物語性 Narrative

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

重奏的連接旅行 アドルフ・ロース建築作品における段差の効果についての研究

作品概要

 空間体験がストーリーを伴って展開される時、その空間は体験する人や物語そのものに、どのように影響を与えていくのだろうか。 ゲーム「ICO」をプレイして、空間は物語を生み出し支える力を持つのではないかと考えるに至った。またアドルフ・ロースの空間にも、そのような力を感じた。 「物語を生み出す空間設計論」とは、物語の構造が不均衡から均衡へと移行していく時間的な経過、そのつながりを空間が補完することを目的とする。その手段をロースの建築作品より探った。 手段として、「段差(室体積高低差の変化)」「家具」「光」「室を分節するフレーム」等を利用して、内部で生活をする住人や客人の「視線」や「移動」、「位置関係」を操作する方法を見つけ出した。特に、段差が「見る・見られる」の複雑な関係性を生み出すことに着目し、その効果についての研究を中心に行った。
 そこから得られた知見を元に、「物語を生み出す空間設計論」を実際に行い、人の視点から体験する為に、ストーリーのある3DCGのゲームを作った。
 ゲーム空間は、段差が作り出すヒエラルキーによって建築内部を徘徊するロボットとの関係が複雑に変化する構成となっている。物語を支える力を持ったこの空間は、「体験」し「語る」ことで「複数の解釈」を生む。ゲームをプレイした人はデバッカーのような立場になり、その体験を語り合うことで、物語だけでなく、設計そのものを共に更新していく仕組みとなる。

タイトル:ウラジオストクのカフカ
- APEC PROJECT -

2012年にロシアの極東ウラジオストクで開催されるAPEC首脳会議に求められる一連の施設。“ひとつの視点”から描かれた物語であり、舞台となるルスキー島の今後の開発へ向けたアーバン・ファブリックである。
 “80km/hで走行する道” “豪華な昼食” “21人の撮影台” ―
 この建築は映画のショットやシークエンスのように、断片の連続でできている。断片はAPECを出来事の単位に分解し、空間化したもので、 それは“ひとつの視点”によってつなぎ合わされる。“ひとつの視点”とは知覚者、時刻を想定した主観的な世界の見え方である。ここではAPECに出席するある首脳の視点で、空間は視点から認識され、視点の移動とともにシナリオは展開する。つなぎ合わされた断片は互いに空間イメージを形成し合う。しかし、それは絶対的なものではなく、暫定的な事実である。いくつかの断片が形づくった空間イメージは別の断片の出現によって変形してしまう。繰り返された変形の後、残るのは空白感である。掴みどころのなくなった断片の空白を、私達は自らの方法でうめることで理解し、それぞれかたちの違う、個人的な全体像をつくりだす。
 首脳会議が終われば、シナリオは解体し、各空間はバラバラになって、特異な断片として残る。それは“意味”を持たない身体的な痕跡として、島のアーバン・ファブリックとなる。万華鏡のように姿をかえる全体像は、カフカのように人々に解釈され続け何度でも生まれ変わる。

a man with a chimney

ここは大阪府北部に位置する、一見よくある郊外住宅エリアである。彼は、そんなエリアの中で、住宅開発前から細々と続く農家に生まれた。彼は、彼と彼をとりまく世界の "きょり„をはかり、彼自身の世界の地図をつくっていくことに快楽を覚える。それは、誰もが子供のころにもっていた、自分の世界が広がっていく探検のわくわく感を思い起こさせる。またそれは同時に、古来から人間が生き延びるために自分の領域を増やす活動をしてきたことを示唆している。きょりを計る物差しは、煙突のある彼の"うち„と農作業でつかうバスタブである。彼はときおり、バスタブをひきつれて出かけ、いろいろな場所にバスタブと"うち„との距離をはかる。そしてまた"うち„に帰っていく。誰にとってもそうであるように、彼にとって彼の"うち„は、都市に住み社会の中に生きる自分の精神的なよりどころである。 

大きな都市の小さな隙間からみえるもの

ビルが建ち並ぶ大きな都市。人びとは、常に時間に追われながら忙しなく動いている。そんな都市の中、人びとの最大の快楽となるのは、現実から遠く離れた、果てのない世界の中にいざなわれること。ここでは、ビルの間に"苔„が豊かに育つことができる空間をつくり出す。忙しなく、大きな都市とは対比的な"苔„が生み出すスケールや時間をもたない空間は、都市の中の人びとを現実から遠く離れた、果てのない世界にいざなってくれる。

ODEN HOUSING

現代まで,コンテクストは塗り替えられ続け,都市においてしばしばその断片が見え隠れする.この計画は,ちぎれたコンテクストを集積し,都市を再構成するための21世紀住宅である.
敷地は鳥かごのように周囲を建物で囲まれている.過去のコンテクストである田園風景と高密度のコミュニティ,そして現在における敷地の閉鎖性を集約し,その最大公約数を解答とすることで地域の固有性を露わにする.
一言でいうと,まるで「おでん」のように,高床式集落がにょきにょきと林立するランドスケープと,人の活動がごったがえしになった都市の余白を計画した.地上は機能や所有が限定されない場所であり,住人も地域住民もひとつの大きな空間を共有し,生活の延長として利用できる.住人は空と森を手に入れ,隣人は新たな都市体験を得る.
この計画は,原理的に増殖性を持つ.前面道路が歩行者のための界隈となり,ミニ開発の建て替えと広がる.人が豊かに暮らしながら都市が変容し,更新していく.

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now