コミュニティの希薄化 Diluted territorial community

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

コミュニティの継続を意図した住環境の提案

作品概要

 近年、密集住宅市街地では転入者は増え顔なじみが減り、以前のように密にコミュニティを維持することが困難になっている。コミュニティが継続するには、まちに人の活動や気配が表れ、関係を持ち、様々な変化を受け入れられることが重要なのではないか。
密集住宅市街地である横浜市磯子区森3丁目を対象に、塀や道、植栽、庭など住環境を構成する空間要素に関する現況調査を行った。このまちは路地や植栽が豊かで奥まっている場所や開発が進んだ商店街に面し外へと開かれた場所など様々な特性をもつ地域である。また、地域には福祉施設や病院、学校などの住人を支える地域資源が点在し、まちでは老人会などのコミュニティや奥まったみちには井戸端会議などのコミュニケーションを見ることができる。
本提案ではまず、場所ごとの特性を見出し、建築のデザインコードとして通路、棚、踊り場、煙突を導き出した。
次に、この場所に新しく住む住民像を設定し、地域の人や福祉施設などの地域資源との関係を結ぶ接点空間をもつ集合住宅を提案した。
集合住宅は「住」の多様性を生み、まちの医・職/食と交わることで、様々な生活様式の人や高齢者、子供などが生活しやすい環境を作る。集合住宅により、人やまちの接点を生み出し、コミュニティが継続する住環境の計画していく。

前庭のある集合住宅 - 都市型集合住宅の提案 -

作品概要

都市に住むということは利便性に優れているが、その一方で開口部が面していることで周囲の視線の交わりが気になり不快に思うようなことも多々ある。このことから、都市で快適な居住環境を確保するために建築のデザインが出来る事を探る。

都市型集合住宅は住戸密度を上げるため窮屈な住居となってしまう場合が多い。その中でも採光、通風、プライバシーを確保しながら、十分な居住面積を得る必要がある。都市型集合住宅の条件として、住戸密度を上げること、プライバシーの確保(集合住宅内外)、開口部(採光面)の確保、個々の住戸面積を確保することを目指す。側面からの採光による共用部分の最小化、メゾネット型住居による視線の高さの衝突緩和、そして「前庭」による開口面の確保とコミュニケーションの提案を行う。

集合住宅に設けられた前庭空間はガーデニングを行ったり、子ども達が自由に遊んだりすることができる空間であり、住民がそれぞれ好きな空間をつくることができる屋内外の中間領域として機能する。そして、廊下や階段に隣接して前庭空間を設けることで、開口を設けられる面が増える。この結果、外壁面の開口を最小限に押さえても前庭空間を設けることで居室部分に十分な通風や採光を得ることが可能である。また、前庭は各住戸の専有空間でありながら、集合住宅の共用空間として、住人同士のコミュニケーションの場としての機能も期待できる。

接地階のあり方からみる街に開かれた集合住宅の提案

作品概要

 近年、住環境において地縁に基づく人間関係の希薄化が問題視されており、コミュニティとプライバシーにおける時間的・空間的調和をどう建築的に捉えるのか、集合住宅の設計において昨今の課題の一つとなっている。このような課題を踏まえ、今後も増加傾向にある集合住宅において、建築的な試みにより、地域とつながる提案が求められていると考えられる。そこで近年増加傾向にある接地階を街に開いた集合住宅を対象に、図面調査、大家と居住者へのヒアリング調査から、接地階を街に開くための条件と空間構成、空間要素を導き出し、集合住宅の提案につなげる。敷地は所々に農地が残る東京都世田谷区北烏山9丁目とする。コンセプトは、コミュニケーションツールとしての農を介した、接地階を街に開く集合住宅である。調査で導いた空間要素を接地階に取り込み、屋上は世田谷で生産される野菜の栽培方法から6種類の屋根の架構を決定する。本計画では、運営体制と接地階の空間構成というソフト・ハード両面から接地階の開き方を提案する。接地階を街に開くことで、居住者同士の縦のつながりと、大家、地域住民との横のつながりが生まれる集合住宅となることを期待する。

