敷地境界・塀 Site boundary

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

神田を結わく建築 - 異化作用を用いた中小ビル連結の試案 -

作品概要

魅力がないとされてきた老朽化した中小ビル群を共同体として群をなすビル群へと価値を転換していく建築を提案する。

これまでのような競争原理にのっとった殺伐としたスタンドアローンな存在としての建築ではなく、集積し隣り合うことを生かし様々な生命が群れを成すことで互恵関係を結ぶように、小さな建築たちが群れることは出来ないだろうかと考えた。そしてそれは小さな関係性がコラージュするように塗り重ねられ、一つの大きな「共同体としての群像」として立ち現れるのではないだろうか。そうした群像を成すために建築と建築を連結する空間を試案する。

敷地は東京都千代田区神田。かつて下町と呼ばれ親しまれたこの場所はその時代の流れを映すように現在は中小のオフィスビル街へと変貌したが老朽化などによる空室化が進んでおり更新期を迎えている。こうした神田の中小ビル群を生活環境を纏わせながら連結していき、現代の密集した都市での新たな関係性を描く。またそうした連結によって結ばれるのは建築同士だけでなく、ひとつのまちとしても多くの関係性を連結されることが考えられる。つまり連結するための空間は単にひとつの建築の改修ではなく、周辺の建物やまちとの関係性によって作られるものだと考える。これは東京のような密集した都市空間における有効な改修計画のひとつであり、人とまちを結い合わせる媒介であると感じている。

おひとりさまハウス 共用庭の連鎖による宮代町住宅地再生計画

現在わが国では、人口が減少する一方で、世帯数は増加する傾向にある。人口構成の面では、生産年齢人口が減少し、高齢者や単身者が多くを占めている。また、結婚や出産を前提とせず生きてゆくことを想定した、「おひとりさま」と呼ばれる女性の増加も伝えられている。配偶者を亡くし一人暮らしとなった高齢者や、親元を離れ大学に通う学生等も加えれば、単身世帯により形成される社会へと大きく変化しつつあるといえる。一方で、人々の居住の受け皿たる住宅地は、その多くが成長社会時代につくられたものであり、単身者を中心とした現代の家族構成にそぐわないこと、魅力的な共有空間等に欠けることなどから、過去の遺物となりつつある。このように、社会が急激に変化するなか、 個人を尊重しつつ共存するといった、新たな価値観に基づいた生活の場へと住宅地を再編する方法が求められていると思われる。こうした状況を踏まえ、本設計では、夫婦十子供からなる従来の家族構成を前提としない、単身者を中心的な居住対象とした住宅地の再生計画を提案する。そこで、独立住宅を、いわゆるおひとりさまや、単身の高齢者及び学生等、様々な人々が共同で利用できる庭をもつ建物へと改修することで、同地域を新たな共同性をもった住環境へと再生することを試みる。人々の活動が共用庭を通じて連鎖することで、地域に開けた住宅地となる。

還る/返る暮らしと新しい毎日 −土が生み出す他者との出会い

作品概要

かつての暮らしは,ひとつの仕事に多く住民が集い関わることで「集まって住まう」関係を築いていた.他者と出会うこと,つまり人の組み合わせが変わることは,自身にとって世界が変わることを意味する.本提案は,他者と出会い集まって暮らすことで,自分の役割が変化する集合住宅を提案し,人と人,人と自然の関係性を再考する.開発に伴う残土問題を考えて,既存宅地に残土を戻すことで敷地境界という概念をほどき,土による生産や自然との関係を築き,新たな空間=暮らしの場をつくる.

へだたりのつながり

作品概要

東京都文京区大塚.住宅そのものではなく、塀をリノベーションすることで新しい環境をつくる.塀をただ隔てるものではなく、本棚や机、縁側など隣り合った両者をつなぎ合わせるものへと変えることで、塀を共有するような30戸の集合住宅を計画する.これまで使用されていなかったスペースは隣の家との関わりを持つ場所となり、街全体に広がっていきお互いを意識させ、新しい風景をつくり出していく.子どもの頃はまるでネコのように、家と家の間の塀によじ登り、塀に沿って街を探検していた.塀は家と家の境界ではなく活動の場だった.どこにでもある風景、塀を活動の場に変える事で変えていく事はできないかと考えた.

Re Border ─敷地境界線のリノベーション─

敷地は埼玉県川越市一番街.伝統的建造物の建ち並ぶ場所で、近年では市街に出店する店も増加していますが、歴史的建築との共生は難しく、商人の街を住み伝えていくことが困難な状態です.提案する「敷地境界線のリノベーション」は「既存の境界線をずらす」ことで、「1棟で複数家族」が暮らす「少し大きな集合体」を形成します.そして、領域への流出入を制御していた境界線は、既存の「敷地境界線」を跨ぐ軸となり、家族や隣人とシェアする「オープンスペース」を持つことができます.歴史的建築ストックを活かしながら、これまでとは異なる「つながりの軸」を生み出すことで、新たな街並みを再構成する未来を目指します.

