多世代・多国籍・グローバル​
Multi-generational / multi-national

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

むすぶ家 - コンパクトなまちでつながるサービス付き高齢者向け住宅 -

高齢化が急速に進行する中、多様なニーズをもつ高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすことのできる環境の整備が必要となっている。高齢者の状況をみてみると、単身世帯が増加しており、今後その傾向が続くと予想されている。また、高齢者世帯の住宅の所有関係を見ると、単身世帯の方が夫婦世帯よりも持家居住が低く、民営借家の割合が高い。今後、介護が必要な高齢者が増えることや単身世帯が増加することから、地域から孤立する人が増えていく。特に単身男性は、地元意識が希薄であり、地域社会とのつながりが途絶え、孤立した暮らしにつながる可能性が高い。単身世帯が介護を必要になったときも安心して最期まで暮らせるような住まいの確保が必要になってくる。
そこで、本計画では高齢単身世帯を地域から孤立させないように、温かいコミュニティが生まれるようなサービス付き高齢者向け住宅を提案する。高齢者がファミリー世帯を含む多世代と集い交われるように、ファミリー世帯住宅を併設する。そして、地域住民とも交われるように高齢者住宅を開放し、交流しやすい環境を整える。また、高齢者の要介護度が高くなったときや医療が必要になったとき、さらに看取りの時期、こうしたときにも対応できるようにすることで、より豊かに最期まで安心して暮らせる住まいになると考える。

ツギハギ工房

修理や増築といったモノづくりでコミュニティを創出する提案.林立する柱をきっかけにして,住民が共に国際色豊かな場所をつくる

旅する集合住宅

住戸を国として考え,住民は空き住戸へ転々と旅をする.そうすることで住民の母国が増え文化が根付き,集合住宅という世界の中を旅する途中で,文化を知り,文化を与えていく.

Ah...Umm!

言語を介さないからこそ,適度な距離感の交流を生むことがある.暮らしと暮らしの隙間に非言語インターフェイスを挿入することで程よい「関わりしろ」を生み出す.

食築住宅

「食」は生命の共通テーマである.それを「育てて」「学び」「選んで」「つくる」という過程を設けることで,老若男女の垣根を超えて,知識や技術を与え合うきっかけをつくる.

結楼 グローバル社会において、外国人と街を融和させる住環境の提案

これまで日本の住宅は社会的背景やライフスタイル、技術の発展に応じて姿を変えてきたが、これから目指すグローバル社会においての住まいの環境はどうなるのだろうか。そこで外国人が街に融和することができるような建築を提案する。敷地は大阪の上町台地に位置する寺町・夕陽丘。さまざまなヴォリュームと多方向からのアクセスが可能な道、大きな屋根で構成された舞台建築を建てることで、既存の街のよさを発見し、日本人と外国人が交流できるパブリックスペースをつくり出す。

第13回長谷工住まいのデザインコンペティション
多世代・多国籍で生まれ変わる集合住宅

概要

 国内では高齢化や少子化など世代による課題が,介護や働き方,子育てや教育といったコミュ二ティの問題として顕在化してきています.また,インバウンドの増加や出入国管理法の改正により,外国人が増加し,住まいのあり方も変わろうとしています.こうした多世代,多国籍の人びとの住まいを考えることは喫緊の課題のひとつです.しかしそこには,同じ世代,同じ考えだけのコミュニティではなし得ない,可能性が秘められているのではないでしょうか.私たちの日常を見回してみると,多世代が共に住むことで生まれるコミュニケーションがまるで教育の場のようになったり,違う文化を持つ海外からの人が共に住むことで,新たなイベントが起きたり,そうした実践の萌芽はあちこちで生まれ始めています.そうした小さな一歩が,これからの時代を切り開く新しい価値を生み出すかもしれません.それはかつての大家族制に戻るということではなく,近代の核家族の住み方を経験した先にある,新しい住まいであるはずです.課題を乗り越え,新しい価値を生み出す,多世代,多国籍で生まれ変わる集合住宅を提案してください.

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now