光と影の空間・陰影 Space of light and shadow

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

陰翳の綾を用いた建築
- 日本美術のための小さな美術館 -

作品概要

私は京都にある詩仙堂を訪れたとき、薄暗い室内において実際に存在している空間以上に計り知れない空間を感じた。その体験から空間に捕らえどころのない多様な印象を想像させるそのメカニズムに興味を覚えた。

谷崎潤一郎の随筆。陰翳礼讃の中に出てくる言葉「陰翳のあや」。綾とは物体の表面に現れた、その物体とは異なる様相のことを指す言葉であるが、陰翳によって様々な陰の濃淡を生み出す詩仙堂をはじめとした日本建築は空間に「陰翳の綾」をつくっているのではないかと考えた。

これは京都詩仙堂での体験から導いた日本建築における陰翳の綾を現代的な建築空間へ応用することを目的とするものである。

まず、日本建築の陰翳を生み出す要素を抽出し、「半透明」「細かな凹凸」「深さ」の3つのタイプを導き出した。そこから空間の構成へ応用が可能な「深さ」を主に用いて設計していく。屏風や掛け軸などの日本美術は元々、日常の調度品としてほの暗い日本建築の中にあり、その中でもっとも美しく見えるようにつくられている。そこで陰翳の綾を用いた日本美術のための小さな美術館を提案した。

陰翳の綾を用いた建築は小さく単純な構成でありながら、一歩歩くと突然暗闇の中にいるという状況が生まれたり、ふと気づくといつの間にか空間に対する印象が変化していたりと、現代の「明るい建築」にはない繊細で豊かな空間を生み出す。

陰翳堂書店
- 陰の中の翳 -

作品概要

近年、日本の都市は明るすぎると言われる。文明開化により、西洋の照明技術が流入し明るさは豊かさの象徴となった。過剰なほどに明るくなった現代の日本の都市を見て、もう一度本来の日本らしさに立ち返って考えてみたいと思った。照明技術が入って来る以前、日本人は、ろうそくや灯油の灯を頼りに夜を過ごしていた。豆電球ほどの光を包み込むように闇に包まれた環境を、日本人は暮らしやすいようにさらに明るくする技術を作るのではなく、その灯に照らされた闇の中に美を感じ、美しみ、「影の文化」をつくりだした。

東京神田神保町。本の街として発展してきたこの街は都市の高層化・高密度化の流れを経て、今日では当たり前となったペンシルビルの林立する大都市東京の一部となっている。この都市も例外なく高層建築が都市に大きな影を落としている。都市の中に生まれた日の当たらない場所はマイナスの要素として扱われることも多い。しかし、神保町では本が日焼けしないよう古書店は皆北側を向き、影の中で店を開いている。ここでは日の当たらない場所に価値が存在する。

この神保町の古書店と影の関係を利用し、神保町の都市(陰)の中に古書店(翳)をつくり、現在は忘れられた「影の文化」を現代の東京の都市に再現する。

採影塔
- 超高層ビル群の影に着目した建築設計手法 -

作品概要

 環境配慮への意識が高まるようになった一方で、都市は、周辺の環境とは関係なく建物がつくられている。特に再開発においては床面積ばかりを求め、環境性から建築の形態がつくられるのは少ないのが現状である。

 本提案では年々暑くなる日本の気候に対応して、再開発エリアにおける「影」という視点から新しい建築形態、およびパッシブ建築モデルを導き出す。これは「超高層建築による日影を求めて建築を構築する」という「従来像と逆転した設計手法」であり、「直射日光を避け閉鎖的になるギャラリーのような用途」に対し「影を取り込むことで都市に開いて構築する設計手法」である。具体的には、低層部は周辺の影を取り込むように形態を導出し、床面積を確保するための高層部は周辺に影を落とさないように形態を導出している。

