ノーテーション Notation

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

接続のウムヴェルト- ミュージアムから読み取る”行間”の空間体系研究 -

作品概要

谷川俊太郎の詩において、“行間”は語句や文を強調し、リズミカルな統一性をもたらす要因として作用している。音楽・絵画・映像作品、様々なジャンルにおいて行間は「間」や「ひとつの契機」として作用している。建築においても同様に、行間とは豊かな空間体験を建築に付与するものであり、行間が「建築の全体を獲得するひとつの手掛かり」であることを明らかとするプロジェクトである。
ミュージアム建築を対象に事例研究を行い、行間空間の所作の抽出・考察を行う。抽出された行間の空間言語を再構築し、16の空間アイコンと7の空間モデルを作成した。これにより行間の所作は『建築の外部環境下においても作用し、「日常空間へ波及する」ものである』と推測され、設計提案にてその有用性を模索する。
調査対象地として上野恩賜公園を選定する。当公園の潜在的価値である花見・蓮見の文化は日常的には余白の中に埋没したものとなり、豊かな地形的特徴は面的に処理された動線が配されるのみとなっている。その2点を糸口とした空間を検討する。
“行間”の連鎖的所作を日常空間へと転換するため、余白とも捉えられる公園空間に点在する「行間の空間装置」を提案する。そこに生じる小さくとも確かな接続は、その次なる接続の好機を与えるであろう。
接続のウムヴェルト、些細な接続の集合によってアウトラインが浮かび上がる、緩やかでありながらも確固たる建築体系の習作である。

建築のセリエリズム
- 外濠更新にむけて -

作品概要

都市での空間体験を記述し、音楽理論を用いて建築に落としこむ手法(セリエリズム)を提案する。空間体験は一つの楽曲を聴くことに似ている。空間体験は視覚する面の比率の変化を追い、音楽は音の振動数比を追うことで認識している。都市の空間体験と建築の空間体験は音楽を介することでつなぐことができるのではないか。ダイナミックな空間体験が展開する外濠周辺地域(飯田橋〜市ヶ谷間)を対象とし、「絵になる風景」ならぬ「音楽になる風景」を見つけ、建築化・音楽化を行う。外濠の雄大な水空間は、東京の都心にフィジカルな環境として受け継がれつつも、その重要性や魅力が人々に気づかれていない。周辺の高層化や道路拡幅によって取り巻く環境が劇的に変化し、都市の虚としての外濠が取り残され、どう継承し育てるかが問われている。建築は「凍れる音楽」と表現されるように両者の密接な関係性について論じられてきた。古いものではヴィトルヴィウスの建築書の中で言及されており、本設計は音楽を介して新たな都市の風景を再構築する試みである。外濠に散りばめられている断片的な風景を機能の持たない建築として置き換え、その間に「セリエリズム」による空間体験を挿入していく。建築体験を通じて、外濠の断片的で不連続な体験が連鎖的に紡がれていく。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now