工業化住宅・生産住宅 Closed residential antithesis

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

分離と接続の住宅 公室の二極分離によって多様化する空間接続

作品概要

 日本の住宅は、可変的で自由度の高い空間から、「食寝分離」「寝室分離」「公私室分離」と居室の分離によって生活の質を向上してきた。
 しかし現代では、都市機能の充実によって資金さえあれば最早都市で生活できる環境が広がっている。このような社会背景の中でも戸建住宅は建てられ続けているが、周辺との関係を過剰に分離し、自己完結的な生活を送る住宅が多い。
 吉岡賞受賞作品の分析から得た多様な空間接続形式と、家族を守る「家族圏公室」都市を引き込む「都市圏公室」という2つの傾向を踏まえ、住宅が持つ豊かさを思考する。
 敷地は吉祥寺のサンロード商店街を抜けた住宅地。吉祥寺は駅周辺から都市計画道路沿いに伸びる商業地域と、一本入ると閑静な住宅地が広がる住居専用地域に明快に分離して計画することで、互いに住み分けながら発展した街である。
 私が設計するのは、生活機能が店舗機能と共有される3つの住宅。都市領域が住宅の玄関口から内部まで入り込み、周辺住民を招き入れる空間的奥行が生まれる。この小さな共有空間が住宅地に参加することで、住人同士の生活が接続される。これは都市から住宅への一方的な介入ではなく、住宅を主体とした都市との相互的な接続である。多種多様な住人の生活領域を周辺との分離によって守りながら、空間と機能の接続によって形を変えて現れる接客空間が、現代における住宅での生活を彩る場所となる。

​小さな家平成ミゼットハウス─減築による小さく豊かな住まい─

「ミゼットハウス」は、昭和34年に大和ハウス工業が発売した、坪単価4万円以下、面積10m2以下、工期3時間のプレハブ住宅の原点となる小さな家。既存の住宅やマンションの一部を減築し、そこに居職の場となるミゼットハウスを追加する。壁や塀を壊し、減築することで現況の閉じられた住まいに穴を開け、敷地や住宅内に光と風を呼び込む。近所の人びとが自由に行き来できるオープンスペースを生み出し、街と住まいをつなぐ。居職は女性が働き続けるための有力な手段。隣人同士でミゼットハウスを共用することもでき、起業のきっかけにもなる。ミゼットハウスを活用することで住宅地に眠るプロフェッショナルを呼び起こす。 

「空間パーツ」の組合せ
第10回長谷工住まいのデザインコンペティション
​日本の集合住宅

概要

 ICTの活用,ライフスタイルの多様化,コミュニティの新しいかたち,日本版CCRCへの取り組みなど,日本の都市や周辺環境には,これまでになかったさまざまな可能性や課題が現れています.それらに応える日本の集合住宅は今後どのように変化していくべきでしょうか.戦後つくられてきた集合住宅は物理的な供給量を確保するため,各住戸はコンパクトで高密度に集約され,主にプライバシーやセキュリティに重きが置かれていました.これらの集合住宅の型はこれまで一定の成果を生みましたが,今を生きる私たちにとっては必ずしも理想型とは言えなくなっています.また,高度経済成長期につくられた集合住宅は更新の時期を迎えています.そうした変化を伴う時期だからこそ,将来へ繋がる集合住宅が求められています.これまでの集合住宅の価値はユニット(専有部)の資産として捉えられてきました.しかし,生活に即した身近な関係を構築し,持続可能なまちづくりに貢献するなど,新たな資産価値として見出すことができれば,集合住宅もこれまでのスクラップ&ビルドから脱却し,公共の資産・社会の資産として,使い,育て,活性化させることができるのです.
それが未来にわたってまちに関わることを可能にします.日本の課題や可能性をふまえて考えることは,日本だけの問題ではなく,世界の新たな課題に応える提案となります.敷地は1960~1970年代に開発されたニュータウンの中の3,000m2.近くには駅やコミュニティ施設があります.これまでにない価値を持ち,周囲にも変化を与えるような,将来へ向けた新しい日本の集合住宅の提案を期待します.

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now