距離感 A sense of distance

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

小さな窓端の大きな暮らし -世代を繋ぐ距離感をつくる壁-

変化のない室内と,外で起こる出来事をつなぐ窓に注目した.さまざまな厚さの窓には,世代を超えた人が集まり,ちょうどよい距離感で結ばれる.

小さな都市、大きな家族

さまざまな世代が共に居住するための「小さな都市と大きな家族」を提案する.住居単位を 都市からアクセス可能な最小限の個人空間に分解,その向こうに大きな共有空間である小さ な都市が広がる.それは,大きな都市と,小さな都市のような共有空間を,個室網の壁が隔 てているような状態である.居住単位を個に分解することで,小さな都市では子どもが親との 距離感を選択しながら,新しい家族の距離感を建物が創造する.そして,子どもの独立後に また新たな住人を受け入れる循環が起こることで,さまざまな世代の人びとが居住するシス テムを支える

transmission

地域に眠る自然の記憶を呼び覚まし、地表面を滑る都市の要素が交わる時、それは昇華し、空間として現れる現在の集合住宅は、都市に対して完結的で都市との距離感は一定である.そして住民達も完結的な集合住宅によって一つの距離感しか持つ事ができていない、しかし現代人のライフスタイルは様々であり、多様であるべきだと考える.この計画は地域の自然の連続と、都市の要素の連続をスパイラル状に集合住宅に取り入れることによって様々な距離感で生活する集合住宅のあり方を提案している.それにより都市と人、都市と集合住宅における距離というものが様々な距離で展開され、また300人における、一連のつながりがある集合住宅の在り方を都市に伝導させる提案である.・集合住宅と都市の距離現在の集合住宅は、いくつものセキュリティーなどにより、周辺環境(都市)とはつながっているとは言い難く、集合住宅は敷地の中でしかなく完結型だと言える.しかしこの計画は集合住宅と周辺環境(人々、自然)などに対して、二つの要素をスパイラル状に立体化させる事によって多様的な都市との関わりをもった集合住宅の在り方を提案する事が出来るのではないかと考える.

今日はだれのおとなりさん?

人は、世界中のどこかで他人と繋がるインターフェース=仮想空間(SNS)を手放すことはなく、私たちの暮らしは、常に多様性を生み出し、自由自在にかつ簡易的に、他者との距離感を構築することが可能になった。しかし物理的な「家」では、人びとの生活は完結しており、身動きを取ることができない。そこで床と壁を移動させることで、人と人の距離感が常に変化する建築を提案する。家という物理的な制限から解放されることで、家族というコミュニティ単位を越えた擬似的家族のような関係が住人同士で構築されていく。

a man with a chimney

ここは大阪府北部に位置する、一見よくある郊外住宅エリアである。彼は、そんなエリアの中で、住宅開発前から細々と続く農家に生まれた。彼は、彼と彼をとりまく世界の "きょり„をはかり、彼自身の世界の地図をつくっていくことに快楽を覚える。それは、誰もが子供のころにもっていた、自分の世界が広がっていく探検のわくわく感を思い起こさせる。またそれは同時に、古来から人間が生き延びるために自分の領域を増やす活動をしてきたことを示唆している。きょりを計る物差しは、煙突のある彼の"うち„と農作業でつかうバスタブである。彼はときおり、バスタブをひきつれて出かけ、いろいろな場所にバスタブと"うち„との距離をはかる。そしてまた"うち„に帰っていく。誰にとってもそうであるように、彼にとって彼の"うち„は、都市に住み社会の中に生きる自分の精神的なよりどころである。 

​浮かぶ家、つながる街

現代の人の生活や建物は内に閉じており、他の場所との関係性が稀薄である。また、一般的な住宅平均寿命は約30年と短く、長く残る住宅は少数であり、変化、もしくは変化していないことを認知するのは難しいように感じる。つまり現代は、建築の時が止まっている、呼吸していない状態といえるのではないか。そこで、生活雑貨から建築、街区までの「生活の更新速度の在り方」に変化を与えることで、変化を許容し現代の価値観を受け入れる場所を提案する。大地から建築を浮かし高さ方向の変化によって周辺環境との距離感を調節し、また、壁面を建具化することで、住宅を住人の手で扱える能動的なものとする。そこで、それぞれの更新速度の範囲をかみ合わせることで1対1ではない多元的な関係性をつくり出す。

ON-road / OFF-road

あらゆるものが通るところに径ができる。何も通らないところには径はできない。径には〈目的地のある径=ONのまち〉と〈目的地のない径=OFFのまち〉があり、それぞれが通るまちの性格は異なる。住人は1日の中で、ONのまち、OFFのまちを行き来する。OFF-roadはあてもなくぶらぶら歩く、散歩道。人との距離感を探ることで生まれる径。ON-roadはまちの住人の生活を支えるサービスと人が目的地となる、ひとりひとりの経路。   

パラメータに置き換えて再編成
​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now