中間領域・媒介空間

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

IN BETWEEN
- インテリアからまちまで中間スペースを解釈する -

作品概要

過去20年で、タイ・バンコクは急速に発展し、年が拡大してきた。住宅街だったエリアはデパート・カフェ・クラブなど商業を中心としたプログラムに置き換えられ、独自のコミュニティが消えつつある。エカマイ地区もその一つだ。そこで、内と外の中間領域である between space を積極的に利用するタイのライフスタイルに注目し、その有効性を研究した。エカマイ地区に古くからあるコミュニティーを守りながらも現代の用途に対応できるよう、交差点にある長屋をリノベーションし、バリエーションに富んだ新しい community space を提案した。

各人が自分のニーズやアクティビティを合わせるスペースを利用しながら、周りの人とまだ対話できることだ。人々が自分の好きなスペースを利用しながら、周りの人にはまだ見えたり、話したりできて、お互いのインタラクションするチャンスも増し、コミュニティー感が発生する。また、全ての建物の一階部は多目的なオープンスペースにし、お店をコンパクトサイズにすることで、どの期間やどのプログラムでもオープンスペースを最大限に活用することができる。そして、各建物の同じレベルで広場をつくることで、各建物はプログラムが違っても、目線的に連続感ができる。

タイでは内部から外まで流れている between space を利用する習慣が特徴だと思い、本設計では、こういう between space の使い方を向上、小さなボリュームの中から流れ、お互いに連続し、場所にコミュニティ感を戻すため、様々な当てはめる可能性を実験した。

中間領域を取り入れた地域密着型認知症介護施設の計画
- 東京都三鷹市井の頭地域を事例として -

作品概要

認知症介護施設を計画するにあたり、手法分析シートを作成した。「新建築」を研究資料とし、主に認知症高齢者が共同生活を営むことのできる施設を対象としている。介護保険が始まった2000年から2015年を事例分析の対象期間とし、作品集30、建築的要素127を収集した。収集した建築的要素は次の7つに分類される。①多様な居場所 ②内部と外部のつながり ③空間の連続性 ④屋外空間の設置 ⑤周辺環境との調和 ⑥地域交流 ⑦住まいとしての環境、さらにカテゴリーごとに内容の整理を行った。これらの中には、居室と共用部の関係性、内部と外部の関係性など、中間的な領域について多くの工夫がみられた。そこで「中間領域」の重要性に着目し、実際の生活環境から中間領域の調査を行うこととした。「施設」ではなく「住まい」や「街」をつくるように計画をするため、実際の生活環境である住居と道の関係性に着目、道から住居の入口までの空間と、それに付随する住居の一部を切り取ってモデル化を行い、31の中間領域の分析を行った。さらに中間領域から次の8つの要素を抽出。①アルコーブ②庇③雁行型 ④フレーム ⑤垂れ壁 ⑥壁柱 ⑦連続性(列柱空間) ⑧透過性。これらの要素と手法分析シートから得られた考え方を用いて設計を行うために基本ルールを設け、ルールに従い設計を行った。中間領域は認知症高齢者の住まいとしての環境をつくる上で重要な役割を果たす。

あふれだす生活 - あふれだし・表出における豊かな動線空間をもつ多世代型集合住宅の提案 −

作品概要

集合住宅においてエントランスから住戸までの動線空間は地域と集合住宅、共用空間と住戸内とそれぞれの領域を繋ぐ中間的領域の役割をもつ。そこは、日常的な挨拶や生活の気配の共有など、住まい手同士のコミュニケーションを生む契機となる空間である。住戸内のインテリアや共用ラウンジ、ゲストルームなどの共用施設の充実に目が向けられる事が多いがでそうした住戸間の日常的な動線空間への関心は低いと言える。動線空間は単なる移動空間としての役割しかもたず、住戸前に、住民の生活表情や気配を感じることも少ない。しかし、多様な性別や年齢の人々が住まう集合住宅において、目的を持って集まる共用施設ではなく、日常の挨拶や気配の共有こそがより良いコミュニティを築くきっかけになるのではないだろうか。そこで本研究では動線空間にあふれ出し・表出が多く見られる事例を調査し建築的要素との関係を分析する。そこから抽出した設計手法を用い、動線空間におけるあふれ出し・表出に着目した学生寮を含む多世代型集合住宅を提案する。「豊かな裏空間の共有」「住民が関与できる余白空間の計画」「地域と住民のオーバーラップ空間の計画」の3つをコンセプトとし移動空間としてだけでなく生活空間の一部となる動線空間の提案を行う。

『動線に内在する言葉』 - 緩衝動線を用いた関係性の提案 -

単純動線から『緩衝動線』へ...

