木造密集地 Wooden dense area

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

地に根ざした再興
- 木密地区における住宅の更新 -

作品概要

木造密集住宅地では、狭い土地に密集して住むことから、常に他人を意識しながら生活し、助け合いながら生活しており、そこには根強いコミュニティを持っている。さらにそこに何年も建ち続ける木造住宅は、その根強いコミュニティを支える都市構造と捉えられる。

敷地の豊島区東池袋4、5丁目の木密地区では耐震面、防火面において問題が多いことから、この木密地区の一部を一斉建て替えする再開発が行われ、元ある都市構造は崩壊し、根付いていたコミュニティは失われていく状況である。そこでこの木密地区にある、根強いコミュニティを継承しながら、耐震、防火面に置ける問題を解決出来る更新の仕方を計画すること目的に提案を行った。

この木密地区に根付くコミュニティは、人のためだけの空間である路地空間に住戸が向かい合い建つこと、その路地空間が複雑ながらも連続してあること、そこに行けば誰かに会えるというコミュニティの場である商店街を身近に持つことを基盤に成り立つと仮定した。

そして、「都市計画とともに増幅する容積率」、「敷地にある路地空間」、「街区内部にある未接道の建物」、「再開発により失われる商店街」を手がかりに、都市の整序化、つまり新たなこのまちの建て替えのルール により、「従前居住者の住戸の共同建て替え」と「商店街の移転」、「新たな単身居住者のための住戸」という木密地区における新たな低層集合住宅を計画する。

実家」としての住宅計画 - 子安浜における木造住宅密集地区の住環境改善

私たち現代人は住む場所を気軽に変える事が出来る。就職、転職などの機会、新たな家族が増えた時、あるいは単なる気分で様々な地域、住居を流動している。そんな中、人は多くの場合自らの生まれ育った「実家」とつながっている。「実家」はこうした流動的生活者の後ろ盾的な存在であると同時に、居住の流動が著しい都市社会のシステムを担保している。
本提案では「実家としての住宅」の役割を調査及び考察から「家族が集まる場」「家族の物を置く場」「住み継がれる場」と3つに分類した。さらに「実家としての住宅」が持つべき特性として「冗長性」「拡張性」「社会性」「記念碑性」という4つの特性を導き出し、「はなれ」+「おも屋」を理想の型として示した。一方で子安浜という地区は大都市に近接しながらも、多くの住戸が古くから住み継がれ、昔の井戸や路地が今なお残る情緒ある町である。木造密集住宅地であり、早急な更新の求められる当地区において「実家としての住宅」の型を用いて「共同はなれ」+「おも屋」として計画し、未来に住み継がれていく「都市型ふる里」の確立を目指したモデル街区の設計提案を行った。

木造住宅密集地域における公私の曖昧さを保持する都市修繕 - 荒川4丁目49番地再下町化計画 - 

木造住宅密集地域では、他人の土地を通行したり、屋根が重なり合っていたりするなど、敷地境界が曖昧である。この、敷地境界の曖昧さが、公私の曖昧さを形成し、下町らしい人間関係を生んでいると考えられる。本修士設計は、防災的に建替えが急務とされている木造住宅密集地域において、公私の曖昧さを保持する都市修繕の在り方を目的とするものである。
 荒川区荒川4丁目49番地を計画敷地とし、街区平面図と1/30模型を作成することで、境界の曖昧さを形作る5つの要素に着目した。それぞれの要素ごとに街区平面図の路地や隙間を記述し数値化した。都市型/郊外型のニュータウンとして新宿区百人町3丁目と世田谷区成城6丁目を比較対象として選定し、各住宅地の数値と都市の印象に関連性を見出すことで、境界の曖昧さが公私の曖昧さと密接な関係にあることを確認した。

 荒川区荒川4丁目49番地にて、公私の曖昧さを生かした都市修繕を行い、住民に街の良さを再認識してもらうことで、木造住宅密集地域の下町らしい人間関係を保持し続ける都市計画を提案した。本修士設計は木造住宅密集地域における都市再生手法として有効であり、既存の都市再生に対する評価手法としても期待できる。

