内部と外部・ヴォリュームとヴォイド Internal and external disconnection

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

図と地が反転する建築 -都市を室内空間と認識するための手法-

作品概要

現在の日本の都市に存在する使われていない公開空地や密集して立つ建物の隙間などの余白は、外部は内部の残余空間という意識の表れである。
この意識を変えたい。
そこで、外部を建築空間化しているパサージュを図と地の反転している建築と捉え分析を行い、都市を室内空間と認識できる建築の提案を試みた。
 本棚が日常的に道に出ており、概念的な反転が起きている街である神保町の4街区を計画敷地とし、その間を通る道を内部空間化するとともに立体化させ、外部に様々な人々の居場所をもつ複合商業施設を提案する。設計の手法として、パサージュ分析から得た「高さの認識」「図の配置と向き」「床の切り替え」という空間要素とそれらが作り出す「仮想的境界」を用いてゆく。これらは、天井はないが高さを認識できる、扉はないが内部に入ったという感覚を生み出すなど、人々の認識を揺らがせるための手法である。それらの手法に神保町の街の要素を取り入れながら建築空間化してゆく。こうして内部化された外部を体験し、そのキーとなる要素を街に見つけることで、人々の都市空間の捉え方が変わる。
 
本提案で都市は一つの室内空間であり様々な過ごし方ができる場だと再発見してほしい。一つの建築で都市空間のすべてを変えることはできないが、人々の認識を変えることで都市での過ごし方や今後の都市のあり方は変えられるのではないだろうか。建築にはその力があると信じ本提案の結びとする。

空間の境界に関する提案  - 密度と距離感 - 

西欧の建築は自然から切り離し、彫刻化することで内外の関係を遮断したように思える。産業革命以降の近代化によって内外空間を視覚的につなげることはできたが、外は見るための対象物であり、生活の一部として外を取り入れることはなかった。しかし、日本の建築空間は内外空間を曖昧な分節方法を用いて距離感を保ち、等価に扱い生活していた。
 ここでは距離感に着目し、通風、採光、装飾の機能がある格子と、内外の距離を保っていた縁側空間、Sol LewittのWall Drawingを密度、距離、濃淡に分類し、距離感の変化を実験により検証した。その結果を重ねあわせることで距離感をコントロールできる境界モデルを導き出す。
 建築は密度によって姿を変える雲のような状態となり、周辺環境との新たな関係性をつくる。構造体としての立体格子は周辺環境によって密度を変化させ、外側を密に内側を疎にすることで内からは外が遠く感じ、外からは内が近く感じる。2つの異なる静と動の空間が向こう側を透過させながら独立した空間となる。また、立体格子の隙間には風が流れ、どの空間にも外が隣接しているような環境をつくる。
 というように、密度を変化させた立体格子で建築を構成することで、風や風景を透過させ、皮膜と構造と環境が一体となり、内外の距離感に対して新しい関係を築く建築へと発展する可能性を示した。

開かれた都市住宅へ
-木造住宅密集地域における内部空間と外部空間の関係の観察をもとに-

都市において自分の住まう場所であるアパートやマンションが、経済原理で決まった切り売りされている箱であることや、より完全な遮蔽性を実現することによってプライバシーを守るという感覚でできていることで、生気のないとても退屈で陰鬱な場になっている と感じた。日本の都市ならではの狭さや、密集しているということをネガティブに捉えるのではなく、そのような環境を生かした住処をつくれないかと考えた。
そこで本計画では、密集した狭小住宅群でありながら、プライバシーを保ち街との共存関係や連続感をもっている木造住宅密集地域の観察を行い、空間構成の要素を抽出し、集合住宅の設計を行った。
外壁を複雑化し家具化することで外部空間に活動領域を拡張し、内部に常に窓辺にいる広がりを感じる生活空間をつくり、また、狭く手の届く範囲にある空間を、小さな窓や棚等で細かく調整できるようにし、狭小なスペースだからこそ可能な身体感覚に繊細に対応できる空間をつくった。スケールダウンし複雑化した住宅で、住人が繊細に住宅内外の距離感を調節できることで、都市に開いて暮らすことのできる住処を提案した。

建築における「他者」について

 あらゆる場所がネットワーク化を試みはじめて久しい今日において、あらゆる都市を、建築を、無視することはできない。そのような意味で、建築においては、あらゆる「他者」としての外部が内包されるべきである。

 あらゆる構築を行うこととは、その内部を作り出すことにほかならず、換言すればその外部との境界をひくことである。それは大から小へと続く無限の入れ子構造である。外部としての「他者」を省みない構築は、あらゆる環境問題や人種差別の原因になっていると私は考える。もう一度、このような今日のネットワーク化を試みはじめて久しい都市において、私たちはそのような入れ子構造における弊害を見直し、その内部と外部の境界を認識し、そのありようについて再考する必要があると考える。私は、入れ子構造そのものを否定しているわけではなく、その外部について、他者について認識することこそが、その内部化なのではないかと考える。

 そのような意味から、私は建築における外部とは、冒頭で述べた都市のみではなく、あらゆる「他者」のことであり、私が建築における「他者」と言っているのはまさにそのことである。

