日常・非日常 Everyday / extraordinary

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

臨時建築が構成する仮設都市の可能性 日本橋恵比寿講べったら市を対象として

作品概要

 日本橋恵比寿講べったら市は大伝馬町の寳田恵比寿神社を中心に年に2日間開催される市であり、江戸から400年の歴史を持つ。その際に単管パイプを用いた「臨時建築」が街中に広がり一時的な「仮設都市」を構成することで期間中10万人もの人で賑わう。一方、この地域は江戸から続く老舗や住宅が次々と潰れ、住民の新陳代謝が激しい。そのためかつて呉服問屋や木綿問屋、旅籠屋街として栄えていたが、日常時は閑散とした地域となっているのが現状である。
 非日常時(べったら市)の「臨時建築」の展開を日常時にも応用することで旧大伝馬町における単管の循環を用いた半永続的な仮設都市の可能性について考察してきた。べったら市という仮設都市の歴史があるこの地域だからこそ実現し得る提案であり、近年のマンション建設ラッシュによって乱れた街の景観を統一する手段の可能性の一端を示すことが出来た。またこの提案によって、江戸時代から地域を支えてきたが現在縮小しつつある「は組」の伝統を維持することで旧大伝馬町としての独自性を保つ可能性も示せた。

小布施祇園祭復興計画 -新しいハレとケの律動を生み出す建築-

作品概要

ライフスタイルの変化によって共同生活空間が喪失し、「共同体」や「場」が失われてしまった。昨年夏、安藤忠雄建築研究所のインターン中に伝統的な共同体の残る奈良県今井町の研究をし、その結果井戸などの共同生活空間だけではなく、都市と建築の「間」が連関することで「場」がつくられていることが分かった。そこで新しい共同体を生むことで現代における「場」を構築することができるのではないかと考えた。敷地は、長野県小布施の増改築により住空間と商業空間が乖離し、ハレとケによる再構築を必要としている中心地の一街区とする。「場」を《状況によって変化する床=interactive floor》と捉え、『まちの中に新しいハレとケの律動を生み出す装置としての建築』を提案する。2年間で作成した『小布施の地上1m暮らしの調査図面』から既存と新設を等価に捉えることで、まち、建築、建具、家具、身体、地面の舗装などに至る「場」の設計をした。本設計では、祇園祭を復活させ、町民、観光客、新たな移住者による職住一体のコーポラティブな暮らしの新しい共同体が生まれ、職住・祭りのハレとケが律動することで地域の伝統を継承し、伝統的建築を保存活用していく新たなモデルを提示した。

災害後に避難所から仮設住宅に変化する公共施設 - 非日常時の機能を主体とした設計の提案 -

作品概要

 避難所と仮設住宅の機能が組み込まれた公共施設を設計・提案した。災害が発生すると、避難所が開設され避難者が収容される。しかし避難生活の長期化に伴い、避難所や待機所を転々とさせられる場合が多くある。この問題の背景には、スペースの狭隘化による避難所の移動や、施設の日常業務回復に伴う解消と集約、仮設住宅の敷地確保の難航等がある。しかしこのような災害後の環境の変化は、時として被災者間に生まれた繋がりやコミュニティを破壊し、引きこもりや孤独死を引き起こす原因ともなる。
 これらの問題を解決するために、日常業務の停止が比較的問題とならない文化施設内に、あらかじめ避難所の機能を組み込むことで、長期の避難生活に対応できる施設を提案できないかと考えた。そこで既存の図書館及び公園をベースとし、避難所と仮設住宅の機能があらかじめ組み込まれた公共施設を設計した。この施設は災害が発生すると速やかに避難所に変化し、その後は仮設住宅としての利用へと転換、復興後に再び平常時の利用形態へと戻る。また災害発生後の環境の変化に対応するために、過去の震災で発生した避難所の問題を既往文献から抽出し、時系列ごとに整理・分析した。その後これらの問題や環境の変化に対応するべく、本提案施設を災害後に4段階に分けて変化する可変的施設とし、各段階における施設の運営方針や、優先して解決すべき問題等を検討した。

空間の輪郭 —事象から生成した空間図像を用いた設計手法の提案—

日常の何気ない一瞬に、心を奪われ、魅入ってしまう。自分の意識が小さく吸い込まれていくような感覚となり、けれど、しっかりとその中に立って、空間を感じとれている。それは夏の入道雲であったり、整然と並んだ電柱の風景だったり、足下を覆うように茂る草花であったりする。それらは確かな構造を持って存在しているが、人の意識やちょっとしたきっかけで変化する様を既に身近な日常の中に体感している。この、自分の小さな感覚を端緒に、人の感覚を拡張させる空間性について試行する。  
 日常のなかに潜む空間性から主観的視点を通してその空間特性を見出し言語化していく。それら言葉の重合や、イメージの修辞によって空間を思考するツールとしてイコノグラフィーを作成する。日常に潜む豊かな空間性と建築との橋渡しをするこの図像は、設計に落し込まれ、事象の持つ豊かさを建築に持ち込む。日常の中から見出されたプリミティブな空間性が、どのように人の空間認識の幅を拡げ、感受する建築の空間を豊かにするのかを試行し設計手法に還元できる新たな可能性を提示する。

浮世の苦楽は壁一重

われわれが快楽を求めるのはいかなるときか。それは日々の生活でたまった苦しみから解放されたい時。ではどういった方法で快楽を得るかというと、それらは専ら買い物や旅行などで非日常を感じ取ることで得ようとされることが多い。非日常の快楽は一時的なものでしかない。都市に住む快楽を感じるには、苦を受け入れ、日常こそが快楽と認識することだ。楽と苦は相容れないが互いに近くに存在し、必要不可欠である。快楽を感じるにはまず苦を味わうことが必要になる。快楽を感じるための助けとなる、修行宿泊施設。非日常ではなく日常、一時的ではなく継続敵。それが快楽。

添水の家

アブラハム・マズローは人間の欲求を5段階の階層に分け自己実現理論を提示する。このヒエラルキーは低次の欲求と高次の欲求に分けられ、低いものから段階的に欲求を満たすことで次の欲求が出てくるという理論である。しかし、現代の都市での生活においては、低次の欲求(安全の欲求、承認の欲求、社会的欲求)は十分すぎるほどに満たされている。私たちはどこかで、心の片隅では安心に溺れているのかもしれない。私は、その安心を脅かすことに快楽を求めている。そこで、低次の欲求を脅かす建築を考える。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now