森林資源・森林荒廃 Utilization of forest resources

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

森林資源を循環させるための建築 作品「森のラボラトリー」

作品概要

 現在の日本の森林は、大量の樹木を蓄え伐採と更新の需要が高まっている。第二次大戦後に一斉に建築用材林が植えられたことにより、現在の人工林の大半は1950年代に植樹された針葉樹であり、樹木の多くは利用されずに成長を続け、現在の森は大径木が取れるほどに成長している。

 本書では、「循環」を「森林資源を循環利用すること」と定義し、地域の人が介在することによって資源の循環を促すことを目的とする。茨城県石岡市八郷の森林を対象地として植生調査と地域の活動に着目し森林の利用調査を行う。丸太は形状が不均一で利用が困難である一方で、製材に比べ原料のまま利用できるため歩留まりがよく加工負荷が少ない。そこで、文献調査および現地調査により地域の人が建築の工程へ介入しやすいような丸太の構法調査を行う。本計画では、非流通材を活かして地域の活動の場を作ることを目的とした。森にある木を敷地外に移動し製材するのではなく、丸太のまま利用することで、流通の規格から外れる樹木を使い切りながら森を整備する。八郷の森林資源を実態的に捉えることを通して、地域に根ざした建築デザイン手法の試みを作品として提示した。このことは、建築をつくることが森林資源を活用することそのものであり、建築デザインはその利用を広く空間的に共有するための社会的媒介となりうると考える。

森になる川の遷り -桂川下流における動く河川公園の設計提案-

作品概要

 日本の中流域の川は森へと姿を変えつつある。洪水攪乱の減少により遷移が進んだ川は、都市に秘境のような緑地環境を形成する一方、新たな洪水リスクをもたらした。そこで、京都桂川を対象に、小さい攪乱を増やし都市を守るインフラと攪乱と遷移が空間をつくる「動く河川公園」を提案、河川環境と治水の両立を目指す。動く河川公園は、攪乱を制御し都市を守る河川インフラである水制工の機能を、増幅に読み替え、〈動かないもの〉攪乱をコントロールする水制工、〈動くもの〉攪乱による植物群落の消長と河床の変動、によって形成する。現況の植生動態と流れ構造の分析から、川が持つ動きを増幅し、変動する空間をつくる。攪乱をコントロールする水制工の配置は河川シミュレーションソフトを用い、配置計画と設計した攪乱がもたらす50年間の変動予測を行った。
 公園内は動きをつくる水制工の上に設置した木デッキが人の居場所となる。森になる川は、攪乱を繰り返し、密林と川の2極化した環境から、ヨシ原、森の中の入江、ヤナギの大樹の木陰と草原など多様な環境が立ち現れ、やがて50年に一度の大規模洪水を受け入れる姿になる。森になる川は都市に動くオアシスを提供し、訪れる人に自然のダイナミズムを伝える。

森のよりどころ
- 我が国の森林資源及び里山の現状分析と里山と都市を紡ぐ空間の提案 -

作品概要

現在、日本の国工面積の68%が森林で覆われている。しかし、我が国の林業は衰退し、現在荒廃した森林が増やしている。次世代に豊かな森林資源を残す為にも、里山そして都市関わらず長期的に森林と関わる人が増えることを目指す必要があると考える。今、我が国では20〜40代を中心に里山に、そして林業に興味を持ち、自然あふれる田舎地域に定住することに注目する人が増加している。そこで、里山地域の未だに活用予定のない工場跡地を活用し、田舎生活を目的として、都市部から週末を過ごしに来る人や、定年退職し、田舎に移ってくる人のためにシェアハウス及び地域の人と関わりを持てるコミュニティ施設を計画する。
里山暮らしを始める前に、まずこのシェアハウスに仮の地域住民おして一定期間住むことで、地域の善し悪しを知り、里山を体験する。体験期間が終わり里山に定住する人、都心に回帰する人、共に里山の風景は心に残り、第二の故郷となり、そして心のどこかできになる存在となるだろう。この小さな気持ちこそが里山、そして森林を再生するきっかけとなる。また地域住民にとってもこのコミュニティ施設は今までにない新たな集いの場となることを期待する。

