移動空間・公共空間 Moving space / public space

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

斜床空間に関する分析および建築設計提案 - クロード・パラン「斜めの理論」に着目して -

作品概要

 建築的な斜めの床(以下.斜床)は、1966年に建築家クロード・パランと思想家ポール・ヴィリリオによって近代建築における水平と垂直の二軸と今後くるべき情報化社会に対して、第三の建築空間の可能性であると主張した建築構成要素である。本研究は、パランらの「斜めの理論」を援用し、近年の斜床建築と斜床に関する理論を参照することによって、建築における斜床の理論的な位置付けを再考する。そして得られた知見を設計提案で応用し、斜床を用いた建築空間の可能性を示すことを目的とした。

 設計では、情報化社会の対象としてIT系企業のオフィスを選定し、斜床空間を用いた新たなオフィス空間を提案した。論文での分析・考察から【斜床空間の4スケール(都市・空間・人・家具)】【斜床空間の9つの構成手法】を抽出でき、それらをもとに、各スケールに応じた計画を行った。また斜床はある地点を結びつけるものとしてではなく、機能的な連続性をもつ【連続体】としてオフィス空間に応用した。都市・外部環境の連続、空間・機能の連続、個人と集団の視覚的連続、家具と床の連続の四つの連続体としての斜床空間を提案する。

 【連続体】としての斜床空間は、従来のオフィス空間を超えた新たなオフィス空間を創出し、都市・外部空間・内部空間・人・家具と新たな関係を構築し、その可能性を設計提案にて提示した。

スロープの形態に関する類型化の分析と公共施設における歩行空間の研究
- Zaha Hadid建築作品から学ぶ空間設計の一助として -

作品概要

 Zaha Hadid設計のDongraemun World Design Park and Plaza(以下ddpデザインプラザ)へ訪れ、大変感銘を受けた。そこでの空間体験として、階段を使用せずに全ての空間へ移動することができた体験が強く印象に残っている。一度に多くの人が訪れることによりスロープの勾配や距離、幅、あるいは建築形態によって人の移動に制限を持たせ、移動空間におけるデザインとスロープの関係性について興味が沸いた. 私は、今後日本において段差のない社会を目指す(バリアフリー・ユニバーサルデザイン)にあたってそのような体験が日常となりうることが理想的な空間なのではないかと考えた。方法論として導き出すことはこれまでの公共空間で、あまり実現されてこなかった。したがって、バリアフリー・ユニバーサルデザインとデザインというものが密接に組み合ってゆく、そういった方法論を探ることは今日において、バリアフリー・ユニバーサルデザインが全ての人に優しい空間を追求することは意義が深いことであると考え、研究の出発点とした。設計は今回の研究内容を踏まえた上で形態の類型パターンからスロープの再構築を行う。公共施設のある特定のシーンから必要な動線計画を段差を経ずに辿り着くことが出来る空間を設計することを目標とした。スロープの形態の類型化の分類によりこれまでバリアフリーとしてのスロープはいささかデザインの側面から抽出されてこなかった。従って多くのバリアを無くす計画と共にデザインの向上を図ることは建築意匠設計において重要な要素であると考える。また、今回の計画でのパラリンピックスポーツの発展へ向けた計画は2020年東京五輪の開催に従い、今後の日本においての障害を持った多くの方々への手助けとなるきっかけを示すことが出来るのではないかと考える。

階段空間とその周囲の場の連続

作品概要

建築家にとって上下を繋ぐ階段は、建築要素の中で最も力を注ぐ部位の一つだ。階段自体やそのディテールに目を向けた研究や書籍が多い中で、本研究は階段空間を切り口として建築家の作品において捉えられる特質を「階段空間とその周囲の場の連続性」について研究する。その隣接空間との連続性を模索すると同時に、建築の可能性を広げたいと考えている。
コルビュジェ、ロースなどの建築家の特徴に合う分析方法で考察し、整理した結論に基づいて、階段空間を囲われている包囲面に焦点を当て、自らの実験設計を行う。階段、スラブ、壁、この三つの構築物に分け、それぞれ基本の形と近似的な形を集め、パーツをまとめる。異なる組み合わせにより階段パターンを作成する。包囲面の位置と数により、各階段パターンの空間構成を番号で示すことができる。
これまで作った階段パターンはどのような場面で使えるのが表現したいと思い、フレームは建築と模型の中間のようなものにたどり着いた。建築における構造化した秩序と空間構成の様々な関係を示す、アッセンブルのルールだと考えている。はっきりとした方向性で縛りを与えるというよりも、自由に考えられるものになればいいと思う。

段状体 ―新宿西口立体広場及び小田急ビル再開発計画―

作品概要

 日本の駅は公共機関を重視した都市構造を形成し、今後の先進国が目指すべきものであり、重要視されている。その中でも副都心計画の際に、東京の重要拠点となった新宿駅に注目した。そこで今後の模範的駅、並びに都市を目指した新たな新宿駅を提案する。
 新宿駅周辺は駅によって東西に分かれ、賑わいにおいて大きな差を持つ。そこで西側の賑わい拠点として新宿西口駅前広場を敷地範囲とし、提案を行う。そこに新宿の持つ多機能性を取り入れた小さな新宿駅を作り、まちへ広がる「エリアと賑わいの拠点」、交通ターミナルとして機能しつつも地上空間を歩行者が回遊する場とし、さらに賑わいをもたらす、「活動拠点としての維持と人のための駅前広場」を形成する。
 現在の新宿駅西口は建築家坂倉準三により設計されたが、閉鎖的地下空間、壁に感じるファサードなどから広場を囲んでいる建築も見直していく。そこで小田急電鉄の再開発計画を取り入れ、広場を囲む周辺ビル群も敷地範囲に加える。
 敷地には孤立した歩行者空間、直立壁などのため人のための空間はできていない。そのため車道をなくし、さらに圧迫していた建築を広場に向けて、ボリュームを下げることで解放感をもたらし、人のための空間を作り出す。提案として建築物をフロアに展開した際に広場のフラットな空間を建築物の中に入り込んだ段状体は広場と建築物の連続性を生み、歩行者空間に回遊性を与え、新たな新宿駅を形成する。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now