周縁のつむぎ 斜面林からはじめる郊外住宅地の再考

作品概要

郊外住宅地の台地の周縁に残る斜面林沿いにつくる「高齢者のための家」の計画であり、「地域の人にとっての居場所」の計画である。そして同時に、機能によって明確にわかれてしまった家や道、農地等をつむいでゆく計画である。
「高齢者のための家」の計画とは「高齢者のための居場所」の計画であり、ここでいう「家」は「生活する居場所」である。「地域の人にとっての居場所」も同様で、どちらも「家の拡張、もうひとつの家」といったイメージである。
敷地は千葉県市川市大野町。農村が宅地開発されベッドタウンとなった、ありふれた風景の広がる地域である。
対象敷地は1kmほどの台地の周縁部に残る斜面林沿いで、台地の周縁部は農家や近年の新しい住宅地による、ミニ開発によって出来た細い道や、私有林によってその環境にむらがある。リサーチを重ねることで、地形や斜面林の性格を評価し、斜面林沿いの修復や環境保全と同時にプロジェクトを展開する。対象地域の接する畑や住宅は、今も増えている耕作放棄地や空き屋などによってストックで溢れてゆく。この斜面林沿いが新たなネットワークとして機能することで、接する場所を利用することが出来る上に、ここに残る生業や空き家を有効活用する手だてとなる。
台地の周縁をつむぐという、郊外住宅地の更新のあり方の提案である。

『つなぐ住まい』
- 記憶に関する住まいの提案 -

作品概要

現在、家族構成は多様化してコミュニケーションが取りづらくなり、情報社会の発展により必ずしもご近所でのコミュニケーションを取らなくて良くなったように感じる、現在では以前に比べ近所づきあいは少なくなっている。現代の日本にとって、ご近所づきあいはいらないものになってしまったのか。情報技術の発展により昔より近所という狭いコミュニティーに固執する必要はなくなったと思う。しかし、情報機器が使えなくなった場合、また緊急を要する事態などにおいて近所同士での助け合いは欠かせないものとなる。私は現代の日本に合った近隣コミュニケーションのあり方とはどのようであるべきかを考え、昔と違って多様な関係性が一つ一つの家庭間である中でそれらをうまくやりくりでき、昔のように近隣コミュニケーションが活発になる提案をする。

おもて、うら、土間という考えをもつ家を考える。新しく提案される住戸は共有空間にくっつくかたちになっている。この共有空間は近所の人達と交流をもつ場だ。近所の人とは同じ共有空間を使っている人だけではない。元より住んでいる人達もだ。新しい住戸はお客さんをもてなす空間をもつ。そして、それとは別にプライベートの生活空間をもっている。共有空間をもつことで、お客さんをもてなす空間と、プライベートな生活空間をもつことができる

High-Tech“NAGAYA”

High-Tech“NAGAYA”は、共同生活や環境面において優れていた江戸の集合住宅「長屋」を高齢化におけるコミュニティの喪失等、様々な問題を抱える現代集合住宅へと応用することで解決を図ろうとする計画である。敷地は東京都中央区月島。明治時代から残る街並と無計画な大規模マンション開発が混在する場所である。この提案では並列した長屋空間を互いに蛇行させ各戸はこの屋外空間とダイナミックに連続している。屋外は単なる通路ではなく人々がシェアしながら利用できる生活空間でもある。各戸は基本的にワンルームで江戸時代の長屋のように道具を変えることにより朝は朝食ルーム、昼は仕事部屋、夜は寝室といった具合に機能を自由に変えることができる室礼(しつらい)という伝統的生活空間を用いる。それにより食寝分離を意図したLDK形式の居室を減らし環境負荷の軽減や、空間的な無駄を省くことができる。他にも各住居間を繋いだ共有スペースである縁側空間、夏熱せられた空気を上部に逃がすための坪庭空間、打ち水、気化熱による自然冷却のための水盤の配置が屋外に作られる。全体として二層構成であるが二階へ上がる階段は生活空間である屋外空間に面していて人と人の出会い、繋がりを促進させる装置にもなっている。

