を考え直したい。
安全性と開放性、二つの相反する機能を併せ持つ境界の必要性を現代社会に提起します。

近代以降の都市と建築は安全性のみを重視した強固な境界(鉄製の扉やオートロック、高い塀やシャッターetc)の発達と使用により両者の関係が断絶している。そのため他人を寄せ付けない排他的な街路と閉じられた建築が反復され、活動領域の縮小化、対人関係の希薄化、都市の均質化といった併害を抱えている。

私はこれに対してかつて伝統的住居に用いられていた柔らかな境界とその重層構成に着目し、空間実測を基に分析と性能の実証を行った。都市から室までの経路図を作成し、伝統的住居と現代的住居の例を比較しながら境界要素を抽出、記号化、序列化し、安全性と開放性を併せ持つ境界のモデルを作成した。その特性を活かし、都市から室までの関係を段階的に調節することのできる柔らかな境界を幾重にも纏った建築を提案する。

強固な境界を用いずに都市から室のヒエラルキーを融解させることで、人々が境界を介して時には様々なものや人、都市や自然と関係し合い、時には分節されるような状態を目指した。
これらは今後見込まれる多様な生活スタイルへの柔軟な対応や、人的ネットワークを再構築するべく都市と建築に投げかける境界の可能性を示している。

地方都市中心市街地における寺院境内の再構築
- 浄土真宗大谷派金沢別院境内をモデルとした学習・療養空間の設計 - 

 地方中心市街地において、浄土真宗寺院は在家仏教として民衆に親しまれたが、鉄道の普及により境内は、軸のある正面性を消失し、伽藍の近代化により今日では都市に対して空洞化している。このような現状に対し、現代社会における寺院活動の役割として学習と療養の場を新たに境内に設け、昭和期に境内に展開された幼稚園・会館といった機能を解体・再編し、新規伽藍として、求心性のある宗教空間を構築する。  
 不整形な市松状配置した新規伽藍により分割された境内空地は、雁行する配置により性格の異なる広場が連続するシークエンスをつくる。宗教・公共性の象徴である屋根を現代的な設計手法とし、二階スラブと屋根の間を構造体とすることで、既存本堂の縁側と連続する列柱の水平方向に広がる屋根裏空間とする。繊細な柱による「間」は、屋根勾配により多様なアクティビティの場をつくり、外部空間との距離をそれぞれのシーンごとにコントロールし、外部と内部の曖昧なインターフェイスをつくる。そして、寺院境内のGLは浮遊する大きな屋根のかかる集会の場となり本堂と町家をつなぐ新たな風景をつくる。
 寺院境内と都市の関係・内外の関係・内部空間での関係をコントロールすることで宗教空間のもつ閉鎖性と地域に開かれた開放性を併せもつ新しい公共空間としての寺院境内を再構築することを考える。

国立追悼施設のゆくえ

2003年市ヶ谷にある防衛庁の一角に建設された「自衛隊殉職者慰霊碑地区」は、自衛隊発足以来の公務で亡くなった1726柱の自衛隊員のための施設という名目である。だが、その建設のタイミングからするとイラク派兵によって想定される殉職者のための慰霊碑といえるだろう。上記のメモリアルゾーンと同じ意味合いを持つ「無宗教の国立追悼施設」を建設するということは、日本のこれから先の未来における戦争参加への意志の顕われである。
 「無宗教の国立追悼施設」は既に存在している。それは「無名戦没者墓苑」という名前のものであるが、性格としては似たようなものであろう。私は、この施設に着目し、どうにかして復権を果たすような建築的操作を行なおうと考えていた。しかし、ここにも靖国の論理が及んでいる。この施設の中心を通る軸線の延長線上を辿ってみると、靖国神社の拝殿へと帰着するのであった。この軸線により、無宗教の追悼施設と靖国神社との堅固な結びつきが読み取れるだろう。
 多くの欺瞞の中で、戦争への道を歩き続ける現在の日本にとって必要な施設とは一体何か。それは過去の日本によって残された呪縛、すなわち靖国/戦没者墓苑の強固な軸線を解体する計画であり、歴史研究所、戦争資料館を含めた歴史博物館、国民的な思考の場などを兼ね備えた施設である。

境界深度研究

一般的に、二室間の境界は「間仕切」としての分割の役割が前提とされる。
かつて日本建築においては、間仕切りや建具は可変なことにより、空間を分割、連結させるもであった。近代、境界は平面計画における強固なラインとしての一義的な存在を強めたと考える。
 本研究では、強固な境界をもつ、フィンランドの伝統的木造住居形式tupaを挙げ、それを変様させた人物、alvar aaltoの住宅作品における境界部変様を室内風景から分析することで、境界深度(-カメラ用語の焦点の合う領域を意味する「被写界深度」に習い、境界が振動性を得て多様な距離感覚を生み出す状態-※本研究にて定義する)modelを導く。
  分析から導かれた境界深度modelにより、条件の相反する二つのワンルーム空間の設計を行い、本研究の汎用性を示す。
 敷地に制限のある二層の空間では、境界部を強く分断し、連続する要素を掛け合わせることより境界部に振動性を与える設計を行う。大きな空間の中で、小ささを獲得する。
 敷地に制限のない空間が拡張可能な傾斜地では、境界部に連続性を強調し、弱い分断表現を掛け合わせる。平面的に拡張する多室の家の中で、常に二室と感じとれる状態を獲得する。
  本研究の手法を用いることにより、境界部における伸縮性の獲得を実現し、一義的な境界の設計に対する一つの回答とする。

街に開かれる土間の回廊 - 日本の伝統建築を利用した未来の住まい -

机と土間を利用し,その高さを調整することで,住まい手の年齢に合わせたさまざまな居場所をつくり,開かれた土間と長く続く机が住人同士や街の人びとを緩やかに繋ぐ.

人の歩く街 —広がる城下町—

伝統的な土間空間を平面的な構成から立体的な構成へと再構築し,住空間のレイヤーを重ねていく.さまざまなレベルに広がる住空間は徐々に街から居間へ移り家具に埋もれ,隠れていく.森のように点在する家具はストリートにも溢れ出す.家具には住む人の価値観が映し出され個性となる.希薄化されてきた他者とのコミュニティは,住人同士の価値観のレイヤーが少しずつ干渉し合い,共に住み重なることで新たな価値を生むだろう.天守閣のような住戸と城下町のような共用空間が集約し,それらがグラデーショナルに繋がることで,シャッター街と化してしまった寂れた商店街に人びとを呼び戻し,人が歩くきっかけをつくり出す.

再生のアポトーシス —遷築による記憶の継承—

再生とは10年や20年で当初の勢いを失ってしまうような表面的なものではなく,ゆっくりと時間をかけながらその場所になじみ,そして未来の世代にまで長く受け継がれていくべきものではないだろうか.この集合住宅に居住する人々の半数は大工や木工職人,家具職人などといったものづくりに従事する人々である.彼らの手によって,あらかじめ決定された解体と建設が繰り返されていくことで,敷地と一体化したストリートは常に更新され多様な表情が生まれていく.解体された材料は街に還元され,また子孫や街にはその技術や記憶が継承されていく.やがてこの「遷築」のシステム自体がこの場所の伝統となり,街全体を再生する資産となっていく.

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now