動線に意識を置いて設計することで現代のグローバリズムや経済性に食いつぶされない多様性を建築の内部空間や外部に取り戻すことを考えました.
『緩衝動線』とは私の造語であり,本論では内⇔外,都市⇔身体,公共⇔個人などの緩衝剤として互いをつなぎリズムを与え,滞留空間だけでは生み出されない界隈性のようなものを作り出す動線空間と定義しています。そのような動線を建築設計の中で,もちいることがグローバリズムや社会からの複雑な要求によって場所性や地域性が希薄になりつつある都市建築を見直すきっかけになると考えました.

本論において動線空間に特徴のある45の実例作品を分析した結果,ほぼ全ての動線空間が一定の動線周長(表面積)を獲得することが分かり,その周長を獲得する為の動線空間における形態的手法を大まかに5つの類型にまとめました.

そして,5つの類型について建築の持つ地域性,界隈生,場所生の視点から再度,45作品にたいし注意深く分析を重ね,それらを活かした2つの設計提案(書店,集合住宅)を行いました.

動線を緩衝空間として認め再度建築設計を見直すことで現代において淘汰された建築本来のノイズ的な要素や多様性を取り戻すことができるのではないでしょうか?

曖  昧  境  界  生  活  領  域
ワンルームマンション Re‐ コンセプト千葉の住宅市街地に建つ集合住宅改修計画

2020年、首都圏の住居の4割強が単身者の住処となるといわれ、その多くがワンルームマンションという“個室完結生活空間”である。
 本研究は、千葉の住宅市街地に建つワンルームマンション“コルテ松波”の改修計画を通して、本来の“個人の生活空間の豊かさ”とは何なのか、地域社会の中で孤立してしまった単身者が、これからの地域社会・都市を自ら形成する側となる住居とはいかなるものか、これからの単身者居住のあり方と住コミュニティ形成の可能性を探り、単身者の住処の存在自体を考え直し、再構築することを目的としている。
 個人の豊な生活空間とは、生活という時間軸において、モノや行為によって緩やかな境界があり、その時々に合わせて、“居場所の伸縮と更新ができる住宅”だと考える。個人が個々に感じるプライバシー・個人の生活領域(テリトリー)を保ちながら、生活行為が広がる生活空間を十分に確保することによって、実現できるのではないか。
【操作1】それぞれの生活空間ごとに、共用する“人数・その空間の場所・広さ”を、事例や居住実態調査を通して得た分析をもとに考慮し、生活領域を確保、生活空間を組み替え直すことで、個人の豊な生活空間を再構築する。
【操作2】個室空間と共用空間の境界を棚という面で領域化し、そこにあらゆる行為に伴う様々な性格を帯びたモノを所有することで、その性格は時々に合わせて変化し、個人の生活空間の境界は曖昧となる。

連続離散空間モデルによる建築設計手法

私たちは、都市やインターネット空間において、部分と全体を連続的又は離散的に認識することを、無意識に繰り返して生活している。このように認識上、連続と離散という背反する概念が表裏一体の関係にあることを「連続離散」と定義する。
 本修士設計は、「連続離散」の概念を建築空間に応用した「連続離散空間モデル」を用いて、部分及び全体の関係性が認識により異なり、その状況や人に対して柔軟に適応する建築設計手法の作成を目的とするものである。都市やインターネット空間及び既存建築に見られる「連続離散」を分析し、分節壁における開口の配置方法を、視覚的関係性によって空間を等価に評価するIsovist(等視場)の概念を用いて考察し、3タイプの「連続離散空間モデル」を導いた。それらを公共建築でありながら私的空間性が高いメディアテークに応用し、分節壁の開口操作によって、視覚的に空間が部分とも全体とも認識可能となり、状況に応じて空間認識に変化が与えられることを確認した。本設計手法は、多様な用途を内包する建築に対して、人々に空間の認識を委ねることにより、それぞれの状況や人に柔軟に適応する建築設計手法として有効である。

