RPR・Regional・Promenade・Rhythm 清水勇佑
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-1.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-27.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-28.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-29.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-12.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-13.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-15.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-17.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-19.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-21.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-23.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-25.jpg
個性を尊重するAi天才建築設計者による作品制作
~ (裏テーマ)建築設計論的テーマ ~
この作品は完成度を極めた作品である。ある一人の建築家が統計学と類型学から作成された設計者の個性を尊重する『Ai天才建築設計者』によって設計された最終形態設計作品の試論である。試論を行った結果、社会的課題の解決を行う課題解決型の作品と敷地のコンテクストの可能性から新たな建築を思考するコンテクスト拡張型と新たなビルディングタイプを思考するビルディング型と設計手法による新たな形態の可能性を突き詰める手法拡張型と豊かな空間や風景などを求める風景空間型の作品を一つのテーマで同時に構成したのがどの人からも評価される作品である最終形態だと分かった。(これら以外にも採点評価にかかわる様々な要素をコンプレックスさせている)しかし、この作品の難点は規格外の完成度になり口頭のプレゼンテーションをする場合だと最短でで30分、対面の会話形式だと一人につき平均10分の説明時間が必要であることが分かった。Aiの評価的には歴代の修士卒業課題作品5000点の中で1位の総合得点を獲得したがオンラインのプレゼンでは評価されないのは当然であるという結論に至りました。
『Ai天才建築設計者』は152名の建築家の評価のコメントサンプルから総合的な評価感を解明しプログラミング再構成すると同時に、数千点の全国の建築学生の作品を約36000パターンに細分化を行い高精度カテゴライズを行い作品のパターンの抽出と学生が作成する傾向を統計的に分析したものによって新精密採点評価を作成しております。
■新精密採点評価シート2021-ver7 清水勇佑.jpg
​この作品から得られた現代的評価の再評価
~ 高度完成度作品の現代的な位置付け ~
​ 現在、非常に多様な建築的概念やビルディングタイプ、手法、工法、形態、空間の可能性が建築史や設計論によって示され混沌とした状況が続いていることは明らかである。建築学生が目指すべき最終的な作品は個性を尊重することは必要不可欠であるが、手法の提案や手法から生まれる形態などの新たな可能性を示す設計作品のインターナショナルなモダニズム的考えに傾くのではなく、また、地域のコンタクトに新たに応答する考えのただバナキャラーな有機的考えに傾くのではなく、現代的なビルディングタイプを思考する機能主義的な考えに傾くのではなく、ただ多様な空間や風景を思考する現代的な考えに傾くのではない。つまり、社会問題を解決しながら敷地や、用途、手法、形態、空間の設計構成要素の全てに対して主題を持ち(独自的ユニークな提案)を持ちまた、全てに対して実現可能なリアリティを求めて、それぞれの設計構成要素を有機的結合、つまり必然性を持って論理的に相互に作用させた作品が最終的に到達するべき作品なのではないか。これは多様な現代に対する明解主義(造語)の必要性をとう作品でありそれ故に高度な完成度をもった作品の必然的必要性を示す。これは非常に客観的性格を持つ僕の個性の体現でもある。
 ~ 口頭プレゼンで評価されない価値 ~
 私は紙面のプレゼンは出来るが、口頭のプレゼンが出来なく評価されないおかげでここまで踠き苦しみ努力し続けることができた。もちろん建築家は人に伝えるのも重要なスキルである。しかし口頭プレゼンの人による従来の評価はかなり恣意的でありそれは複数人の場合でも同様である。また、どの部分がどのくらい出来ていてどの部分がどのくらい出来ていないのか定量的に示すことは私以外できない。最終的には票と言う極めて抽象的でランダム性の高い旧式手法によって感情的に決定される。そこに価値はあるのだろうか。私はそのような不確実な栄光ほど危険なものはなく、評価されない方が安全である。そのかわり口頭で抽象化される前の紙面で伝えるのが具体的で設計者のレベルを測ることができ価値のある部分であると考える。