農業・工業​ Agriculture / industry

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

郊外住宅地における「都市農業型交流拠点」の提案 -千葉ニュータウン地区における営農調整地を対象として-

作品概要

千葉ニュータウンは開発段階において梨農家を中心とした現地住民の反対により買収放棄地が生じ,「営農調整地」としてニュータウン内に設置されたため、今でも住宅地に隣接する形として梨農園が多く隣接している。一方で千葉ニュータウンにおける第一次産業者の減少に伴い、営農調整地では宅地開発や耕作放棄地化が確認できる。本研究は千葉ニュータウンにおける営農調整地を現状の生活環境を向上させる空間として提案することを目的としている。
 設計するにあたり、千葉ニュータウン地域の地域産業である梨産業の運営形態と複雑な栽培過程の調査から、市民が梨産業を通し、営農調整地を管理することで、単なる農地管理方法としての市民農園から新たな地域の交流拠点として昇華できることを示した。そこで、小学生の教育プログラムとして梨栽培を取り入れ、それを住民や農家、新規就農希望者らが参入しながら管理するプログラムを提案した。千葉ニュータウン内の小学校に隣接する営農調整地を一事例として取り上げ、ニュータウンの都市構造や学校建築、既存の梨農園と付随する諸施設の調査を通して明らかにしたタイポロジーを踏襲し、梨農園と付随する諸施設の設計を行った。

采る風景

作品概要

東京都には都市農業が存在し、後継者の減少や税金の問題で衰退が懸念されている。しかし農地は、環境保全や食の供給、教育、防災、歴史文化継承など、現在の都市が担うべき機能を有しており、なくてはならない存在なのである。そのため現状の農地の機能から新たなプログラムを提案し、住居を付加させることでアクティビティの多様化を図り、農業の活性化を促す。また今昔の農業は河川の水をくみ上げて行っていたことを活かし、現在は道路面より下にある河川のレベルに農地を作り、昔の風景を再生する手がかりとする。形態は野菜が育つ基準として6時間以上日照を確保することが条件となってくるため、日影図から決定する。現状では宅地化並みの税金を払わないと農業を行うことができない。しかし賃貸住宅に農地を付加することで税金のかからない農地が生まれる。そのため日影を考慮して軒を出すことで、レベルの異なる農地を最大限に作ることが出来る。賃貸農地・賃貸住宅は人の出入りが頻繁な都市ならではのプログラムであり新陳代謝を促す。人の流動性を生むことで、都市は活性化していく。今回の提案は言い換えると、都市自体の必要な機能を改めて再考するための実験である。

采る風景現代に紡ぐ農の暮らし
- 茅ヶ崎市旧矢畑村における農縁リビングの形成と竹造循環型建築の提案 -

茅ヶ崎市旧矢畑村地区は江戸時代から戦後に至るまで都市近郊の散村として発展してきたが、現在では新興住宅地の開発が進み、地主農家の屋敷林・農地と新興市街地の新旧が混在する街となっている。
地区内には農村時代の相互扶助関係を持つ地親類が残るが、新住民との繋がりが希薄であるといえる。農業の衰退・少子高齢化の進行により、両者には単身化や孤独化、空き家・休耕地の増加等の問題が発生しており、持続可能なまちづくりが求められている。
本修士設計は、残存農地を中心とした周辺街区を活用し、都市における農のある暮らしをテーマに新旧の住民を結びつけ、新たな長寿社会を視野に入れた「地縁」と「価値」を創出する“農縁リビング”の提案を行う。
農縁リビングはメインプログラムを農の体験交流、地域の未来を担う地域コンシェルジュの養成所とし、サブプログラムには地域課題より抽出したオープンキッチン等の交流機能を組み合せていく。
農縁リビングに整備する施設は屋敷林の竹や木材を利用したセルフビルドシステムを備えた“竹造循環型建築”の提案し、市民参加を通した施設整備を行っていく。
農村としての記憶を継承しつつ農による地縁と自然循環のある農の暮らしが創出される。本提案によって市街化した都市における農地と屋敷林はじめとした地域ストックの有効利用を行い、長寿社会の問題を解決させる農のある暮らしの可能性を指し示した。

