宇宙と建築 Space and architecture

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

インフラフリーに向けての新たな設計手法の展開

作品概要

この建築は月面の資源を主体とし、構築されるものである。2035年から2055年のNASAの月面基地展開のシナリオを目安とした建築。宇宙建築はその過酷な環境から内部を守るため、シェルターの様な閉鎖的建築となる。その環境は月面長期滞在クルーへ大きな負担をかけることとなる。2035年からの月面資源の利用が始まる期間は、この環境を脱する可能性を秘めている。建築がシェルター要素を含まなければならないのは、宇宙放射線が原因であるが、これに対し水素原子が最も有効であることがわかっている。月面の資源において、水素原始を最も多く含む素材は水である。この建築はトリチェリーの実験を利用し、二重膜内部に水を送り込むものである。トリチェリーの実験には重力、大気、真空、液体密度が大きく影響しており、地上と月面で、数値に大きな変化が出ることがわかった。月面は外部環境が常に真空であるため、月面だからこそ有効な手段であるかもしれない。建築を主とする専門家がいない極限的環境では、セルフビルド性が基本である。つまりは、極限的環境ではいかに人的作業を減らせるかが目標となるのだ。この建築はシェルター性と透明性を持つ空間を作り上げ、インフラフリーでの一つの可能性を示す。

宇宙環境と居住空間の新しい関係性の構築

作品概要

スペースコロニー(以下SCと記す)は、人口爆発や地球環境問題等を解決する方法の一つとして検討されてきた。その多くは、宇宙に地球の擬似環境を造り、数万人を収集する都市として計画されている。私は今後の人類の生活の発展にSCの研究が重要だと考えている。しかし、従来のSCの計画は、宇宙構造やシステム全体のフィージビリティの検討に終止しており、居住空間や暮らし方についての議論を成されているとは言い難い。そこで本研究では、従来の地球の擬似環境を造る計画手法ではなく、コンパクト化、軽量化することを条件とし、SCの内部計画の要求を明確にすることに重点を置き、実現可能性を高めると同時に、宇宙に住むという魅力と、実現可能な計画を照らし合わせながら宇宙長期滞在の可能な居住空間を構想する。
本研究において、内部計画に繁栄した宇宙環境を3点挙げる。 1点目に、重力分布の差異を挙げる。SC内において重力の大きさや方向が極端に変化するため住人が方向感覚を失いやすいという問題がある。2点目に閉鎖環境を挙げる。この環境下で考慮すべき事項は3点あり、まず持続可能な生態系、次に閉鎖空間特有の生活の制限、最後に閉鎖環境における偶発的な生活の計画である。着目した宇宙環境の3点目に、コミュニティである。宇宙環境下で生活する際、最も重要なのがコミュニティの形成であると、宇宙飛行士が語っている。これらを内部計画に繁栄した。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now