建築の構成要素 Architectural components

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

公共建築の屋根構成に関する考察および設計提案
- 近景と遠景に着目して -

作品概要

屋根は降雨雪量や風、日射の状況などの外力に対するシェルターのような原初的な性格から始まり、気候や風土などの立地環境から入手できる材料により可能な構法との関係によって形成されてきた。また連なることにより現れる屋根並みはコミュニティのまとまりを表現したり、平面的に大きい建物では外観上のシンボル性を担保するものとして発展してきた。しかし、近代以降モダニズムや高層化、新たな建築材料の浸透により屋根は消去され、均質な矩形空間のみが残った。多様性を尊重する現代では、建物内の様々なアクティビティを許容、誘発する建築が求められ、それに応答するかたちで屋根表現も多種多様となっている。一方で街並みのガイドライン等で半強制的に形式だけ引用されるシンボリックなツールとして使用されている現状も多く見受けられ、現代建築における屋根の十分な位置付けができていない。本研究は、社会の要請が複雑化・細分化していく流れの中で、多くの人が利用する公共建築における屋根表現の傾向を位置付け、外部空間において遠景では面が、近景では端部が大きく知覚される屋根の両義的な性格に着目し、それらの構成から屋根表現を導出し、次世代の屋根表現の可能性を提示することを目的とする。『新建築』誌に発表された、310作品を対象とした分析により得られた屋根面と端部における修辞の変形パタンを統合し、敷地に内在する文脈に対して表現の読み替えを行うケーススタディとして複合施設の設計を行った。屋根構成と表現の一貫性が担保された屋根面と端部の修辞の変形を巧みに利用することで、人や自然と有機的な関係性を持つ屋根の有用性を示し、次世代の屋根表現の可能性を提示した。

厚さから考える  - 壁と屋根の厚さ(中身)への考察に基づく空間の提案 - 

壁と屋根の厚さ(中身)に着目することで、厚さの操作が引き寄せる特有の空間感と、中身の特性がもたらす環境的効果を生かした空間を提案する。
厚さが与える空間への影響は、建築内部での光環境の変化や、空間の繋がり方の違いによる独特な体験である。壁を通り抜ける時間や視界の広がり方など、さまざまなシークエンスと空間の切り替わりを動きの中から感じることができる。また、室内から見える風景と空間を満たす光は、厚さによって多様な外部と関わりを生む。
厚さの変化と形をコントロールすることで得られる空間とともに、透過性や吸音性など素材の持つ性質をふまえ、壁の中身が室内へ与える環境的効果にも注目し、人の営みに寄り添うような生活環境を考える。
壁や屋根の厚さと中身への考察をもとに、奥多摩町での農業を中心とした地域生活のあり方と関係づけながら、地域コミュニティーの活性化を促す宿泊施設を含めた農業支援交流施設の計画を行う。

建築要素から展開される空間の設計/作品「HASHIRA、KABE」及び研究報告書

建築要素(柱、壁、塀、垣、窓、門、扉、屋根、天井、床、階段、スロープ、縁側、テラス…)から空間を作るという試みを、複数の作品をもって提案する。スタディを重ねる中で、具体的な対象を「柱」「壁」とし、それぞれから生まれる空間を模型、図面等を用いて表現した。 本制作において建築と人をつなぐような「建築の要素」という対象を根源的かつ新たな視点をもって捉え直すことによって、建築と人とが密接に結びついた状態でそれらの関係は変化することが確認できた。
  本制作及び研究報告書で示したスタディは、ある建築要素が空間を纏っていく様子の記録であるとともに、対象とした建築要素以外の要素がどのように変化に対応し、主たる建築要素のサポートをしているのかを確認するものでもあると言える。それぞれの要素が互いに干渉しつつ空間を形成していくことで建築の形態そのものが変化し、それに伴って人の行動・住まい方にまである変化を及ぼすのだと考えられる。
  設計行為を行うにあたり、ごく自然に建築と人との関わり方を思考することになると思うが、その際、建築・建築要素・人、それぞれの関わり方を思考することで獲得できる新たな空間があるように思う。