EMERGENCY PASSAGES - 月島木造密集地域における路地の再編による防災街区計画 - 

 日本の都市「東京」では、都心へのコンパクトシティー化、グローバリゼーション化等の影響によって、高層ビルが立ち並ぶ足下に戸建ての住宅が平面状に広がる様子が特徴となっている。戸建て住宅が並ぶ地域は、下町や山の手等で、以前からそこに住む人々によって、場所ごとで地域性を持っている。そんな日本の都市が持つ地域性とグローバリゼーションを背景とする。
 計画地は東京都中央区の月島木造密集地域、明治時代に埋め立て地として形成された当初から、路地空間を生活や交流の軸とし、居住と地場産業が混在した地域として発展してきた。近年、建物の老朽化、防災上の不安などの問題が指摘され更新開発が行われる中、都心の業務地区に近い好立地であることからも新たな都心居住の場として居住人口は増加している。そのため高層タワーマンション等の再開発が行われ、この地域の軸となっている路地空間が失われつつある。この計画では、地域特性となる路地の魅力を継承しつつ路地を再編することによって、緊急時に避難経路となる路地空間「エマージェンシー・パッサージュ」を備えた建築による街区計画を提案する。この提案により、月島地区における、今後の発展と従来の地域性の継承からなる新しい街区開発を示す。

押上通り沿道密集市街地更新計画  - 道路整備・拡幅に伴う沿道の高容積を利用した敷地の共同化と段階的建替え - 

本計画では木造密集地域の整備や道路整備という東京区部の重点課題に対し、共同化をシナリオとした段階的建て替えによる更新計画を通して、街並みや地域社会形成の再構築を目指したものである。

実際に拡幅の行われる墨田区・押上通りと、隣接する木造密集地域である押上・京島地区を対象として、更新のためにまとまった街区で市街地再開発のような全体での権利変換や建て替えのビジョンを決め、建築は複数敷地を共同化・共同建替えで更新していく。

よって、全体は自然発生的な街のボリュームと似ているが、そこには沿道と後背地の関係性として、1,容積率の違いを利用した街区内での容積の分配 2,外部空間・緑空間の配置計画 3,地域施設・サービス機能の充実化 を目的として、両者の良好な相互関係を導きだしている。

また、沿道側(高容積を保ちながら後背地側に配慮した設計)と後背地側(元の敷地境界線を残し、戸建ての要素を取り入れた二重壁による設計)とで両者の特性を活かした、2つの違う共同建替えの設計手法を提案している。

都心では再開発用地が少なくなり、ひとつの街の中での更新のアプローチが必要とされる。沿道側の高度利用を肯定的に捉え、さらには部分的に連動して地域性も継承した、小ブロック単位で随時更新可能なシステムが求められるのではないだろうか。

開かれた都市住宅へ
-木造住宅密集地域における内部空間と外部空間の関係の観察をもとに-

都市において自分の住まう場所であるアパートやマンションが、経済原理で決まった切り売りされている箱であることや、より完全な遮蔽性を実現することによってプライバシーを守るという感覚でできていることで、生気のないとても退屈で陰鬱な場になっている と感じた。日本の都市ならではの狭さや、密集しているということをネガティブに捉えるのではなく、そのような環境を生かした住処をつくれないかと考えた。
そこで本計画では、密集した狭小住宅群でありながら、プライバシーを保ち街との共存関係や連続感をもっている木造住宅密集地域の観察を行い、空間構成の要素を抽出し、集合住宅の設計を行った。
外壁を複雑化し家具化することで外部空間に活動領域を拡張し、内部に常に窓辺にいる広がりを感じる生活空間をつくり、また、狭く手の届く範囲にある空間を、小さな窓や棚等で細かく調整できるようにし、狭小なスペースだからこそ可能な身体感覚に繊細に対応できる空間をつくった。スケールダウンし複雑化した住宅で、住人が繊細に住宅内外の距離感を調節できることで、都市に開いて暮らすことのできる住処を提案した。

みちにある家
-街の魅力を残した計画手法の提案-

今回の計画では、建替えが急務されている密集市街地の再計画の提案をする。 密集市街地は、災害に弱いなどの問題点を抱えており建替えが必要とされているが、そこでは都心で希薄になってきているコミュニティが残り続けているなど、狭いながらも工夫して生活を楽しんでいる様子が伺われる。そのような街の個性を残した再計画の提案をしたいと思う。
 密集市街地の建替え方法はいくつかあるが、今回は数件単位で同時に建替えをし、まとまった庭が取れ、接道条件がクリアできる協調建替えで設計を行った。
 全体計画としては、数件単位の建替えが徐々に計画地内に広がっていく形で行う。協調建替えをしたところには、ポケットパークや既存の公園に通り抜けられる災害時の避難動線を作る。
 個々の計画としては敷地境界に2重の耐火壁を建て、もともとの自分の敷地に新しい家が建てる形で行う。法規上は長屋の増築扱いになり、接道していない住戸の建て替えが可能となる。敷地境界が曖昧になっているため庭はセミパブリック空間となり、地域の人だけが通れるような通路やコミュニティ形成の場となることが予測される。 密集市街地の再計画においてはこのような、防災や継続的な建替えの問題を解決し、街の個性を残しながら密集市街地の多くを良好な住環境に更新していくことのできる具体的な計画が必要とされていると考える。

