違和感・不気味 Feeling uncomfortable

~  編集中  ~

このページでは提案要素ごとに参考作品をカテゴライズを行っています。

​対象作品は全国建築学生賞、全国卒業設計賞、JIA修士設計展、トウキョウ建築コレクション、せんだいデザインリーグ、荒レンガ卒業設計展、全国合同設計展、中部卒業設計展、ディプロマ京都、デザインレビュー、長谷工コンペティション、ダイワハウスコンペティション、ERI学生コンペ、大東建託コンペティション、フューリックコンペティション、パブリックスペースコンペティションです。そのほか、関連の動画、書籍、雑誌、建築物もカテゴライズを行い、最大級最先端、最高技術の建築設計プラットフォームを目指します。

実家への違和感をひもとく
- 地方小規模宿泊施設における存在意義の証明 -

作品概要

 私の実家はペンションを経営している。ペンションとは洋風の外観を有し家庭的な雰囲気の中で比較的安価に宿泊可能な小規模宿泊施設である。地方田舎の観光地には中小規模の旅館・民宿・ペンションなどの宿泊施設が多く存在し、地方観光産業の要となっている。私の出身地である静岡県伊東市もまたこのような宿泊施設が観光客の拠り所となっているのである。しかし私は、自分の実家に物心ついたころから違和感を覚えていた。実家がペンションであるということ、またそれを手伝わなければならないという事実、川奈という地域でのあり方。このように私が抱える違和感は数知れない。その地域における存在意義とは何か。宿泊施設という役割から外にだけ目を向けていたが、川奈に対して新しい視点を設けることで、地域やペンションの持つ資産を熟知し、また川奈に対し存在価値や必要性を高めることができると考えた。本研究は私が実家に抱いていた違和感を紐解きながら、地域との関わり方、これからのペンション日下部の川奈における存在意義を証明することを目的とする。また最終目標は、ペンション日下部の改修(将来的に実施予定)である。また宿泊施設という形態がその地域に及ぼす新たな役割を考察することで、これからの新たなペンション像を発信する。

半麦ハット

作品概要

この修了制作は、淡路島での洋服店の実施設計をめぐる、「見慣れすぎて見えていないもの」をそのままにしておくためのひとつの試みです。(2019 年夏竣工予定)

この地域は、農地・漁港・工場・新興住宅などの様々な風景が入り混ざった、一見特徴のない、どこにでもある郊外のようです。しかし、微差ながらも個別の情報が読み取れ、一概に「どこにでもある」とは言い難く、街の生々しさを表しています。このような、街にある異なるスケールや目的を持つ風景を「カケラ」と名付け、全てを等しく扱おうと試みました。

私は「カケラ」を形態として扱い、それらを組み合わせて設計を行います。設計を通じて生まれた新しい意味(用途や質)は、新たな形態として街に現れます。そして、住民の目に風景として映った時、違和感を起こすような建物を設計しました。

ゾーニングには1/100 のアクソメや模型を、素材のおさまりには実物によるモックアップなど、目的によって全く質の違うツールを扱いました。このような、カケラの持つ情報とツールの選択によって設計を積み重ねた結果、スケールによる設計順序のヒエラルキーから自然と外れ、カケラに平等に価値が与えられた一軒の建築として現れました。

設計者として、建築設計が持っているセオリーに懐疑的になることを、カケラが支えてくれています。

湯河原の家

作品概要

 私は住宅を設計した。わりと普通の背格好だが、なんだか少し気持ち悪い。「あの部分は一体何だ?」と疑問符がつくような、それでいて地域の愛着を一身に受けている奇妙な住宅である。

 私が行ったのは、《建築の「構成材」を別々のしかたで設計し、一つ一つに固有名詞を与える》というものだ。すなわち、ここで設計され名付けられる「構成材」たちは”壁”や”梁”といった単純なものではなく、新しく個性(キャラクター)の与えられた、ある特定の機能を有する意味深なオブジェクトなのである。
 固有名詞を与えるという行為の価値は、単に意思表現のツールである。しかし、重要なのは全体ではなくあきらかに部分=建築される前「構成材」の段階からバラバラの作家性を与え、他者に解釈されることを前提に設計をするという行為にこそある。

 本設計は建築を構成するエレメントを一品生産のプレファブ化とも言えるしかたで作り、組み上げ、地域という具体的な敷地に着地させ、全体性を獲得するまでを描いた試論である。