 今回の修士設計では、熱帯魚水槽に囲い込まれた(内部)自然(外部)を例にあげ、それを地形として可視化し、さらに建築化することで、構築における本質を暴露することを目的として計画した。

50%建築

現在,敷地内の平面的構成は,居住空間と外部空間が50:50の割合になっている.ここの住戸は敷地面積が小さく,隣家とわずかな隙間をとって乱立している.この既存木造住宅を壊さずに,新たな建設計画を行うと,外部空間は現在よりも減ってしまう.本提案は,徐々に立体的な外部空間と居住空間を同時に建築していくことを提案する.そこで生まれる外部空間は今までのものとは異なり,立体的な外部空間が生まれている.あっちではお母さんたちが集まっていたり,子供たちが走り回っているのを楽しそうに眺めるおばあちゃんがいたりと,大きな庭が様々に作用して豊かな生活環境を生み出す.

50% topography

50%のヴォイドをもつ新たな地形.街にある密度,それはその街のキャラクターを決定する1つの重要な要素になっていると考えた.30戸が建っていたこの敷地は,周りの環境同様の密度を持っていた.その密度は住宅と庭の関係が曖昧な隙間をつくり,それらが集まり1つの環境を街へと与えていた.30戸を建て替えるにあたり,この密度=50%がこの街の環境条件であると捉え,それを根源におき新たな環境となるものをつくる.より多くの住戸が存在することになったこの敷地は,街の環境を取り入れながら,より豊かな風景を街へと与える.

ヤマ・タニ・オカ

内と外との関係を形態的に解くこと.内をつくる操作が同時に外をつ くる操作に繋がることを,ボイドとして捉えられないかと考えた.30 年後,家族でひとつの住戸に住むという固定概念が壊れ,機能主義 的で一義的な空間ではなく,機能により明確に限定されない場所, 人の動きにより変化する住戸の空間形式がある.そこには共有され る部屋,共有されない部屋がある.人が生み出す生活だけが,この 場所に機能を付けていく.住居同士は空間の絞りにより隔てられ,各 世帯の機能が数珠繋ぎに連続することで関係性を繋いでいく.そこ では住人同士の関係が生まれる.

間隙占領住居
森の遊牧民

「住人の生活を豊かにする住宅のあり方が,その回りの住宅街やそこに住んでいる人たちも少しだけ豊かにできること.」それが21世紀ならではの住宅を通した人付き合いであるように思えた.たとえば,ある住宅地の一角に鬱蒼と茂った森があることで,回りの家々に変化と更新という豊かさを与えるだけでなく,森を介した近隣との人付き合いを促すような,懐の深い場所ができ上がる.
そして,この小さな宅地がまるで遊牧民の生活を満たすような長大な大地に変貌するように思われた.なぜなら,「その日行ってみないと,そこがどうなっているか分からないような場所が家中にちりばめられている」ような状況を森がもたらしてくれるように思われるからである.
森の端から端までを練り歩くようにして生活する細長い家.木々の垂直方向の変化を楽しみながら昇り降りするように生活する高い家.木々の近くや遠くを選びながら森の中を生活する広い家.
いずれも家の中に特別な場所があって,それが森の変化によって移動し,住人もそれを追いかけるようにして生活する.

第1回 ダイワハウスコンペティション
21世紀住宅I

概要

現在,核家族という一般的な家族像ではとらえきれない居住形態が数多く生まれている.ここで,20世紀に生み出された家族像を,じっくりと見つめてみる必要がある.たとえば,家族単位ではない住宅をつくることも考えてみるべきではないか.新しい都市居住のあり方は,21世紀のリアリティから生み出されるものである.それは,与えられるものではなく,自分たちでつくらなければならない.なぜそこに住むのか,どのように住むのか,あるいは住まいを巡る物語はどう組み立てられるのか,住宅について考えるということは,そうしたことを考えることである.敷地は300m2から400m2以内とする.
応募者には,自らのイメージが刺激される,現実の敷地を選定してもらいたい.都心の住宅密集地でも,郊外の住宅地でもかまわない.自らが選択した環境を記述し,その土地の所有形態を想定してほしい.そして,その状況が成立する理由を,社会的リアリティを含めて考えてほしい.計画する住宅は,何らかのかたちで地域社会に貢献できるものとする.

第2回 ダイワハウスコンペティション
21世紀住宅II

概要

昨年の第1回に引き続き,21世紀における新しい都市居住のあり方をテーマとする.今回求める提案はさらなる「リアリティ」.次のステップとして,主催者側が具体的な敷地を設定することとした.まず,面積,建蔽率,容積率など,敷地条件を満たすこと.その上で,住宅を成立させる社会的シナリオを自ら設定してほしい.そこでは,家族ごとに閉じたパッケージではなく,外部とどうつながるか,その関係が問われる.集合住宅なのか,戸建てのミニ開発なのか,あるいは「世帯」に代わる単位の集合なのか,シナリオは自由である.具体的な土地から触発される,リアリティのある提案を期待している.

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now