窓の坪庭

木造密集地帯の重要な特徴は,住戸間の細い路地とたくさんの植物である.人々は植物を家の前に並べることを好み,外部との間に緩いレイヤーを形成し,家がよく見えるように飾る.そこで私は,そうした家の前の植物を含め,冬にサンルームとして使用できる新しい窓の形式を提案する.家の前に溢れていた植物は建物に取り込まれて「窓の坪庭」が形成され,内外の緩衝帯となり,窓を通して生活の一部が街路へと溢れ出る.窓空間は植物のみならず,住人の団欒の場や,洗濯物を干す場所としても機能し,住人の生活をさまざまな面で補います.この窓から各々の住人の多種多様な生活感が滲み出し,街っぽさのある集合住宅が生まれる.

遠回りの家路/風景のRe-design

敷地は神奈川県戸部町.急な傾斜地にもかかわらず、木造密集住宅地域となっている.提案はとてもシンプルなものである.傾斜地特有の“屋根との距離”、戸部特有の“木造密集住宅地”、これらを生かして“屋根の上に新たな大地をつくること”で、集合住宅として豊かにしていく.住宅の距離が近いにも関わらず、造成されることによって擁壁ができ、庭どころか、動線が複雑になってしまっている.そこで屋根の上を新たな大地として使うことで、庭、動線、風景をつくる.この場所にしかできないリノベーションが、この場所の風景のリデザインへと繋がり、屋根の上にできた新たな大地が、住む人々の新たな居場所となる.

地車巡家

岸和田のだんじりをまちの動く中心として位置づけることによって、人とだんじりの新たな関係性を生み出す.町の中に点在する空き家、小屋を“だんじりの家”としてリノベーションし、まちの様々な所に集いの場を生み出す.だんじりが巡り空間を書き換えたり上塗りしていくその風景はこの町の文化となって継承され、周囲の町に広がっていく.だんじりのための空間として組み替えられた場所はだんじりが去った後に余白としての空間を残す.だんじりの車輪の跡、木の匂い、その場所に居たからこそ感じる空間の質の変化は身体的な記憶として蓄積され、祭り囃子を染み込ませた小さな空間は生活の中に溶け込んでいく.

野生の住宅群

木造住宅密集地域における,街のリノベーション計画である.刷新した集合住宅をつくるのではなく,既存の街並を残したまま多様さを享受する空間をつくるために,家型のボリュームが並ぶ環境を地形のように読み替えていくことを提案する. 「家族=住宅=nLDK」という完結した要素を解体し,周辺との切断を強固にしてきた従来の外壁の在り方を閉鎖から開放へと転換する.それにより,ぶつ切りだった建物同士の関係性は緩やかに改変され,懐の深い距離感が住民によって再構築されていく.住宅という枠組みを超えて,「街そのものに住む」ための提案である.

個室網

私が考える21世紀住宅とはさまざまな集合形態を許容できるものであり,本計画はそれを可能とする「個室網」による生活像と居住空間の提案である.計画は低層木造密集市街地の典型例である東京・京島で展開される.新しい居住空間を,老朽化住宅の建替え更新案として既存の都市に挿入していくことを考えた.「個室網」とは個室間の住替えを容易にし,個室をネットワークして生活することを可能にするものであり,「時間差利用」という考え方に「SI(スケルトン・インフィル)」を取り入れることで成立する.「時間差利用」とは,京島に存在する複雑な所有権を再編集した結果であり,住人の建物利用時間を瞬間・短期・中期・長期・半永久の5段階に想定する考え方である.要は,公共施設・ホテル・マンスリーアパート・賃貸ビル・賃貸住宅・分譲住宅などをひとつの場所に集め,近接した状態を想定するのである.これにより,利用者は隣人との生活時間のズレを縫いながら生活を展開していく.さらに「SI」を導入し,各個室を機能的制約から解放することで生活においての空間選択肢は飛躍的に広がると考えた.
「個室網」の導入により,私たちは集合形態を選択しながら生活することが可能となる.

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now