人が風景から感じとる違和感や不思議さについての考察 - 意識が入りこむ要素をもつ建築の設計 -

作品概要

一見なんの変哲もないような風景に、違和感を感じ目をとめてしまうことや不思議だと感じることがある。そんな風景や空間がもっている不思議さや違和感の要因を知りたいという思いがあった。そういった風景にある要素は、観察者になにかを想像させる力を内包していたり、認識をゆさぶる力をもっている。観察者がその風景と対峙することによって何かしら思考をめぐらすような働きかけを、本提案では「(その対象に観察者の)意識が入りこむ」という言葉で表している。意識が入りこむ要素を知ることで、絶対的なものとしてある物理的空間からそれ以上の空間体験や広がりのようなものを観察者それぞれの認識によって生むことができると考える。本提案では、風景を主観のみにかたよらず分析していくため3つの方法を用いて分析していった。1つにチャールズ・サンダース・パースの記号論を用い知覚現象を記号的視点から分析し重要な要素を浮彫りにするという方法。2つめに自身のイメージと写真を元に他人に風景の模型化を行ってもらい、 風景を客観視して考察する方法。3つめに風景から感じ取った感覚的なイメージのスケッチを重ね、 イメージの輪郭をつかむという方法である。こうして得た要素を用いて「意識の入り込む建築」の設計を行った。

シュルレアリスム的建築の設計 -dépayserされる建築の現象物体、unheimlichな家

「いとしい想像力よ、私がおまえのなかでなによりも愛しているのは、おまえが容赦しないということなのだ」シュルレアリスム宣言 アンドレ・ブルトン

『シュルレアリスム』という運動は、人々の頭に、精神に混乱と諧謔をもたらした。ここに人間がより自由な生を受ける多くの可能性を秘めていると信じてやまない。これはシュルレアリスムの建築の設計を試みたものである。とりわけ良い建築を目指すものではない。 最終的に住宅を設計し、シュルレアリスム的建築の回答として提示する。
シュルレアリスムにおける様々な表現は、共通して結果的に“客体”の奇妙な羅列であり、人々に驚異や痙攣なるものを与えている。では、どのようにしてシュルレアリスムを建築にするか。それは柱などの建築を構成している諸要素に内在する現象をデペイズマンさせることで、確固たる現実の建築としての超現実を見出す。
柱、壁、屋根、階段、戸、窓、天井、床、椅子、机、棚の11の建築の諸要素を “客体”とし、不完全性を孕んだ広辞苑によって解釈を求め、私的数式にして表した。それを道具にし、「痙攣的な美」を考慮しつつ、ドローイングと模型でデペイズマンの試行を行った。 住宅の中身を架空のコモンイメージとして定着しているアニメ「クレヨンしんちゃん」の野原邸に求めた。図面・模型化し、家族・部屋構成を引用する。
以上をもとに、住宅を設計した。
それは痙攣的で、不可思議で、身近なunheimlichな家である。

違和感のある日常

愛という言葉から何が思い浮かぶだろうか。男女間に生まれる恋愛、親子や兄弟に抱く家族愛、生命に向けられる博愛などさまざまである。ここで着目したいのは、愛着である。愛着は生まれながらにはもち得ないが、他者(物)の影響によって無意識に生み出される唯一の愛と言えるだろう。私たちは建築という他者によって愛に気づく家を設計する。私たちが暮らす「1K」は使いやすさや合理性によって定型化され、快適な生活を私たちに提供してくれる。一方でその生活には何の疑問ももたず、決まり切った使い方をしていると考える。そこで、「住空間」に少しの「違和感」を与えることで、日々の生活に変化を生み出す提案を行う。

Creepy Narcistecture

生まれたばかりの人間は、世界が自分の欲求通りになると思っている(私的幻想)。しかし、次第に思い通りにならないと気づき、私的幻想とは別に自我意識を発達させ、両者の折り合いをつけることで環境に順応し生きていく。私的幻想が強い人は環境や社会に対して微妙に順応していない。そんな少し不気味な彼らの幻想を建築化することで、彼らがこのイエに居ない時、建築のオブジェクト自体が半自律的に存在し(建築の私的幻想が強まる)、都市を行き交う人に不気味なモノとして発見される。これらが点在することで人びとに不気味な人・モノによるシークエンスを生み出し、都市・建築へのリテラシーを高めるためのきっかけとなる。

​~ 関連する建築家 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

​~ 関連する建築思想 ~
アルゴリズム建築・Algorithmic Architecture

アルゴリズム建築とは、情報処理技術を用いた、解像度の細かい離散過程を伴う設計の手法で、自然と人間の関係、自然と作為=人工的な構築の関係を再び定義し直すものである。自然は無限の連続体であるのに対して、そこにデザインの過程で人間の解釈が加わると必然的にその自然は有限の要素へと「離散化」される。アルゴリズムとは、同じく自然を離散化して理解するための方法でありながら、従来の近代までの解像度の粗い離散化過程とは異なり、より解像度の細かい自然の離散化を行ない、連続体としての自然そのものへと限りなく近づこうとする試みである。

【 2 】建築設計・各提案プロセスの作品パターン

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

【 1 】建築設計・各提案プロセスの評価項目

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

>>設計作品を見る>>

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now