シェア空間・共有​ Shared space / shared

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

Uglers 「share」をテーマにしたスポーツバー兼宿泊総合施設

作品概要

 「share」というキーワードを中心に研究を進めた。本設計は感動をシェアするための空間、「Uglers」というスポーツバー兼宿泊総合施設だ。
 スポーツには永遠の魅力があって、いいスポーツは映画のように、人のこころを感動させることができる。ただゴールや逆転の瞬間を見るだけではなく、どのような環境で誰と一緒に見たのか、その感動を誰と共に分かち合ったかも忘れられない。スポーツバーで観戦することの興奮と感動は、スタジアムへいく以外の唯一の選択となる。
 しかし、現代生活と時差の原因で多くの海外試合はバーで見ることが難しくなっている。深夜に帰宅して気持を抑えながらスポーツを見るより、多いに盛り上がれる環境で試合を見ることのほうがより豊かな生活となるのではないか。
 敷地は渋谷の、渋谷川と明治通りに挟まれた角地だ。建築は完全に地下にして、地上部分は都市のポケットパークとして計画することで、建築以上の役割を果たす都市に開かれた場所をデザインした。
 高い壁がなく、交差点から見ても視線が抜け、地域の視野を広げ、敷地が持つ景色をシェアしている。屋根は少し膨らんだ形とし、周囲を見渡すことができるが、建築としての存在感は保つことができる。
 渋谷の土地にこの建築が建つことによって、スポーツによる感動がより大きなものとして存在し、現代に生きる人々にとって、生活がより豊かで、よりすばらしく、より忘れられない思い出を作れるものになればと思う。

集まって住む新しいかたち
- 千葉県東金市における多世代型シェアハウスの提案 -

作品概要

標準家族が標準でなくなって久しい現代は、個人としてどう生きていくべきかが問われていると言える。そんな中、個人同士が集まる暮らしであるシェアハウスの増加がみられる。現代において個人同士が集まって住む暮らしを調査することで、新しい暮らし方の可能性を考える。千葉県東金市という高齢化が問題である場を敷地に、地域居住者も交えたコミュニティを発生させる多世代型のシェアハウスの提案を行う。コンセプトは「“間−あいだ”に創造する転回・展開・転換」。まずは従来の集合住宅にひろがる居室と外部をつなぐ動線空間や、シェアハウスにおける人と人をつなげる共用空間をすべて住まいにおける“間−あいだ”と捉え、それら2つの性格の違う“間−あいだ”を融合するという発想の転回を行う。その後、シークエンスと行為の展開を行う。“間−あいだ”の空間が街からのシークエンスを引き継ぎ複雑に建物内に展開していく。そこに、人々の行為が展開する溜まり空間や設えを施すことで、外部と内部や居住者同士が豊かにつながる“間−あいだ”となる。こうした展開をすることで、地域住民を交えた、多世代で住まう人々が豊かにつながり暮らす事の出来る新しいかたちへと転換が行われる。

+αの共有空間

「都市に集まって住む」
人は集まって住むことで都市を形成する。都市の中に多様な集まりがあると自然にそこは賑やかになり、楽しくなる。集まって住むことは、そこで育まれる日常的なコミュニティと共に生きている。都市から郊外に移り住むことは今までの多様だった街の姿は空白状態になり、街の賑わいは衰退傾向になる。東京も例外ではない。核家族がひとつの家に住むという型が壊れ始め、現在の東京では単身者や夫婦家族といった単身・少数家族世帯向けの住まいの需要が上がっている。多用化する住まい構成を「受け皿」のように受け入れること住まいがシェアハウスの目的ではないだろうか。
都市住居をいかにデザインするか、この問題は個々の家族の住む空間を快適に設計するかだけではなく、集合していかに公共の都市空間をつくり出すか、という問題として捉えなくてはならない。つまり、都市住居とは内なる個々の生活をつくるとともに、外なる共同の空間をつくり出すと考えた。一般的にシェアハウスの構成は個室と共有空間で構成されているが、私はこの共有空間を街に開くために外なる共同の空間を街に展開する空間を組み合わせ、限られた土地に密度が高い共同生活ができる「都市に住む住まい」を計画した。

「文学の道」 - 1,ライブラリー・コート -

「希望とは、元々あるものともないものとも言えない、それは地上の道のようなものである。元々地上には道はない、歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。」————魯迅
近年、人口減少・高齢化を背景とし、単身者世帯が急増している同時に、「ひとり住まい」という単身者世帯向けのワンルームマンションも増えている。従来のワンルームマンションには入居者と近隣同士や地域住民との欠落した交流、地域に無関心などの問題がある。一方、シェアハウスには日常生活における入居者の間の交流が多いが、外の近隣住民と相互の交流はなかなか見られない。本計画では文京区西片町を対象に、都市に開放し人と人の関係が絡み合うようなワンルームマンションと、シェアハウスの長所を融合させた新たなタイプの集合住宅を提案する。
対象地区は「学者の町」と言われ、歴史や文学などの文化的な香りの残る地域である。本提案においては「文学の繋がる道」をコンセプトとし、「ライブラリー・コート」、「リビングポーチ」、「カフェラウンジ」のセットを持ち西片町に分散配置される。それにより、町の住民の散歩の楽しみを提供し、巡りのネットワークを生む。更なる交流の促進を誘発しており、町内のコミュニケーション更に都市を変える可能性であろう。