高畠アグリベルト - 農業体験施設と地域施設の複合建築によるまちの再構成 

近年、農村の自然・文化を体験するアグリツーリズムが注目されている。アグリツーリズムは、農村のまちづくりのモデルとして期待される反面、農産物観光施設などハコモノの建設に終始するケースが多く、活動が地域に住む人々の生活に結びついていないといった指摘も少なくない。こうした状況を踏まえ、農業体験施設と地域施設の複合建築によるまちの再構成を提案する。設計対象地である山形県高畠町は米、ブドウなどの特産物を有する町であるが、少子高齢化の影響を受け、産業の衰退が進行している。一方で、利便性の向上により、観光農園の利用者をはじめ、農業研修を目的とした学生、さらに、有機農業を体験しようという農業従事者の訪れる機会が増加している。そこで、まほろば緑道と呼ばれる廃線跡地に作られたサイクリングロード沿いの3つの敷地に、それぞれコンビニと簡易宿泊施設、給食センター・カルチャーセンターと観光農園、宿泊施設とレストランから成る複合施設を計画し、沿線全体を既存の地域施設を含めたアグリベルトとして再構成することを試みる。地域住民と来訪者の使い方が少しずつ重なり合うように計画することで、それぞれの建物は地域住民の生活の一部でありながら、農業体験施設でもある建築になる。このように、これまで点在していた地域・文化施設と、新設の観光農園、農業体験施設をまちの軸に沿って統合することで、様々な関係が緩やかにつながる場を構想する。

登米市における農業施設の設計 - 企業形態を取り入れた新たな建築空間の創出 -

近年、我が国の農業に関して、減反政策や従業者の高齢化、食の安全性の問題などを背景に、自給率の低さが大きな社会問題となっており、食料不足の非常事対策が不十分であると言われている。一方、水田は我が国特有の広大な水辺環境でもあり、地域に根ざす従来型の農業は、環境・文化面においても重要な役割を担っていたが、保有し続ける事が困難となりつつある。そこで、国は農産物の自給率を高める一環として、2009年に企業の農地取得が可能となる改正農地法を成立させ、農業再生の可能性を大きく広げた。今後、このような農業政策を続いた場合、企業体としての農業経営が増加すると予想される。 そこで本論は、農業に求められるあり方の一つとして、企業形態を取り入れた新たな農業施設の計画・設計を行うものである。

畝のある風景
―「農」をコミュニケーションの核としたコレクティブ居住の提案 ―

窓から見える自分の畑。育てる喜びがすぐそばにある。獲れたての野菜はお隣さんと分けっこ。
たまにはみんなで収穫パーティーもいいね。あぜみちには生活があふれだしていて。集まって住むから豊か。集まって住むから楽しい。消え行く都市農地の新しい姿。畝のある風景。
地域資産として重要な意味を持つ屋敷林や都市農地をそのまま残すことは、残念ながら大変な困難を伴います。都市農地のリサーチやコレクティブハウスの見学など、フィールドワークを通じて実際の居住者の声を聞き、主の意思を組みつつ、現代的ニーズとの兼ね合いを図った提案を行いました。「畝のある風景」では、様々な世代、タイプの居住者が農業を核とした楽しそうな共同体を形成してゆきます。

「減風景考」 ~縮小を孕んだ拡大郊外における住農混在地域の更新~

目的は、ベットタウンの風景の再構築である。  

 私は、埼玉県浦和市に育った。見沼の田圃に程近いこの地は、かつていくつもの用水路が土を潤す農作地だった。人々は、農耕を生業とし、神を祀る社で豊作を祈り、林を纏う居に住んだ。そこには、人々がこの土地とつながりながら、営み、暮らす、原風景があった。  戦後経済発展の中で、東京は郊外へと拡大し、いつしかそこは、“ベットタウン”と呼ばれるようになった。東京で働く人々のための“ベット”とされたこの街は、日々の暮らしよりも経済性と利便性を優先し、乱開発された。結果、無計画に住宅が密集し、歩者分離されない車のための道が張り巡らされ、豊かな住環境とはいえない現風景が作られた。それでもその風景の中で育った私にとって、散在する林や畑は絶好の遊び場だったし、数少ない自然体験の場だった。

 日本は人口減少の時代を迎えつつある。それにともなって、社会や都市の構造は拡大から縮小へ変化を求められるはずである。しかし、今もなお人口増加の過程にある東京郊外では、従来型の乱開発が続いている。もともとわずかであった林や畑は消滅の危機にある。このままでは、近い将来、近自然の乏しい住宅地の中に大量の空き家が発生していくことになる。  
 本計画は、拡大の時代に生まれた不遇の住宅地ベットタウンの中に、人間が豊かに暮らす空間を見いだし、それを作り出していく減少の風景を描こうというものである。