 このように光と影という環境因子に着目することで新しい建築形態を創造する可能性の一端を示している。

佇む光が躍るとき ル・コルビュジエの建築作品の開口部における光の研究 -ロマネスク教会の光との関係性について-

作品概要

 本設計はル・コルビュジェによって設計された宗教建築における造形的な開口部とその設計・建設時期に密接な影響があったとされるル・トロネ修道院をはじめとするロマネスク教会の開口部との比較・分析を行うことにより、コルビュジェの建築における光の操作が建築内部に与える影響・効果、またそれを果たす造形を再構築するものである。
 コルビュジェの建築作品における光の表現は空間全体に光を行き届けさせるものから、濃淡や色彩を展開させ観るものにも影響を与えるものとして変容していくことが窺え、これまで彼に影響を与えたであろうとされるル・トロネ修道院との関連性を図る。ル・トロネ修道院・ロンシャン礼拝堂の壁面開口部は共に厚い壁に傾斜のついた開口部を設けている。先のコルビュジェの作品の設計期間とル・トロネ修道院への訪問の時期からその関係性は密接なものであると仮定し、ル・トロネ修道院を含めたロマネスク教会とコルビュジェの後期作品、両者の開口部の分析を行い、そこから導き出した開口部の形態による光の効果・内部空間への影響を元に光を主軸とした建築の設計を試みる。

空間における闇の演出手法に関する提案 - ロラン・バルト『表徴の帝国』と谷崎潤一郎『陰翳礼讃』を通しての空間試行 -

作品概要

 日本の夜は明るすぎる、と文豪・谷崎潤一郎が『陰翳礼讃』で嘆いた のは 1933 年。彼は光と闇が綾なす陰翳の機微を無限の色彩と捉え、日本 の文化は闇と光が作り出す陰翳のゆらめきにある、翳は単なる陰影では なく、かげり移ろいであるとした。かげりうつろい、曖昧に変化し続け る、あるいは薄暗さに包まれた闇の空間は、照明技術の発展した明るす ぎる現代では得られない、五感を使い空間の輪郭を手探りで獲得してい くような身体感覚を私たちに与えてくれていたのではないかと考える。 しかし、現代において闇というものは『陰翳礼讃』に描かれたものとは 違ったかたちをとってあらわれ始めているという事が伺える。そのため、 柱や梁、深い庇によって成立する、日本の伝統的な空間構成に固執せず、 単なる暗闇ではない〈闇的体験〉を試行するアプローチとして、闇の空 間を創り出す条件にあたる部分を、まずは言葉により規定することで、 手法及びそれを用いた設計提案を行った。
本設計ではケーススタディーとして、こども園などの複合プログラムを 選定し、闇的体験を持つ空間が遊びを通して子供が得る感覚体験の背景 として、それを支援するものとなるという考えのもと、建築的遊具とい う機能を持った、闇的体験の得られる空間の設計を行った。

建築空間における間接採光手法に関する考察及び設計提案

現代において,人は建築の中で,室名という名詞に規定されて,窮屈に生活をしている.いわば建築に住まわされている状態である.
また人の知覚の大部分は視覚に影響され,光の視覚的状態,つまり光の状態が空間を性格づける最たるものであると言える.
しかし建築計画における採光手法はいまだ性能として語られることが多く,外光を遮光するか,採光するかといった二者択一的な計画が大半を占める.それは光環境が照度といった物理的な光量のみでしか評価されていないことが原因として挙げられる.そこで本論文において,間接採光手法を近代以降の建築より抽出し,Feu理論という照明計画を評価する指標を用いて,写真分析,更に3Dシミュレーションを行いながら,それぞれの手法の性質を分析,それらの分析結果を用いて,採光計画から創出される新たな住宅設計のプロセスを示した.シンプルな構造グリッドを用い,素材や形態的に何も変哲のな いこの住宅は屋根裏空間のみが異なる様相を示す.住民が手の触れることのない,屋根裏という空間は光を調節するためのレイヤーとなり,時間ごとに異なる現象を住空間に演出する.光の状態を設計することで,平面に異なる光が降り注ぎ,機能が自由に決定される.現代の室名という名詞に規定されて,窮屈に行為が展開される建築のあり方に対して,住民が光の状態という形容詞によって行為を選択し,プリミティブに暮らす住宅の提案である.

陰翳礼讃的建築の設計
- 谷崎潤一郎「陰翳礼讃」に見られる空間記述と「ブルーノ・タウト」の言説との参照から -

「美は物体にあるのではなく、物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える」
『陰翳礼讃』谷崎潤一郎より引用

『陰翳礼讃』は日本独自の美しさをその陰影美の中に見だし、多方面の文化を対象に書かれた谷崎潤一郎による随筆である。建築もその一つとして描写がされているが、その陰影とは一体どのようなものなのか。本設計は陰翳礼賛に描かれた空間像の陰影美を、実体を持つ建築として体現する試みである。

