セルフビルド Self build

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

裏小路の工藝舎
- 地域に開かれた段階的施工プロセスを用いた木密地域更新手法の提案 -

作品概要

 建築という行為が閉ざされている。

 つくるという行為は人間にとって根源的な行為であり、元来人は住環境を自らの手で開拓し、創意工夫をしながら互いに住むための場所を構築してきた。 しかし戦後の産業化を経てモノと技術と人の関係性が購入可能なものとなり、ものづくりを介した地域コミュニティは途絶えてしまったのではないだろうか。

 近年の DIY やセルフリノベーションを用いた建築作品の比較分析から得られた知見を「オープン・ビルド」と位置づけ、修士設計では筆者がセルフリノベーションを行った既存建物を含む神楽坂路地裏の空き家改修と路地の拡幅計画を一体的に行う更新計画をケーススタディに、仮囲いの中で人知れず街並みが更新されていくのではなく、DIYやセルフリノベーションを前提とした施工過程が地域の共有風景として開かれる施工を提案した。

 路地に面した街区内の構造形式や立地、築年数、用途など、それぞれが異なる既存建物に対して是正を行いながら路地に対して開くように減築、改築、増築、セルフリノベーションなど既存建物の要素を読み取り工種を掛け合わせながら段階的に建築的操作を加えた。

 住みながら改修を行う設計施工プロセスをソフトとハードの両面から提案することでヒト(地域 × アーティスト)とモノ(新旧の部材)がコト(施工プロセス)を通じて連関し、既存ストックが再生されることと地域のコミュニティが同時に進行する更新モデルを構築した。

移ろいゆく風煙
- 自然換気を生みだす移動空間の研究 -

作品概要

ベルヌーイの定理によって説明される自然換気には、無風状態では機能しないという欠点がある。そこで、本研究では、空間自体を移動させることで生じる相対的な空気の流れを利用して、自然換気が可能となる仕組みを考案する。次に、この仕組みが効果的に働くための空間形状と開口配置をCFDシミュレーションによって明らかにする。最後に、以上の検討に基づく小さな実空間の制作を行い、仕組みの有効性を検証するとともに、現代都市における新しい喫煙空間の可能性を提示する。

本設計では、相対的な空気の流れを生みだすために、空間ユニットを4輪車に載せて人力で牽引する仕組みとした。また、空間ユニット後方下部には給気口を、上部には排気口(排煙フィルター付き)を設置した。

実空間の利用方法は、観光地を巡ることを想定する。街の風景が見やすく、人の視線が気にならない開口とした。停留時には、2枚の壁を跳ね上げ、外部空間と繋ぐことによって、多くの人が集う茶屋のような場として活用する。これは、かつて宿場町間を駕籠に乗って移動する際に、茶屋に立ち寄り、休憩していた生活文化を連想させるものである。

これらの実空間の設計により、現代都市の新しい喫煙空間の可能性を提案する。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now