サステナブル Sustainable

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

ポストコロニアル
- コロニアル都市カスコ・アンティグオ(パナマ)の未来都市への再編 -

作品概要

パナマ運河の影で消えゆくコロニアル都市、カスコアンティグオ。スペイン植民地時代の栄華の面影もなく、その街並みは消滅するのを待っているかのようである。

首都パナマシティに位置するカスコ・アンティグオは1903年〜1999年までパナマ運河の建設・管理・運営の目的でアメリカからの事実上の支配を受けていた関係で人口の減少、スラム化が進んでいる。また、パナマ経済の中心であるパナマ運河が海抜26mの人造湖からの高低差を利用した閘門式運河であるため、湖に貯まった淡水は最終的に海へと流れ突発的な断水が起こり、住人達は不便な生活を強いられている。

本計画は、パナマ運河の排水を利用し、コロニアル都市がサスティナブルな都市として生まれ変わることを目指していく。全体計画は水量調整域、取水堰、導水管、給水口、着水井、浄水場、浄水発生土を利用した住宅のプロトタイプからなる。コロニアル都市が将来に渡り残り続けられるよう最先端の技術を取り込み、浄水の過程を一体的に提案する。浄水場計画地に隣接する建築職人育成学校と連携し、浄水発生土を利用したレンガの制作、販売を通し、コロニアル都市の街並みの保全を行う。貧困層の住人の就業支援は住人による長期的な開発、発展を見据えた活動の一部となり、カスコ・アンティグオの未来都市への再編に繋がっていく。

温熱環境シミュレーションに基づく緩衝領域に着目した都市型住居の設計プロセス提案

 温熱環境シミュレーションをデザインツールに加え、複数提案した建物モデルを定量的に把握しながら、より上位の構造をそこから検証していく。建物内外の緩衝空間に着目し、都心に建つ住宅のあり方を温熱環境面からアプローチすることにより再考する

サスティナブルデザインによる既存建物の改修手法の研究 -関東学院大学工学館改修試案-

「サスティナブル」は,今や世界中の人々にとって,もっとも普遍的なテーマの一つになっている.
「地球環境問題」について,私たち人類は国際的な取り組みを始めたばかりである.しかし,人間は生きていく限り,開発・経済活動をまったく停止することはできない.そこで地球環境の保護と人類の開発・経済活動が両立(持続)できることに価値を見出そうとしている.この発想から生まれた言葉が「サスティナビリティ(Sustainability:持続可能性)」である.
それは建築設計においても同様で,「サスティナブルデザイン」を伴わない設計は,今後難しくなっていくのではないかと思われる.
そこで本研究においては,そのサスティナブルデザインをテーマとし,その設計手法の体系化,事例研究を行い,築40年経つ関東学院大学工学館の改修設計に応用し,ここにおける設計行為におけるサスティナビリティを検証することを目的とする.
具体的には, まず「サスティナブルデザイン」と「リファイン(改修)」の現存する手法を調査, 分析しその後, 関東学院大学工学館の改修設計の中でその手法を使用するといった流れになっている.

室を受け継ぎ戸になる家

戦後、核家族を前提に生まれた「nLDK型住宅」の概念は、各部屋を分離し、住まい方を固定したことで、多様な現代社会を許容できなくなっている。家族形態や生活様式の変化に対応できなくなり戸建て住宅やnLDK型住宅が過渡期を迎えている今、多様な世帯構成を受け継ぎ、柔軟に許容できるサスティナブルな住宅が必要ではないだろうか。そこで状況によって柔軟に変化することが可能な「ひとつの室がひとつの戸になることができる戸建て住宅」を提案する。多様な暮らしを許容する器となった住宅に暮らしを集積させ、住まいの歴史を継承する街が形成される。

住宅が育てる住宅

住宅は、その機能を失えば建て直すスクラップ&ビルド時代を経て、耐用年数の異なるスケルトンとインフィルとを別で考えるSI住宅の考え方が生まれ、サステナブル時代となってきた。しかし、自然エネルギー利用は近年発展を見せているが、太陽光パネル、地熱利用などに留まり、それは自然エネルギーを人間の使いやすいエネルギーに強制的に変えているに過ぎない。住宅が環境から断絶するツールである以上両者の関係はこれ以上改善されない。もし自然要素そのものを建築に取り込み、人が自然を活用し、貢献する関係が維持されれば環境と共生する住宅になるのではないかと考えた。 

20XX年、自給自足する都市

バイオガス発電,ブランコの運動,雨水貯水道,太陽光発電,フィットネスジムなどエネルギー源となりうる環境装置を「Seedling」(苗),これらを組み合わせて生み出される場を「Field」(畑)と考え,循環サイクルが可視化される場が「公」として地域に享受される未来の都市を描いた提案.「Field」(畑)は太陽光発電×バイオボックス×充電スタンド×畑や,ブランコ×シーソー×温室栽培×カフェなどさまざまな組み合わせがあり,ネットワークを築くことで,地域間で補完し合いながら自給自足のエネルギー生成を実現しようというもの.エネルギーの生産状況や,地域間のやりとりは,スマートフォン上のアプリを介してモニタリングできる.

Public On Line

現代社会において水と同様に不可欠なインフラである「電気」を,太陽光・風力・潮力・音力・振動力の5つの発電機能を含んだ線「line」によって可視化し,世界中に張り巡らせようとするプロジェクト.「line」は生活のためのインフラ,文化活動のためのツールなどさまざまな用途に対応する.また大陸と島国を,あるいは異なる宗教間を物理的に繋ぐことができる.デジタルが発達しオンライン上で簡単に接続できる時代だからこそ,「世界はリアルに繋がっている」ことを明示させることが意図された.

第8回ヒューリック学生アイデアコンペ
Legacy@Sendagaya

概要

今回のヒューリック学生アイデアコンペの敷地はJR千駄ヶ谷駅徒歩1分、東京体育館に対面しています。かつてのオリンピック・パラリンピックが当時の日本を盛り上げ、開催後も有益なレガシーを残したように、この敷地に今回のオリンピック・パラリンピックのレガシーとなる施設―Legacy @ Sendagaya―を提案して下さい。オリンピック・パラリンピック開催後も有効に機能する、ビルディングタイプにとらわれないサスティナブルな建築デザインと事業スキームの提案を期待します。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now