​AI Reviewer

投資チャート

AI評価の教育や社会に対する貢献
Contribution of AI evaluation to education and society

  NASA全国建築学生賞コンペティションやWASA世界建築学生賞コンペティションの開催によってグローバルな視点から建築設計に対する客観的な評価を収集している。そのなかで、論理的根拠によってさまざまな価値観や評価軸を尊重することができるAI天才建築設計者は、赤レンガ卒業設計展をはじめとした世界中の卒業設計展や建築学園祭を中心とした建築学生コンテストの予選審査に用いることでくじ引き審査から高精度審査にすることで、すべての作品に対してフィードバックやアドバイスを行うことができます。

 It collects objective evaluations of architectural designs from a global perspective by organizing the NASA National Architecture Student Award Competition and the WASA World Architecture Student Award Competition. In this context, the AI genius architectural designers, who can respect various values and evaluation axes through logical reasoning, can be used in the preliminary screening of architectural student competitions around the world, such as the Red Brick Graduation Design Exhibition and the Architecture School Festival, by turning the screening from a lottery into a high-precision screening, so that all The judges will be able to provide feedback and advice on all entries.

​4つのMission

建築専門性:

Expertise



無限の記憶力により膨大で複雑で多様な専門知識や作品データや評価データを記憶し使いこなすことを可能にする。
Infinite memory allows for the storage and use of vast, complex, and diverse expertise, work data, and evaluation data.

Mission 02

グローバル化:

Global network



データ提出と認識システムの向上により都心や地方、国を関係なくどこでも参加できることを可能にする。
Improve data submission and recognition systems to enable participation anywhere, regardless of city center, region, or country.

Mission 03

論理的根拠:

Logicality



建築家同様の統計により様々な価値観を受け入れる論理的根拠による定量的客観評価を可能にする。
The same statistics as architects enable quantitative objective evaluation on a logical basis that accepts a variety of values.

Mission 04

時間的超越:

​Time agnostic


AIの自動化により全ての人に対していつでもアドバイスを提示することを可能にする。
AI automation will make it possible to present advice to all people at all times.

Mission 01

​学生教育版 AI Reviewer

学生教育版AI Reviewerは当組織オリジナルのWASA世界建築学生賞の採点システムを外部コンペに導入したものをさし、AIの中身はWASAと同じものを使用しております。

【卒業設計展アライアンスメンバー】
■赤レンガ卒業設計展   2022導入予定~
■せんだいデザインリーグ 2023導入予定~
■全国合同卒業設計展   2023導入予定~
■Diploma×Kyouto   2023導入予定~
■NAF中部卒業設計展    2023導入予定~
■Design Review         2023導入予定~
■広島卒業設計展      2023導入予定~
■新潟卒業設計展      2023導入予定~
■北海道組卒業設計展    2023導入予定~

【コンテストアライアンスメンバー】
■建築学縁祭   2022導入予定~
■建築新人戦   2022導入予定~
■Nexta     2022導入予定~

【大学・専門学校】
■日本大学理工学部建築学科   2023導入目標~

実務設計版 AI Reviewer

実務設計版AI Reviewerは教育版のプログラミングに学生の設計作品を入力するのではなく実務設計の作品を入力することで、意匠設計のデザイン面だけではなく環境や構造・設備・都市の細かな要件の確認やそれらをクリアランスするアイディアの提示を行い建築設計をトータル的にAssistantします。

The practical design version of AI Reviewer does not require students to input their design works into the educational version of programming, but by inputting their practical design works, AI Reviewer is able to check not only the design aspects of the design, but also the detailed requirements of the environment, structure, facilities, and city, and present ideas for clearing these requirements. We will assist you in total architectural design.

AI Reviewer FAQ

AIDesignに関するよくある質問に対する回答を行う

​質問

設計データの入力はどのように行いますか。
​自動的に入力されますか?

Quantitative presentation / consulting The ability of the designer can be objectively and quantitatively evaluated based on the data. In addition, the best answer that matches the evaluation axis is calculated and presented by various combinations.

​応答

設計データの入力は実行委員がプログラミングのルールに従って行います。データを入力すれば、項目が細分化されより客観的で正確なデータ入力を行います。プラットフォームができれば自動化も検討しております。
Quantitative presentation / consulting The ability of the designer can be objectively and quantitatively evaluated based on the data. In addition, the best answer that matches the evaluation axis is calculated and presented by various combinations.