グリット・軸線 Grit / axis

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

空間の先立つ建築 - マゾヒスティックな設計手法の構築の試み −

作品概要

どこかでみた,どこにもない街

街には,道と街区がつくりだすさまざまな特徴的なグリッドがある.私たちは,異なる軸が混ざり合って多様な関係性を生み出すことが街っぽさをつくっているのではないかと考えた.そこで,建物単位の軸がつくる周辺の余地と隣家の関係に着目し,ゾーニングによってばらばらになっている街の余地をまとめて再構成する.そうすることで,隣家の関係から全体,さらには周辺の街まで広がっていく屋敷のような建築となる.自分の部屋の建具を開くと,余地を介して隣の家と繋がり,刻一刻と変化しながら街へと繋がっていく.そんなどこかで見たどこにもない街の提案.

庭と部屋の塔

30年後は,人口は減り,高齢者が増加し,郊外で土地が余り始め, 多くの人が庭を持つ機会を得る時代である.それは,20世紀の住宅 の狭小化によって失われた庭園文化を復興させる好機であり,庭を 贅沢に遊ぶことができる時代である.今回の設計では,各部屋にそ れぞれの庭を置き,それらはあたかも部屋のように配置されている. 各階に1住戸とし,それらを上下動線を軸にして,90度回転させな がら積んでいく.4住戸で一周し,天井高は最大14.5mとなり,開 放的な庭ができる.

浅草・持ち込み寺

浅草は隅田の川や微高地という土地の利を活かし、商人たちが様々な商いを仕掛けることで文化を生み、江戸一の商業の中心に発展した。 しかし現代の浅草は観光地化による画一化により、商いの安定は得られたがかつての自由な商業のあり方が薄れてきている。 私たちは浅草の街に根付く寺社空間に商業を組み合わせることで浅草の新しさの原動力である商人の仕掛けを許容する建築の提案を行う。

PROPAGATE -隆起する浅草-

1873 年(明治 6 年)に「浅草公園」と命名され、一区から七区までが緑地と最先端の歓楽が混在する自然豊 かな場所でした。しかし、浅草の発展とともの緑は失われ、高密で断片的な活動の場所となっています。 浅草の地に「山」のような立体的な公園を提案することで、再び豊かな緑を取り戻し、かつての自然と最先 端の文化が共存する豊かな活動の拠点を提案します。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now