公的と私的・共有部と専有部 Public and private

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

木造住宅密集地域における公私の曖昧さを保持する都市修繕 - 荒川4丁目49番地再下町化計画 - 

作品概要

木造住宅密集地域では、他人の土地を通行したり、屋根が重なり合っていたりするなど、敷地境界が曖昧である。この、敷地境界の曖昧さが、公私の曖昧さを形成し、下町らしい人間関係を生んでいると考えられる。本修士設計は、防災的に建替えが急務とされている木造住宅密集地域において、公私の曖昧さを保持する都市修繕の在り方を目的とするものである。
 荒川区荒川4丁目49番地を計画敷地とし、街区平面図と1/30模型を作成することで、境界の曖昧さを形作る5つの要素に着目した。それぞれの要素ごとに街区平面図の路地や隙間を記述し数値化した。都市型/郊外型のニュータウンとして新宿区百人町3丁目と世田谷区成城6丁目を比較対象として選定し、各住宅地の数値と都市の印象に関連性を見出すことで、境界の曖昧さが公私の曖昧さと密接な関係にあることを確認した。

 荒川区荒川4丁目49番地にて、公私の曖昧さを生かした都市修繕を行い、住民に街の良さを再認識してもらうことで、木造住宅密集地域の下町らしい人間関係を保持し続ける都市計画を提案した。本修士設計は木造住宅密集地域における都市再生手法として有効であり、既存の都市再生に対する評価手法としても期待できる。

集築倉庫(しゅうちくそうこ) 〜公私混同していく環境〜

作品概要

現代の我々の働き⽅はインターネットなどの発展により,少しずつ⾃由に近づいている.
そういったこれからの「働き生活する」⾵景は,かつての「職住分離」的な働く場と⽣活の場を分断するような形態でなく,「公私混同」的な好きな時に働き,好きな時に遊ぶような⽣活ではないだろうか.本提案では,そんな公私混同的な環境を作っていくことで,働き⽅が変わっていくような集合住宅を考えた.そこで,様々な資材(材料,廃材,モノ,お⾦,電気など)を⼤きな2 つの倉庫に「集め」,地域の⼈たちで「築く」集築倉庫のある集合住宅を提案する.
そういった資材を用い「集合住宅住⼈」「周辺の住⼈」「働いている⼈」などが組合を作り,⺠主的に多様な「働く場」,「暮らす場」を発⾒的に⾒つけ築いていくことでポジティブに「公私混同」していくような環境の提案を描いた.

野営地になる町並み

空き家とキャンプ場にあるテントは同じ空間を持っている.そこで,集合住宅を町のキャンプ場,空き家を町中でのテントとして,家(私)ーキャンプ場と空き家(共)ー街並み(公)を構成した.

30のエントランスをもつ大豪邸

敷地は奈良県登美が丘.町というパブリックな場と家の中の自分の部屋というプライベートな場との間にある関係性を組み替える提案.大豪邸を30戸の集合住宅としてリノベーションする.大豪邸の中のそれぞれ特徴をもった部屋が多様な家を生み出し、廊下は家をつなぐ共有インフラとなり骨格となる.骨格が外形化し、それらにぶら下がる形で増築が行われ既存と改修部が混ざり合う.広大な庭は各戸のアプローチ空間となり、塀は解体され町へと開いてゆく.関係性のリノベーションによって各戸が町とつながり、地域の中心地となりながら1つの大きな屋根の下で暮らす家族のようなつながりを持った集住環境が生まれる.

下に伸びるケンチク

高さ方向の操作によって単一の機能に縛られない,さまざまな機能を見つけるといった外部環境的生活が住宅の中へ取り込めるのではないかという空間の実験を私たちは試みた.機能を見つけ,自分の居場所を見つけられれば,それ以外は共有空間となり得る余地がある.専有から共有化された空間は,床面積の代わりに都市に対しての表面積を大きくさせる.つまり,専有から共有という図式は,建物だけで完結するのではなく,周囲環境の断片を引き寄せ,集め,お互いに関係付けることによって外部環境が連続する空間のネットワークとして都市へ広がっていくような意味のある集合を可能にする.

1/2

はじめに、パブリックスペースの意味を捉え直す.
まず、ある場所を共有する人数をx人とおくと、x人で共有する場所を、「1/xのパブリックスペース」と表すことができる.すると、今のパブリックスペースは、場所を共有する人の数が多く、1/xの分母の数が大きくなる.しかし、共有する人にとっては、自分がその場を共有しているという意識が薄い.また、場を共有する一人ひとりとの関係は希薄である.ここで、1/xの場を共有する人の数を減らす.分母xの数が小さくなる.すると今度は、一人ひとりとの関係は親密なものになる.つまり、他者と親密な関係を築く最大限の密度は「2分の1」ではないだろうか.部屋と部屋の間に、他者と2人で持つ「2分の1」の共有空間を入れることで、住宅は自分だけのものから、他者と関わる場になる.他者との関係性の中で生活することは、都市生活だと言えるのではないか.

まちのリビング ─小さな都市/大きな家に住むという快楽─

家のような居心地のよい空間を都市の多様性で満たす。これが都市に住む人の欲望を満たす空間だと考えた。家のような居心地のよさ、都市の多様性、両者の空間性を満たすために「まちのリビング」を提案する。「まちのリビング」は衰退する商店街上部に人が住むことで、アーケード空間を公共福祉機能をもったオープンコモンスペースに転化していく計画。1階はオープンコモン、3階より上は改築を行い、個室の入る集合住宅にする。そして、2階を住民のみが利用できるクローズドコモンである「いえのリビング」とする。このようにして、「まちのリビング」と「いえのリビング」のふたつの施設がアーケードの下につくられ、ふたつの空間がアーケードという空間に再び息を吹き込む。「まちのリビング」は商店街の住民、周辺の住民、行政が三位一体となって成立し、分断された都市と住宅の関係に刺激を与える提案。

「垂塀…まちとの呼吸」

まちには2種類の他者がいる。ひとつは通りすがりの人、積極的に関係をもつ必要のない「他人」。もうひとつはご近所さんなどの積極的に関係性をもつべき「他者」。垂塀は立位の状態で視線を遮り、座位の状態で視線を通す。「腰壁…外部との呼吸」…庭との境界はガラス戸で、そこからセットバックさせて腰壁を設ける。腰壁の手前は庭と繋がる大きな縁側のような空間となり、奥は上のみが庭と繋がるプライベートな空間となる。「垂壁…家族間での呼吸」…垂壁に囲まれた空間が個の空間となる。椅子やベッドの上では閉じた空間としてひとりの時間を過ごせ、床に座れば周りの共有空間と繋がる。「腰窓…お隣さんとの呼吸」…隣の家との境界の開口部をセットバックさせ坪庭をつくり、腰窓をあける。家の中からは坪庭だけが目に入り、窓際に座ればお隣さんとのコミュニケーションが取れる。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now