建築空間のフレキシビリティに関する研究  - 「大学コンソーシアム駿河台」の設計 - 

多くの機能が頻繁に入れ替わり得る大学施設での、建築空間のフレキシビリティを備えた、沢山の種類の雰囲気を生み出す元になるようながらんどうを目指したい。
 本研究では、建築のフレキシビリティに関する躯体>壁>間仕切>家具という階層の、躯体の階層において「天井をシェル曲面で構成する」という操作を加える。変わらない階層に位置する躯体を、見え方と関係により変わり得るものとして捉え直す、感覚的フレキシビリティに関する提案である。それにより通常の間仕切や家具の操作による可変的な空間よりも、多層的な可変性と、多層的な建築と人の関係をつくり出すことができる。同時に構法的フレキシビリティも備えた「反復」という操作の結果でもある。均質空間と同じ組成を持ちながら、上下の関係、開いているとか閉じているとかいった敷地環境に対する対応が複雑な雰囲気をつくることに寄与している。
 駿河台地区の大学が共同で利用する施設を計画対象とした。産学協同、学域横断、地域連携の観点から、都市型インキュベーション施設を計画する。具体的には、短期間の入れ替えを前提とした研究室兼オフィス、地域産業のためのテナントスペース、講義室、図書館、ギャラリーからなる。それだけでは建築として自立しない小さな機能を集め、学生が使いながら街との横断的な使われ方をする建築を構想した。

CFDシミュレーションに基づく屋根形状に着目した住居の設計プロセスの提案

 風環境という視点で建築を捉え直し、環境というテーマを建築空間に落とし込む事を試みる。 風が建築物に当たる時に出来る屋根周辺の圧力差に注目することで、住居内に緩やかな風を取り込む風環境を実現する。
2つの風向から負圧を生み出す屋根形状のモデルを5つ抽出し、モデルを統合することで、町屋型建築と独立型建築を提案する。

カーテン×ウォール —インテリアの構成から建築をデザインする—

歩いているといろいろなことを発見する。
とくに、偶発的な発見は心が踊らされ、新しい発想の起点になることがある。 そんな脳をくすぐる様な空間体験ができる「カーテンのような壁」を考えた。
柱と梁を利用してカーテンが風にそよいでいるような曲面をつくりそれによって空間を区切り、垂直方向へ繋ぎながら構造としても機能することを目指した。この「カーテンのような壁」を「カーテン×ウォール」と名付け、一つの単位形態として検討を行った。
設計した空間は、このカーテン×ウォールの数や大きさによって形作られ、空間の仕切り方や、見え方に特徴のある空間となる。 つまり、これはインテリアの一部であるカーテン×ウォールをデザインすることによって、建築全体をデザインしようとした試みである。

シュルレアリスム的建築の設計 -dépayserされる建築の現象物体、unheimlichな家

「いとしい想像力よ、私がおまえのなかでなによりも愛しているのは、おまえが容赦しないということなのだ」シュルレアリスム宣言 アンドレ・ブルトン

『シュルレアリスム』という運動は、人々の頭に、精神に混乱と諧謔をもたらした。ここに人間がより自由な生を受ける多くの可能性を秘めていると信じてやまない。これはシュルレアリスムの建築の設計を試みたものである。とりわけ良い建築を目指すものではない。 最終的に住宅を設計し、シュルレアリスム的建築の回答として提示する。
シュルレアリスムにおける様々な表現は、共通して結果的に“客体”の奇妙な羅列であり、人々に驚異や痙攣なるものを与えている。では、どのようにしてシュルレアリスムを建築にするか。それは柱などの建築を構成している諸要素に内在する現象をデペイズマンさせることで、確固たる現実の建築としての超現実を見出す。
柱、壁、屋根、階段、戸、窓、天井、床、椅子、机、棚の11の建築の諸要素を “客体”とし、不完全性を孕んだ広辞苑によって解釈を求め、私的数式にして表した。それを道具にし、「痙攣的な美」を考慮しつつ、ドローイングと模型でデペイズマンの試行を行った。 住宅の中身を架空のコモンイメージとして定着しているアニメ「クレヨンしんちゃん」の野原邸に求めた。図面・模型化し、家族・部屋構成を引用する。
以上をもとに、住宅を設計した。
それは痙攣的で、不可思議で、身近なunheimlichな家である。