むすんで、ひらいて

日本人の生活に根付いているモノを共有する文化に着目,人間関係の幅を広げることで相手への思いやりや環境を大切にする意識が集合住宅を拠点に生まれ,働き方を変えるきっかけを与える.

傍楽(はたらく)シェアハウス

住空間と仕事場を時間で切り替えることで,住人たちが知識や技術を共有し,相互に助け合って暮らすことのできるシェアハウスの提案.

10の解像度をもつ集合住宅

集合住宅といくら言っても,おのおのの生活は一戸建ての住宅同様独立してしまっているのが現状である.集合住宅において,異時同図的な空間をつくることができないか.
都市や建築は,解像度のように,それを見るスケールによってさまざまな見え方をする.集合するというスケールも似ているのではないか.そこで,スケールという観測者の視点を導入し,選んだ10の解像度における集合のあり方を提案した.

十字路のシェアハウス

近年広がりつつあるシェアハウス。個人の領域の延長線上に共有部がある。シェアハウスの中では各住人が緩やかに繋がりをもつ。この繋がりを延長していけば、個人から街までが繋がっていくのではないか。敷地は自由が丘の閑静な住宅街。自由が丘は歩いていて楽しい街だが、1歩入った住宅街ではそれぞれの家は街に対して閉じている。若者4人が住むことを想定して十字路にシェアハウスをつくる。シェアハウスにおける各個人の緩やかな繋がりが延長され、各個人から街の人びとが緩やかに繋がる関係ができる。 

3,000人のシェアハウス ~僕たちは、ほしいつながりだけほしい~

はたして僕たちは、本当に「都市に住んでいる」といえるのだろうか。都会にありふれたマンションは独立した個室の集積で人との繋がりがなくて寂しい。しかしシェアハウスの「繋がらなくてはならない」強迫的なコミュニティは僕たちには億劫だ。だから僕たちは都市やネットにコミュニティをつくり、「人が集まって暮らす快楽」を家の外に求めてきた。今の住宅と都市の境界線から「住む」の領域を広げてみる。外にあった都市の快楽を内包した住宅は他者の存在を許容し、「繋がり」に選択の余地を与えてくれる。

じじばばシェアハウス

立ち寄りたくなる高齢住宅日本は現在「サービス付き高齢者向け住宅」の建設を推し進めている生活をサポートしてくれるスタッフが見守っている環境にいることで安心して毎日を過ごせるという高齢者向けの住宅である。今までの高齢者施設と同様に、街の人は高齢者施設に関心を向けないし、入居者が街へ出て行くことはほとんどない。住むのが楽しい高齢者のシェアハウスができないだろうか。豊かな暮らしは豊かな心をつくる。元気で優しいお年寄りたちとお話しすると心がほっこりする。お年寄りは街の人たちにとって、魅力的な存在として生きてゆく。入居者が社会に対して積極的な活動をし続けられる環境、街と入居者がお互いに見守りあうような関係を育む建築を目指した。

stairs scape

都会の喧騒を忘れることができる空間として,ビルの裏側の非常階段に着目した提案.同じ街区内に建つビルの非常階段同士を繋ぎ,シェアすることで,人びとの居場所となる新しいパブリックスペースを創出する.街区ごとに一体となった防災計画が提案されており,複数のビルで避難経路をシェアすることで密集街区における火災に際しても多方向避難が可能となる.ここでは街区内にある建物のオーナーや使用者が状況に応じた管理を行うことにより秩序が保たれ,ある程度の自由が許された空間となることが想定される.

ERI学生デザインコンペ2016 RULEルール / SPACEスペース /Shareableシェアラブル

概要

現代に生きる私たちにとって、個々の営みや価値観を尊重することは当たり前のようになっています。それでもなお、私たちの社会活動の多くは、誰かと何かを分かち合うことで成り立っていることには違いありません。人々があるスペースで何かをシェアするとき、そこで豊かな時間を過ごすためのルールが必要不可欠なはずです。私たちERIホールディングスグループ各社は、建築物が法律というルールに沿っているかを確認することで、建築物の安心安全の確保に貢献している企業です。そんな私たちが今回皆さんに求めるのは、ルールに則り、建築のスペースで、なにかをシェアする提案です。秩序ある、心地よい分かち合いの提案を期待しています。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now