敷地のリフレーミング

敷地をフレーミング(framing)しなおすことで生まれ変わる,30棟40戸の集合住宅です.界壁であり,耐震壁であり,防火壁でもあるような壁を,躯体を残した既存の住宅にさしこみます.これは耐震改修に近い操作ですが,この壁によって敷地が規定される仕組みになっています.この新たな敷地は,なるべく二棟以上の建物をまたぐように,つまり,外部空間を中心に据えて敷地を切り取ります.すると,今まで空気の壁と化していた隙間空間に新たな意味が付与されます.外部空間に生活が充填され,いきいきとした環境が連なります.

Fragments of Secret Garden

「まだこの住宅街でおのおのの家が庭と呼べるようなスペースを持っていた頃、幼かった私は家の庭の散策中に、一部が破損した隣家のブロック塀の隙間をすり抜けて、今まで来たことのない別世界の庭に迷いこんでしまったことがある。」かつての住宅街では「境界」の概念が曖昧であり、それゆえ多少の欠陥が許容され、それは街の豊かさに繋がっていた。しかし次第に「境界」は厳密になり、住宅街の区画はさらに細かくなった。その結果、現在の住宅街はとても息苦しい飽和状態になっているのではないだろうか。そこで、現在を「境界」の過渡期と考えてみる。ひとつひとつの住戸で完結する庭ではなく、幼い頃に体験したような庭から庭へ散策していくような感覚を取り戻すため、コンクリートブロックの境界壁を街区内に複雑に編み込むことで、住戸間の境界領域を曖昧にし連続した不定形な庭をもった街区を提案する。街区というひとつの大きな庭がブロック塀という共有壁によって緩やかに分節されることで、これまでの住宅街の風景を継承しながら新たな住宅街の風景を構築していく。

大知の息づかい さあニュータウンに帰ろう

高度経済成長期に都市郊外の各地で大地が切り開かれ、もとは森や林だった場所が大量の住宅で埋め尽くされた。同時に地面は住居とアスファルトによって蓋をされ、人と大地の交わりも断たれてしまった。また敷地境界で自然の流れと人の繋がりを断ち切る敷地主義の郊外住宅地は、現代の多様なライフスタイルに対応する冗長性をもち合わせていない。その住宅ストックは受容に見合わず過剰になっている。居住者の高齢化も進み、空き家も現れ始めた窒息寸前の郊外住宅地を、人びとの住まい方から大きく転換する必要がある。そこで、過剰に余った住宅を解体する。居住に必要な最小限の機能を残し、地面に接する一階部分は壁を取り除くことで、外部空間として大地に解放する。また、居住人口に合わせて必要のない住宅は撤去する。その後、居住者には区切られた敷地ではなく、床面積を基準とした居住スペースが確保される。大地の上を人びとが行き交う、そんな生きた大地の風景をつくるのが私たちの提案である。

​小さな家

呼吸とは、空気を取り込み体内から吐き出すことを絶えず繰り返し、「生きる」ということ。暮らしにおけるそれは、街と家との豊かなやりとり、なのではないだろうか。敷地いっぱいに家を建て周囲へ閉ざすことでかえって息が詰まるような暮らしをしているように思えてならない現代の家。外部環境を遮断し、快適性という重装備をまとった家の中のみで完結してしまう暮らしは、果たして豊かといえるのであろうか。街と敷地を隔てていた塀を取り払い、敷地内に生まれた余白と街路を地続きにすることで、街と家に多様な関係性をつくり出すきっかけを与える。 

塀を結ぶことで解かれる街

車社会が前提となってつくり出された道や街を見直し、車や自転車、人のさまざまなアクティビティを許容する「径」を街に生み出すことを考え、日本の住宅地に多く見られる、敷地を囲むように配置される塀に着目。
近年、倒壊などで問題視される塀を住宅地における共有資源としてとらえ、その塀を延長し、周辺住宅と共有することを提案する。道路をまたぐように住宅の塀同士を結び、人だけが通れる開口を設けて車の通行を制限することで、これまで移動のためにしか使われていなかった道が、人びとのさまざまなアクティビティを許容する「径」へと変化していく。
塀を延長することによって生まれる「径」は、住民の新たな生活の場となり、敷地境界を曖昧にさせ、街区という概念を解いていく。
塀というマイナスに捉えられがちな要素に延長するという少しの操作を加えることで、街全体に大きな影響を与え、人びとの生き生きとした活動を促す。

境界帯住宅群

道とは街並をつくっているルールである。また、同時に、生活残余部分でもある。道路:交通を目的として計画したもの。路地:建築が先行して計画されたもの。このふたつの道が同時に現れるときに「径」が生まれる。敷地の更新に伴う住戸間の残余部分を設計し、「径」を生み出す境界インフラをもつ境界帯住宅群を提案する。生活インフラとなる高い境界帯と、お隣さんのコミュニケーションを促す低い境界帯を設定し、街区形成を段階的に構築していく。  

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now