ヴォイドの関係 ~デ・ステイル建築再考:その特徴的空間構成の展開~

1920年代オランダに興ったデ・ステイルは、絵画・彫刻・建築・家具など幅広い領域において、画家ピート・モンドリアン、芸術家テオ・ファン・ドゥースブルフらを中心とし、水平・垂直の平面分割及び三原色による構成を「様式」として確立させた総体的芸術運動であり、今日においても様々な場面でその構成を見受ける事ができる。しかし、それらは様式として確立されたが故の宿命、それは本質を欠いた表層的なデザイン様式として用いられ、形骸化の一端として認知される可能性も同時に孕んでいる。
 特に3次元である建築おいて、本質的空間構成に「様式」を置き換える事の難解さは、構成部材を散りばめる手法(要素主義的手法)によって唯一その命題を叶えたとされるヘリット・トーマス・リートフェルトのシュレーダー邸のみであるという事実から伺い知る事ができる。
 本制作ではデ・ステイルのデザイン様式を、歴史的成立過程とその思想に基づく本質的特徴から、要素主義という言葉に集約されると判断し、シュレーダー邸とは異なる解を提示する事を目的として制作した。
  作品は全3題、それぞれケーススタディとしてシュレーダー邸の敷地を参照し住宅設計を行った。要素主義に倣い、空間という見えざる塊を主要な構成要素とし、散りばめることでそのデザイン様式を本質的空間構成へと展開させた。

​柱の習作
天井多創

天井に最大の役割を付与して,多様な生活と活動のプラットフォームとして新たな建築現象を生む土壌となる天井の可能性を考える提案.

きっかけの窓

暮らしの風景を切り取り,垣間見ることのできる「窓」.窓を介した小さな驚きが連続する暮らしは,多世代・多国籍の人が集まる豊かさを享受できるのではないか.

小さな窓端の大きな暮らし -世代を繋ぐ距離感をつくる壁-

変化のない室内と,外で起こる出来事をつなぐ窓に注目した.さまざまな厚さの窓には,世代を超えた人が集まり,ちょうどよい距離感で結ばれる.

Above Us ―大きな広がりとともにある集合住宅―

集合住宅を大きな広がりの中に位置づけたいと思います.この集合住宅は124枚の小さな屋根が寄り集まることで存在しています.30世帯の家族がその屋根を平均で4枚所有します.ある人はその内の一枚を賃貸にしたり,ある人は遠くの一枚を別荘のように所有します.この小さな屋根が寄り集まることで生まれる広がりの中で,まちの人々も,この集合住宅に住まう人々も一緒になって生活を営みます.異なるアクティビティがこの屋根の上で連続し,一つの風景をつくり出します.新しくうまれた風景 は敷地の中で完結するものではなく,さらに遠くの風景と連続します.

900mの記憶の壁と336の風景の扉

現在という時間の中でふっと思い出す過去に経験したこと.それは記憶という名の原風景.僕たちはいつもその中に身を預けています.今までの記憶を創っていたものは,家が建ち並ぶ風景であったり,家の間がつくる路地や商店街を歩いたりする体験からできたもの.その他に,家の中から溢れ出してきた生活の一部もそうです.そのようにいろんなものが集まることで, ここでの記憶が創られてきました.記憶を消して一から創るのではなく,記憶を感じさせつつも新たな風景を創り出し,未来へつなぐための集合住宅の提案です.

敷地のリフレーミング

敷地をフレーミング(framing)しなおすことで生まれ変わる,30棟40戸の集合住宅です.界壁であり,耐震壁であり,防火壁でもあるような壁を,躯体を残した既存の住宅にさしこみます.これは耐震改修に近い操作ですが,この壁によって敷地が規定される仕組みになっています.この新たな敷地は,なるべく二棟以上の建物をまたぐように,つまり,外部空間を中心に据えて敷地を切り取ります.すると,今まで空気の壁と化していた隙間空間に新たな意味が付与されます.外部空間に生活が充填され,いきいきとした環境が連なります.

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now