森の工房
- 小田原ウッドデザインセンター -

作品概要

神奈川県小田原市は、木の流通に関する川上から川下までが連携した地域材利用を目指している。しかし、現状として小田原材の需要は低迷しており、手入れの行き届かなくなった森林から搬出された木材は、虫害などにより品質が低く評価され、市場価格が極めて低くなっている。そのため、県内唯一の原木市場からは、良質材以外の原木搬入が嫌煙されており、切捨て間伐やチップへの利用にとどまっている。

本修士設計では、『小田原市いこいの森』を敷地とし、小田原の職人や林業者が一般の人と、ものづくりを通して繋がることで、小田原材への理解を深め、利用が拡大されることを目的とし、小田原ウッドデザインセンターを計画する。

林業の現場と隣接している『小田原市いこいの森』に、ものづくりの場を与えることで、山の木が利用されるまでの流れがコンパクトに実現することができ、持続的に木材が活用される仕組みになると考える。

この建築では小田原材に適した構法として、マッシブホルツ構法を採用し、従来の接続方法にずらしを加えることで、空気層をつくり、断熱効果を持たせたパネルを開発、パネルを繋ぎ合わせることで、連続した屋根やスラブを構築した。

本修士設計によって、ものづくりを通して地域材活用をする拠点を提案することができた。また、自然と共生するオフグリッドな建築を提案することができた。

雑木林を活用した交流施設 - 埼玉県北本市南部地域を対象として -

かつて埼玉県北本市南部地域は豊かな雑木林の広がる農村地であった。農家における燃料や肥料の供給源としてつくられた雑木林は、人々の営みとともに維持・更新されていた。しかし、昭和30年頃から始まった資源の近代化により雑木林は放置されるようになり、生活の一部として存在した人と林の有機的な関係は失われた。さらに、近年の人口増加にともない雑木林は宅地開発の対象となり減少しつつある。その結果、本地域は昔から住む農家の人々と宅地化によって入った新住民など多様な人々が混在している地域となっている。このような場所において、まちの歴史的特徴である雑木林を継承することはそこに住む人々の場所への愛着に影響するものと考えられ、地域が存続するうえで重要な課題である。そこで、本研究では埼玉県北本市南部地域を対象に文献調査、現地調査により雑木林における活用の特徴と交流の実態を明らかにし、交流施設をケーススタディとして提案することで地域の歴史的特徴と現代の住環境を活かした雑木林における新たな交流のかたちを建築空間として提案することを目的とする。本研究では北本市南部地域における雑木林において4つの敷地をケーススタディとして交流施設の提案を行った。雑木林を開く交流施設と旧集落の川から里山までの一まとまりをなすウォーキングルートを設定し、特徴の異なる雑木林をとりあげ、事例ごとに交流対象と雑木林の活用方法を定め検討、設計した。その結果、建築としては雑木林の維持管理を行っている市民団体と、その周辺施設を利用する人々のための交流施設として、雑木林から生まれる新たな交流を支える屋根と広場による空間構成を示した。

生きられる風景の空間 〜二次的自然の遷移と建築〜

「小さいことは素晴らしいことだ。」
 1973年、経済思想家・エルンスト・F・シューマッハの言葉である。今もなお再考すべきこの投げかけに対し、「小さい建築」とは何かを考える。
「ビッグネス、あるいは大きいということの問題」
 1994年、レムコールハースによるテキストである。「小さい建築」とはすなわち「ビッグネス」でない建築ではないか。5つ目の定理、「文脈無く、ただ存在する」を引用し、文脈無くしては存在し得ない建築を考えたい。

 強い文脈を持つ空間として、私は、人の手の介入した「二次的自然の空間」に着目し、分析を行った。自然の風景は単なる背景ではなく空間であるという視点から、原生自然から建築までを透過に空間として扱う。