「空間連続体」の分節に関する研究

都市という漠然とした空間の中でひときわ魅力的に映る場所がある。それは都市の中の「道」である。道は都市の中の連続した空間である。道には扉もなければ、歩みを妨げる壁も存在しない。
都市の中は様々な機能、用途で溢れている。それらが道という連続した空間によって繋がることで、そこで行われる行為が相互に影響を及ぼしあい、様々なアクティビティを発生させる要因になると考える。そのような都市的な状況を建築空間に取り込むことで、空間、機能、行為に新たな関係性を作り出すことが出来るのではないだろうか。
そこで私は建築空間にみられる連続した空間に注目しようと考えた。その連続した空間に様々な機能を内包することが出来れば、都市的な状況を建築空間の内部に作り出すことが出来るだろう。
本研究は物理的に壁や扉で仕切られていないひとつながりの空間を「空間連続体」と定義し、(1)空間連続体と隣接する空間の境界面の扱い方 (2)体積と分節手法の関係性 を明らかにし、それらを応用しプロジェクトを行ったものである。

道を縫う家、にじむ暮らし。

道は「出会い」の魅力を持つ場である.向こう三軒両隣といった地方の親密なコミュニティは,道端での出会いから生まれた.私たちは身近で小さな関係を大切にする地方の暮らしを尊重し,小さな出会いが連鎖するような集合住宅によってストリートを再生させようと考えた.この集合住宅は道空間と住空間が互いを縫い合わせるように干渉し合う.各戸の敷地が道をまたぐことで個々の暮らしが道ににじみ出す.逆に各戸の間を道が侵食することでコの字型の共有部が生まれ,隣り合う住人同士のコミュニティを育む.道をまたぎ縫うように連なる集合住宅によって,地方のストリートは暮らしの風景を幾重にもまとい,出会いの連鎖を生み出す場として再生される.

街まとう宿 —動く壁が織りなす2つのストーリーの共生—

街を賑わせる「観光」は私たちにさまざまな出会いの魅力を教えてくれる.しかし,多くの旅行客は街並みを眺めるような表面的な観光のみで,その土地で育まれてきた歴史や文化を充分に堪能できていないのではないか.そこで今回私は,ゲストハウスと商店街を合わせた集合住宅を提案する.住人と宿泊者であるゲストの生活や時間に合わせて可変する壁が動き,内側に路地のような拡がりを生み出すことで,住人やゲスト,そして街が共生する集合住宅となる.住人やゲストといった多様な人々が訪れ,出会い,共有する.そして,ふたつのストーリーは交じり,融合し,ストリートに人々の生活をまとった新たな風景を生み出す.

50戸の住戸と50戸の番屋の集合住宅

「街っぽさ」とは街に住む人々と,目的を持って街へやって来た人々によるさまざまなコミュニティが生み出す残像のようなものである.日本の漁村には古くから「番屋」という漁師の住戸兼作業場であり人々の交流の場,旅人の宿泊の場でもある街っぽさを持った建築が数多くあった.番屋を集合住宅の住戸に隣接するように組み込む事で,住人や目的を持った人々,地域の人々が集い交流し,新しいコミュニティがつくられていく.さらに連続した庇空間を立体的に積み上げることにより外部と内部,住戸と番屋は緩やかに繋がり,開放的で集合住宅全体に界隈性をもたらす「街っぽさのある集合住宅」となる.

居心の家

西山卯三による寝食分離論が提唱されたのは70年以上前になるが、私たちは現在でもその延長であるnDKの概念に基づいた家に住んでいる。しかし、シェアハウスや職住一体など変わりゆく現代の生活にそのnDKという考え方はそぐわなくなっているように思える。そこで、「寝る」ということに着目し、ネコのように居心地のよい場所を見つけて自然と寝てしまうような、「寝室のない家」を提案する。稼働率の低い「寝室」という空間をなくすことで、たとえば廊下を大きくして寝る場所を設えたり、住宅の規模が小さくなり庭や中間領域などもっと豊かに生活できるような場所ができ上がる。「寝る」という人間の根源的な欲望を改めて考えていくことで建築や都市は進化していくのではないだろうか。

​道に住まう、道にある家

人が呼吸する対象がさまざまな物質が流れている空気であるならば、建築は多様なもので溢れかえる「みち」ではないだろうか。人や動物、風や光、音や視線...そんな「みち」を家が上手く吸い込むことができるなら、常に多様な因子で溢れかえり、普段の生活より豊かになるのではないか。「みち」を吸い込み、「みち」に寄り添う家、あたかも「みち」の上に建っているような家を提案する。街の生活インフラの延長としての「みち」を家の中に引き込み、屋根壁により「みち」の領域を家の内部まで拡張させる。さまざまな抜けを介して取り込まれる光や風や雨、街のようにさまざまな世代間の交流や活動は、「みち」からそのまま住戸内部へ浸透し、循環していく。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now