メタファー隠喩・直喩 metaphor / simile

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

隠喩(いんゆ)、暗喩(あんゆ)ともいい、伝統的には修辞技法のひとつとされている。メタファーは言語においては、物事のある側面をより具体的なイメージを喚起する言葉で置き換え簡潔に表現する機能をもつ。わざわざ比喩であることを示す語や形式を用いている直喩よりも洗練されたものと見なされている。「…のようだ」「…みたいだ」のように、わざわざ比喩であることを明示する語や形式を用いている比喩は直喩と呼ばれる。

妖怪建築
- 存在しないもののための建築 -

作品概要

 物語の生まれる余地の少ない整えられた都市風景、存在しないものの世界を想像する必要性を感じられない世の風潮、虚と実を横断して捉えられない人々、白黒の二元論にこだわりグレーなものをグレーなままに扱えない世界へ。

 現代都市の妖怪が住む場所を収集・調査・分析した結果を、建築計画に適用することで、人の想像により補完されることで成立する空間すなわち実と虚が混在した空間を設計する。

 妖怪は現代都市に空間的痕跡を残すことで、異界から応答している。この痕跡とは極めて不気味で不思議な状態で発見され、痕跡と妖怪が結びつけられることで不気味で不思議な状態のままに理解し説明することができる。つまり、妖怪とは空間的痕跡のメタファーであり物語の代弁者である。

 痕跡と妖怪を結びつけることは、現代都市のなかに物語の定点を生む。そうした定点が増える中で、例えば異なる場所に同じ妖怪が見つかれば、その人にとっての都市のシークエンスが生まれ、また同じ場所に異なる妖怪が見つかれば、その人にとっての定点の深度が変わる。つまり、妖怪とは人間が都市を歩く時に目的とは異なる世界の連続性や連関性を与える存在であり、背反的存在として人間を人間らしくしてくれる。

 妖怪建築は、現代都市空間の目的に対する違和感、本来の意味や機能に沿って構成される部分に対する記号性を解体しようとする部分が統合されることで成立する。つまり、妖怪建築とは、人間が空間へ近づく際の主体性を回復するためのきっかけである。

東京の死を視覚化する〜物語〜

日本社会の高齢化に伴い、日常生活の中で死に至る頻度はますます高まっています。 110万人以上の日本人が亡くなり、2035年にはその数字は170万人に達すると予想されています。高齢者の数が増えることに加えて、人口は減少し、現代の家族はますます地理的に分散しており、古いスタイルの共同埋葬地の世話をする人は誰もいません。死者数の急増は疑問を投げかけます、すべての死体はどこに行くのでしょうか?伝統的な墓地に関連する社会的、経済的、環境的問題に対応する新しいタイプの埋葬スペースが求められています。

プロジェクトは2つのセクションに分かれています。まず、調査と分析に基づく作業、物語の解読。私の調査方法は観察から始まります。このプロセスは東京の墓地と火葬場から始まりましたが、死の神話における文化的含意と自然の象徴、そして精神的実体と身体的実体の関係の研究など、より曖昧なものにまで及びました。プロジェクトには多くの層と解釈の断片があるため、物語のフレームワークは効果的に研究を消化し、設計の戦略を提供します。火葬場と記念碑、城南島ミスティックマウンドの設計提案において、都市規模から比喩的なルートまでの3つの調査スレッドを表す架空の「キャラクター」に続くストーリーボードを作成します。 3つのキャラクターは、死者、生者、故人、葬儀屋のためのスペースの3人の主要な参加者または居住者を表しています。葬儀屋の源氏は本質的に影であり、その存在が他の2人のキャラクター、ユキとノブの出会いを可能にします。精神的空間の歴史的な崇高な質を再発見することによって、文化的分析と心理的空間の現代理論の統合は、より魅力的な形の葬儀建築につながることができますか?

このプロジェクトは、最終的なエンティティとして読むことを意図したものではなく、調査のフレームワークとして、またこの設計手法を建物に最初に適用することを目的としています。

あさくさの灯

歴史的な伝統を大切にしながら、常に新しい文化を取り入れる、浅草。現在も国を問わず多くの人を魅了し、クールジャパンの代表的な街として、新しい姿を見せてくれます。しかし、観光客が見て、触れて、感じている浅草はその魅力のほんの一部です。私達は浅草に当たり前にある文化歴史活動技術物食といったコンテンツを再評評価することで、これまで見えてこなかった新しい浅草に出会える建築を提案します。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now