新宿区西大久保公務員宿舎跡地における都市型集合住宅の計画

近年、人のつながりの重要性が高まっているが、現代の都市部において隣人関係は希薄化している。その結果生まれる社会不安を防ぐためにも、集合住宅は新たなコミュニティ単位としての役割を担うべきである。そのために、集合住宅を地域の一部として位置づけ、人々がつながりを持って生活する風景を生み出す必要性がある。

 

計画敷地の西大久保公務員宿舎跡地は、多種多様な人々が共存している居住地としての歴史を持っているだけでなく、区の課題として考えられるファミリー層の定着化を図る事が出来る。そうしてコミュニティの熟成を図りながら、調査によって抽出された都市機能施設を複合する事によって、地域全体に寄与する事が出来る。また、段階的なコモン、集合単位形成によって、住人同士が補完しあいながら住まう環境を構築する。

 

それら設計要素を立体的に構成し、住戸から都市までがシームレスにつながった、都市の一部としての集合住宅を提案する事で、未来の社会構造に応える集合住宅を設計した。

隙間の集落 一室のスケールと都市のスケールの間で、街歩きするように行き来しながら生活する場所

一部屋のスケールと都市のスケールの間で、街歩きするように行き来しながら生活する場所を提案します。
東京都港区南青山にあるこの敷地は、商業施設が建ち並ぶ通りから一本奥に入った場所にあり、多くの人がここまで来るけれど引き返して行くような、丁度住宅地と商業地域の境目に位置しています。その境目を縫い合わせるように、101棟の背の高い小さなビルを路地のような隙間を開けながら建てます。この建ち方は、住宅地の路地と中規模商業施設の高さを反映しています。また商業地域から住宅地へとボリュームの大きさも小さくなっています。
一部屋程度の小さなビルは、都市の中に部屋が散らばっているように感じ、細くて背の高いシルエットは高層ビルが建ち並ぶ摩天楼のようにも見えます。
101棟には小さいながらも、そこに暮らす人々とここを訪れる人々の為の様々な機能があり、周辺環境と結び付きます。地階に近い所では人々が自由に歩き回り、高く登って行くにつれ都市から個人の場所になっていきます。ビル同士の路地の谷間では距離が近いため、様々な物が目に入って歩き出したくなります。お気に入りの場所を見つけながら街歩きすることで、都市の中で落ち着けるリビングのような場所が増えていきます。
そして個人がより身近に都市を感じ、楽しめる関係を探すことができる場所となります。

キョウドウ・アパートメント 多様な人々が共存する都市的な状態をもつ住宅地

都市では、ある場所に定住している人々、その場所に偶然通りかかった人々など、互いに関係が希薄な人々が空間を共有している状態がみられる。このように、ある場所における人々の集まり方が多様であることが都市の特徴であり、魅力のひとつであるといえる。建物においてこうした状況がみられるのは、大型ショッ ピングセンターのように多様な用途が隣り合う建築である場合が多いが、これは建物において都市のミニチュアを作っているに過ぎないと考えることもできる。本計画では、少数の用途でありながら、空間構成が主導することにより、多様な人々が空間を共有し合う状態、即ち<都市的な状態>を生み出す方法を構想する。

「都市に浮遊する」

西洋の建築思想の根底である組積造の開口部獲得の歴史は、建築というマッスを透明に置き換えていく作業であり、近代からの技術躍進の後押しを受けて現代に至るまで、建築は透明性や軽やかさというものを追求してきた。それは単に透けて見えたり重量のない建築を目指すものではなく、建築の存在感をなくしていくことだと解釈できる。
 一方で、原始あるいは動物の世界においては「存在を消す」ということは非常に原初的な必要条件であり、そこでの住処はより積極的に隠れようとしている。現代の都市居住においても、匿名性の獲得やプライバシーの確立などから「存在感をなく」し、都市の中に隠れることはきわめて重要な意義を持っているといえる。
 バーチャルな空間が浸透し、コミュニケーションにリアルな場が必要でなくなりつつある今、建築という土地に根付いたものでありながら、地続きのコミュニケーションから解放された空間を目指している。