 二次的自然のうち、里山の再生をテーマとし、放置人工林の広葉樹林/混交林への更新を図りながら、人が森林と関わり続けるための計画をした。敷地は、千葉県山武市姫島の里山。木材資源として有利な人工林は活用し、その他の放置人工林は、広葉樹林や混交林へと更新していくという指針に基づき、マスタープランを計画し、また、人と里山を関係づけるための4つのプログラム(キャンプ場、展望台、研修施設、宿泊施設)を設計する。

人と森を紡ぐ空間 −樹林地の管理活用を目的とした里山体験学習拠点施設−

近年、環境保全への関心が高まり、身近な自然(里山)が注目されている.
教育の現場では、総合的な学習の時間を利用して自然に触れる機会が増加し、都市住民は自然との触れ合いを望み、エコツアー等が企画されている。また、里山に関わる市民活動団体が各地に存在し、地域共通の財産である樹林地を管理活用している。大学では,近年の大学施設開放の動きもあり、大学附属の演習林を一般市民に開放する機会が増えている。
 本設計では自然への要求の増した人々と、豊富な知識・技術を有した大学とを結びつけ、樹林地の管理活用を目的とした体験学習拠点施設を提案する。
 演習林の持つ豊富な自然環境を身近にし、人々が利用することで自然の価値が高まるよう,この拠点施設が媒介し,人と森が向き合い、健康な生活と自然環境を再発見するきっかけとする。林内の拠点の施設を中心に林道を張り巡らせ、フィールドへのアクセスを向上し、既存林道に加え新たに林道を施設と連続して設計する。
 建築が影響して自然を守るもの、建築を演出する自然等、建築と自然は独立しているのではなく、多様な関係があるように思える。この里山体験学習施設は親自然的なツールを用いて、自然の中へ物理的に人を導き、アクティビティを通じて人と建築と自然を共存させ自然の価値を高める提案である、研究や演習に特化した教育研究機関から、親しみを覚える地域施設へ生まれ変わる事を期待し本設計を試みた。

銭湯のあるまち── 森林とリンクする賃貸住宅
不動産価値が維持されている長野駅周辺や,長野県善光寺周辺の門前の魅力を生かしたブランド力のあるエリアに建つ建物のリノベーションと,郊外エリアのリノベーションには格差が生じており,魅力的な再生が見い出せていない.平行して建つふたつの団地建物を繋げるように銭湯を配置.各住戸では初期コストのかかる浴室を取り払ったリノベーションを行い,住人は日常の生活の中で温浴施設を利用する.ふたつの建物の間にウッドデッキを設け,地域コミュニティの受け皿となる場所をつくる.
どばどば —木馬道がつたう家々が街全体に木を流す—

商店街を皮切りに,今後衰退するだろう地方都市と,現在衰退の一途を辿る山間地域の林業を結びつけた建築を考えることによって,林業の循環性を利用した地方都市の持続的な再生を提案する.断面寸法が少しずつ小さくなっていく柱をストリートに沿って配置し,それらの柱が次々と取り替えられていく「ガワ空間」と,その柱の断面の大きさに対応した生業で生活を営む「ナカ空間」という構造上分離したふたつの空間で建築をつくる.このふたつの空間は,材木の溜まり場「土場」と,材木を運搬する「木馬道」というかつての山間地域で材を流していた場や道で繋がれ,やがては街全体に材が巡っていく.木を流すという行為がストリートに新しい価値を与える.

式年遷住-集落土場での暮らし-

木の住まいはこの土場を介して移ろう。大きな柱はその隣の家のひとまわり小さな柱へ、そのまた小さな柱へ、もっと小さな木サッシへと、痛んだ材の取替え時期に合わせて流れる。柱や床や屋根など、住まいのある部分をいささか大きくした特徴的な4つの家々は、相互の生活の余白を埋めるように共用する場をもち、修繕の際には再び大きな材が土場へ運ばれ、またどこかの家への修繕に使われる。そんな式年遷宮のような自立型の共生のかだちをもった木造住宅群の提案

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now