両義性・曖昧性 Ambiguity / ambiguity

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

両義的な空間 - 平面構成からみる建築設計の提案 -

作品概要

本研究は、複合化する公共施設の機能を緩やかに繋ぐ方法を、平面構成によって見出すものである。プログラムが複雑である公共施設では、あらゆる市民が親しみを持って施設を利用可能とするために、部屋と部屋のつながりと快適性は極めて重要な条件である。それを実現するために本研究が注目したのは、1950年代におけるオランダ構造主義の両義的空間概念及びその実践である。両義的な空間とは、空間が対照的でありながら、開—閉など相互補完な関係のある空間をいう。その手法の設計研究である。
本研究は、オランダ構造主義の作品を中心とした作品事例の調査からはじめ、単純な空間モデルの重ね合わせによる複合でも、その方法によって、両義的な空間の構築は可能という結論を得た。それを具体的な敷地で実践するものである。

敷地は北海道函館市南芽部地区である。最近、縄文時代集落の遺跡発掘で注目されている。一方、財政難のため近接する5つの町の段階的な合併が繰り返され、5つの町の公共施設が集約されることが既に検討されている。本研究では、地区の中心となる図書館を含む市民センターを縄文博物館と併置した計画である。
両義的空間は、本研究が提案しているふたつの平面構成によって実践されている。L字型ユニット壁とL字壁とずれた天井ユニットによる平面構成である。L字型ユニット壁は博物館来館者の導入する展示壁であり、接する市民センターと緩やかに隔てるものである。市民センターの機能は、天井ユニットによって平面的に領域化されている。このふたつの平面構成は、流動的でありながら利用者にとって判りやすい空間を可能にするものである。

裏街広場キャンパス化計画 ~『地』と『図』の関係性にみる建築と都市~

『建築に都市を内包する』
 この言葉の魅力に取り付かれて以来、作品を作りながら自分なりに答えを探ってきた。この研究も、都市という抽象的で捉えようのないもの、さらにはその魅力というものを少しでも説明したいがために行ったものである。
  まず、都市で用いられる『街路』という言葉を建築内部で用いた例を分析することで、そのきっかけを求めた。
 その中でも、『地』と『図』の都市構造の関係性をメタファーに建築が作られているものがあった。
  このような建築作品の特徴として、『地』の空間は、『図』と明確な違いを保つことで部屋と部屋をつなぐという緩衡帯の役割を持ちつつも、活動が溢れているという、両義性を獲得した空間が実現されていた。
  『地』という空間を表の空間にすることが、実際にできているのだから、都市の中で、同じように『地』と『図』の関係性を持ち、『地』が裏となっている場所があれば、それを表に変換することができるのではないだろうか。
  こういった流れで、計画されたものは、結果的に都市と建築の中間の構築物が出来上がったと思う。
  ここに、『建築に都市を内包する』に対するひとつの解答を見出すことができたと考える。

美の参道

表参道に出現した『美の参道』とは、広場を含んだミュージアムの提案である。

都市間競争が一層激しくなる現在、都市に対する課題は多い。広場のあり方もその一つとして挙げられるであろう。ニューヨーク、パリ、ベルリン、ロンドン、上海、シンガポール。世界の都市には豊かな広場が存在する。東京において、それは欠如しているのではないか。そこで、私は広場に着目し、今回のプロジェクトを進めた。『美の参道』では広場を建築に内包させることにより離散的で多様空間を獲得し、
以下、三つの特徴を持つ。
第一に、ミュージアムの所々に大小様々な広場を貫入させ、相互に入り組んだ空間構成にすることで多様な雰囲気の差異をつくりだした。表参道という華やかな雰囲気を内部空間に取り込むことで、静寂になりがちな美術鑑賞の場に躍動感を与えた。

第二に、空間に「図と地」いう一つの概念を取り入れることに徹した。
様々な概念を捨象し、図と地の概念に徹することで、全体のコンセプトを明瞭なものとした。

第三に、都市性という性格を建物に持たせた。具体的には二次元的な空間操作ではなく、縦方向への視覚的な抜けをランダムに配置することにより、多様な空間の質の違いをつくりだした。

そうすることにより、『美の参道』全体が表参道界隈の広場・ミュージアムとして機能し、街全体と一体的な建築空間になる。
つまり、従来の建築空間の文脈に無い新たな建築のあり方を提示している。

イエの,ヌケガラ

この提案は隣り合った三軒のイエのリストラクチャリングである.
商店の並ぶこの通りにある三軒のイエは外部に対して閉じてしまっていて何か街に対して暗いイメージを与えてしまう……そんな三軒のイエをここで想定する.イエはヌケガラを残し,街と共に成長していく.ここに連続性を中断するように建ち並ぶ三軒の戸建て住宅.築30年程度のイエを壊すことなくその記憶の集積を溢れ出させ,リストラクチャリングし,新しい商店街として街を活性化させる.「ひとつのイエには,ふたつのイエがある」外部となった内部(ヌケガラ)は街に開き,ここに新しい商店街を展開する.記憶を継承しながら,周囲の建物と仲良くなれる,三軒のイエができ上がった.これが,僕等のイエと街に対する忠告であり,メッセージである.

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now