ユートピア・デストピア Utopia and dystopia

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

重奏的連接旅行 アドルフ・ロース建築作品における段差の効果についての研究

作品概要

 

驢馬

情報空間が発達したことにより、もはやスマートフォンは単なる情報端末ではなく空間の端末とまでも言えるようなものになっている。人びとは朝起きてスマホを見て、家に帰って夕食を食べながらスマホを見て、寝る。人びとの注意は常にスマートフォンに向いており、住人は家を意識することがなくなり、住宅は住人不在の状況になっているとも言える。それはもはや「廃墟」と呼べるような状態ではないだろうか。そんな建築・住宅の危機である現代において実空間としての住宅がどのような変遷を迎えるのか、それが過渡期のテーマである。住宅が住民に奉仕する労働力としてつくられた「驢馬」というこの住宅はこのディストピア的状況に応答してつくられた住人不在の空間を持つ建築である。この住宅は過去・現在・未来を肯定も否定もしないが、もしかしたらこの「驢馬」を経てディストピアがユートピアに転化する時が来るかもしれない。

静かな都市に住む快楽 保育園建設反対の街

今から51年前の2017年、東京のある街で保育園建設の反対運動が激しく起こった。反対運動は過激化し、2018年に東京都は特別区として"静かな街に暮らす快楽区 „を設けた。静かな街づくりをコンセプトに、保育園の新規建設の永久的な禁止、既存の保育園の段階的廃園、騒音規制の強化などを条例として定めた。境界線や道路から建物を離して窓は小さく道路側に視線が通らない位置に、庭に境界線から離して塀を立て、鳥の鳴き声がうるさいからすべての木を切り落とす。壁厚は最低50cm、二重サッシ、遮音カーテンの設置など周囲からの規制で建物の形は決まっていく。その結果、生み出される風景は何かに似ている。
トマス・モアの『ユートピア』以来、数々のユートピアあるいはディストピアが描かれてきた。現在のシェアハウスに見られるような共有の概念は500年前のユートピアの世界観と同じであるように、物語を考えることは現実と地続きであるのではないか。

​都市の終わりから思想の終わりへ

今回の東北大地震は、皮肉にも私たちが都市を考える一つにきっかけとなった。しかし考えるきっかけはあるものの、何を考えてよいかがわからない。
考えることが多すぎるからだ。そんな無数に散らばる思考の種を結びつけ、一つのものとして新たな思考を揺り動かす道具として「ユートピア」というもの、
そしてそれを補佐する役目として「インフラストラクチャー」というものについて考えてみる。
人々は様々なものを抱え込みすぎた「ユートピア」を胡散臭いものであると捉え、そこに可能性を見いだすことをやめてしまった。
しかし「ユートピア」とは、それを貪欲に実現しようとさえ思わなければ、建築家が自らの思想を伝達するための最も有効な手段であると考える。
建築を単体で作ったときに、その背後には必ず作家の思想が宿る。そういった柔らかい物を「ユートピア」という名詞を借りて捉え直すのである。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now