都心部における「生活する町」に関する研究 ~東京都港区芝3丁目における再開発の一思案~

1.研究目的
 無数の再開発計画が推進されている東京都心部においても、古くからの町並みが残り、道路や路地など、公共空間に活気溢れるコミュニティが形成されている町が現存している。このような町を「生活する町」と呼ぶことにし、そこにおけるコミュニティと町の構成要素との関係は、都市をデザインするために重要であると考えられる。
 本計画の目的は、コミュニティと町の構造を生かしながらその「生活する町」が今後どのように成長すべきかを提案することである。街区を統合し更地としてからはじめる再開発ではなく、既存の町に息衝く歴史的背景や住民生活の根幹となる特性を生かした上で、いかに更新していくかを考える。

2.研究方法
 敷地のコンテクスト、コミュニティ等を知りその上で既存の町に対する提案をする。
 フィールドワークと関連文献の調査を行い、「終の住処を守る会」(住民不在の再開発に反対し、住民主体のまちづくりをめざす住民組織)に参加。半年以上の住民活動を実際に体験した。

3.計画概要
 「活気溢れる町」とは、人口が多い町ではなく外部のオープンスペースでも人々の活動が見える町であり、それには外部空間と内部空間の繋がりやすさが欠かせないものである。
 外部空間と内部空間が近いというのは、高層建築ではなく現在の町のような低中層の町であると考える。また、現在の町の構造を利用し街路空間にヒエラルキーを与え、既存の路地を利用した歩行者のネットワークをつくりだすことにより歩行者と車の分離を行う。そして、より内部空間と外部空間を近付けるために1ブロックにひとつ『町庭』を設ける。
 この様に挿入した外部空間を充実させることによって、その周辺の外部空間もより豊かなものへとなる。また、そのことによって建物の側でも外部空間が染み込んでいくような町へしていく。

第1回POLUS学生・建築デザインコンペティション
自立型の共生

概要

コミュニティの大切さやそれを生む仕掛け、またコミュニティそのものの在り方が問い直されている現代。電子媒体でのコミュニケーションは日を追うごとに簡便になっていく反面、住まいや街をめぐるコミュニティというものは一朝一夕には生まれず、全国各地で様々取り組みや試みがなされています。POLUS -ポラス- は、木の家を通じ、地域文化の価値の向上を目指している住宅メーカーです。今回学生のみなさんに、木の家による豊かなコミュニティデザインをご提案いただきます。テーマは「自立型の共生」としました。例えば、常にご近所の目を気にする閉塞感とは質の異なる、それでいて、程よく関わりを持ち合うあたたかい街。ひとつの家や家庭というユニットを超え、"時には集って"コミュニティと共に生きることができる住宅。個々の生き方やプライバシーを尊重した上で、街に対しては場面・季節・時間などに応じて”閉じる”こと”開く”ことを選択できる空間…などなど。家族のつながり、そして、家族同士のつながりの、それぞれが良好に機能する住環境や仕組みを、木の家によってどうカタチにしていくか。
自由で新鮮な発想を期待します。

第3回長谷工住まいのデザインコンペティション
30戸の住宅から生まれ変わる集合住宅

概要

集合住宅をつくることにより、敷地の中だけではなく、もう少し広い範囲での関係や影響が生じると思います。それを繋げていくことで、単体の建築ではなし得ない、居住環境を提案できるかもしれません。 たとえば更地からスタートするのではなく、都心の住宅密集地で30戸分の住宅を建て替えることによって集合住宅をつくること。あくまでも建て替えであることを前提として、既存環境とも連携した新たな集合住宅を考えてください。この提案を通して、集合住宅が町並みやコミュニティへと繋がる方法を考えるだけでなく、さまざまな形態による家族の新しい暮らし方など、これからの都市や社会の重要なテーマも考えることができるのではないかと思います。もしかしたら、新たな集合住宅と既存環境との関係を考えることによって、環境と人の生活を連続させ、また、暮らしそのものが環境をつくってしまうような、周囲も巻き込んだ建築を生み出せるかもしれません。既存の30戸の住宅は自由に想定してください。また、新しい集合住宅の住戸数は自由とします。建築のリアリティに配慮しつつも、既存の街や外部ともさまざまな関係性の持てる、集合住宅ならではの可能性を考えてください。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now