谷崎が専門的には建築に精通していないなどの理由から、描写された空間像をより建築的に探る手掛かりとして、陰翳礼讃とほぼ同時期に日本で活躍した外国人建築家ブルーノ・タウトを選定し、彼の言説と陰翳礼讃の引用との比較分析を行った。分析により得られた両者の共通点を設計の中に反映し、西洋の近代主義を背景に持つタウトによって評価された、陰翳礼讃的な日本の陰影美の実体化を試みた。

その方法として、分析結果を前提とした「縁側」、「庇」、「壁」という三つの建築構成法を導き出し、それを基に建築の設計を行った。設計に際しての諸条件については、陰翳礼讃と同様に谷崎の代表作である『痴人の愛』を参照し、物語を建物内で補完する計画とした。これらを基に敷地を設定しない架空の住宅を設計した。

この住宅は二つの文学作品のイメージを統合した谷崎潤一郎的な空間像であると同時に、陰翳礼讃に描かれた日本的建築空間に近代の目を通して再構成した姿である。

図式から空間へ - Le-thoronet修道院の光と影について - 

Le-thoronet修道院:プロヴァンス地方にある、シトー派の修道院の一つである。ロマネスク教会には必ずある彫刻がほとんどない。また、様々な建築家がその影響を受けていると言われている。
このような評判を良く聞くうち、この修道院に大変興味を持ち修士研究のテーマにした。修道院の魅力は簡素な素材の構成だけにより、豊かな光の空間を作り出していることである。光と言ってもさほどの光量もないはずであるのに、不思議な明るさを感じる。そのような不可解な魅力こそ、明快さを求める現代建築から抜け出せるのではないかと考えた。
このようなコンセプトを踏まえ、架空のプロジェクトを創り、設計を行った。目黒の庭園美術館の隣にある、偏った面積構成になっている、国立科学博物館付属の植物園管理棟を増築し、一般的な博物館の面積構成にするというものである。

変容する体験 ―ツールとしての辞書を用いた空間の展開―

日常生活には注意深くしないと見過ごしてしまうようなささやかな興味深い光景や現象がたくさん潜んでいます。 人間はそういうささやかなモノによって導かれていくような気がしています。 空間それ自体が持つ形態やそれによって引き起こされる現象によって、磁場のような働きをもつ、人の行為がもっと自由に移り変わっていくような空間を作りたいと考えています。

日常生活の中で撮りためた写真を加工、言語化していくことで「光と現象の辞書」を作ります。 この辞書は光の特性を記録するツールであると共に、新たな現象を生み出すための資料として使用されることになります。

辞書から引用された、イメージの読み換えや、言葉の組み合わせによって生まれた20ほどのモデルは、辞書からでは見出すことができなかった新たな現象や空間構成を持ち始め、そこで起きる現象は、太陽、人、時の流れに従って変容していきます。空間の作り出す現象が変容するのに伴い、人間の体験は、空間のもつ拠り所とともに変容していきます。

モデルから引き起こされた現象は、新たに「光と現象の辞書」に書き加えられ、辞書は厚みを増し続けていきます。 そしてここに展示された20の模型は、現象の博物館であると同時に、「光の作る領域」や「柱の疎密」によって人の動きや行為を促していく「変容する体験」を体現した空間なのです。

光と陰の誘惑~野毛1丁目地区ミニ開発計画~

みなとみらいや元町中華街などの賑わいの裏にあって、衰退し目を背けられているエリアが横浜市中区野毛地区である。戦後闇市から出発したこの地域は、以前のような活気も人気もなく、猥雑で怪しげで醜く、美しい。東京オリンピック開催を契機として、野毛の露天商・闇市は強制的に退去させられることとなり、収容先として建設されたのが野毛都橋商店街ビル、通称ハーモニカ横町である。建設から40年余りを経て建物の老朽化は著しく、貸店舗の稼働率は大変低い状態となっている。この提案では野毛都橋商店街ビルの建つ道路・河川占有地、野毛1丁目・宮川町1丁目地区を計画対象地区とし、小規模開発の提案を行っている。
 ハーモニカ横町は緩やかに湾曲した壁面と、河岸に張り出した通路、闇市や露天商のために用意された極小な内部空間など、極めて特異な建物である。本計画では、野毛地区と商店街ビルという、強烈な個性と対峙するために「両義なるもの」に手がかりを求めた。「一人の人間が野毛のような混成の場を創り出すことは不可能ではないか」という疑問は最後まで拭えなかったが、場の特性と呼応するような計画とし、両義的な場の生成を目指して提案を行っている。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now