『都市を取り巻く宅地における無秩序な街並み・景観に対する集合住宅提案
  -都市農地調査結果より-』

「都市農地」に注目しました。
川が、冬にはスケートリンクに、乾季には干上がりこどもたちの遊び場になったりするよう、猫の額ほどの都市農地が植物(里芋は人の背丈程にもなる)の成長によって、周囲の戸建住宅に迫るヴォリュームに変化することに驚いたのがきっかけです。

 都市を取り巻く宅地におけるミニ宅地開発や大量生産型住宅のスプロール。東京世田谷では400年以上も続いた農地が、すでに失われつつあります。現存するそれは都市農地として、ほぼ同じスケールで繰り返される宅地との隙間に、多様なボリュームで現存します。都市に農地が点在する状況は、矛盾を多く生み、良好な環境ではないと言えるでしょう。しかし、このような無秩序な状況も、少し離れた視点から眺めるとそれ全体で秩序を成しているようにも思えてくるのです。住宅と農地の奇妙な関係が何とも言えない面白さを生んでいるのではないかと思いました。そこで、これらの現象をプラス要素とし、集合住宅の提案をすることとしました。都市農家のあり方・地域とのつながり・都市における空地、これらを解決するものを提案します。全体構成としては、敷地全体を中心部に向かうゆるやかな穴とし、中心に集合住宅を据え、そこへ向かう傾斜が農地となっています。

~地域コミュニティー再生と町工場活性化計画~
  -大田区大森西地域の新しい産業振興のための複合型工場と集住体の設計-

本計画では、日本の基盤産業を支える大田区の町工場をとりあげ、職住近接を再考したものである。工場スペースが50から450平米の中小企業を対象に、私設事業体による総合設計制度を利用した産業振興を目的とする職住近接複合施設を提案した。47の工場が入居できる工場施設内に、大田区町工場の特徴を踏まえた技術開発が一体となった技術開発生産施設や、工場が密集することに対応させた工場内物流システム、密集した中でも居住性と開放性を確保した住戸施設、さらに地域社会に必要な施設の拡充と踏切の高架化等の周辺整備、工場の福利厚生施設を共有化した共用施設の計18施設により構成されている。 工場と住戸という相反する施設を、共用施設により結び、空間の連続性の中で職住近接による相互扶助の関係を具現化した。

東京開墾

空き家の一部を取り壊し,空き家の性格を引き継ぎながら農地とする提案.集合住宅は空き家に耕作地を持つ住民たちの農を中心としたコミュニティの核として機能する.

耕す群景

日本人は古来より,大地と共に暮らしを築いてきた.土地を耕し,作物を育て,自然の恵みを享受し,集落という共同体の中でお互いに助け合いながら生活をしていた.そういった日本人が持つ暮らしの原風景を現代へ再解釈した.共同体がつくる農の風景を,大地から連続する地層のコアに生業の衣を纏わせることで都市の中に生み出す.大地と共に歩み,暮らしを築きあげてきた日本人.そんな未来の原風景を描いた.

Farm Apartment

自然と共に豊かに暮らしていける集合住宅.農園によるアメニティ溢れる空間が四季に応じて変化し,賑わいを与える都市の顔となる.

連なる屋根の下で、-農地を継承し、用水路を生む郊外住宅の提案-

食の安全性や子供への教育的観点など都市生活者から農業への注目度が高まっている。また将来的な働き方の変化により、多様な農業への関わり方が生まれるのではないか。そこで、都市からほど遠くない郊外にある田んぼに住まう新しい郊外住宅を提案する。宅地が運河や道路に沿って連なる形態である列村に倣い、田んぼに沿ってカフェやレストランなどのさまざまなプログラムを含み屋根が連なるようなデザインとする。将来的に人が住まなくなった時にはこの建築は水路へと転用することもできる。農業への意識や労働形態が変わりつつある今、「郊外住宅の建ち方」は過渡期と言えるのではないだろうか。多世代が「農ある暮らし」を送りながらまちと繋がり、農地を継承していくための住宅の提案。

解かれる工場街

町工場という地域の資源に着目し、町工場を周囲に開放することで径の生まれる街の風景をつくる。敷地はものづくりの街、大阪府東大阪市。バブル崩壊以後、多くの町工場が閉鎖され、工場跡地はベッドタウンとしての開発が進められ、住工混在地域となっている。この住工の入り交じり方を新たに考える。既存の町工場を街に開放し、増加が見込まれる住宅を積層する。その隙間にそれぞれの機能が重なり合うような場をさまざまなレベルで設ける。外部をまたぎ、地元の商店や公共的な施設を巻き込みながら、場が広がっていく。人びとの活動がそうした場に反映し、その曖昧な道が、径となって新しい街の風景をつくっていく。    

互恵~地球を耕す暮らし~
​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now