ヨーゼフ・ホフマン Josef Franz Maria Hoffmann

チェコのピルニッツの生まれ。ブリュンの国立工芸学校に学び、卒業後は、ヴュルツブルクの軍事施設建設局に勤めた。その後、ウィーンの美術学校に進学し、カール・フォン・ハーゼナウアーオットー・ワーグナーの下で研鑽を積んだ。ワーグナーの仕事場でヨゼフ・マリア・オルブリッヒの知己を得て、後にクリムト、オルブリッヒらとともにウィーン分離派を立ち上げた。セセッション館の内装も行い、中心メンバーの一人として活躍したが、1905年に分離派を脱退した。1906年、自ら手がける初めての大作「プーカースドルフのサナトリウム」を建てた。オーストリアで登山鉄道を運営していたオーストリア、ベルギーの合弁の鉄道会社の顧問アドルフ・ストックレーと知り合い、この出会いから、ブリュッセルの別邸(ストックレー邸)の設計を依頼され、その建築に当たる。これは、直線的な装飾を用いたウィーン分離派の特徴が表れており、建築史上に残る彼の代表作となった。ホフマンおよびウィーン工房が装飾、家具、食器、庭園までをデザインし、クリムトが食堂の壁画を描いたことでも知られる。

こうした経過のなか、ホフマンの様式は現実的で実用的なものに絞られていった。1936年でウィーン芸術工芸学校を退き、年金生活に入った。第二次世界大戦後、彼はヴェニスの国際ビエンナーレのオーストリア代表や芸術審議会の委員など公的な役職を数多く歴任した。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now