​槙 文 彦

1928年東京都に生まれる。
1952年に東京大学工学部建築学科を卒業し、アメリカのクランブルック美術学院及びハーバード大学大学院の修士課程を修了。その後は、スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル、セルト・ジャクソン建築設計事務所、ワシントン大学のキャンパス・プランニング・オフィスに勤務する。ワシントン大学とハーバード大学で都市デザインの準教授も務める。1965年に帰国、株式会社槇総合計画事務所を設立。帰国後も40人の所員と共にオフイスを構えながら、東京大学教授を務め、1989年まで教壇に立つ。現在に至るまで日本を含め、アメリカとヨーロッパで講演を続けている。2008年には、建築と都市に関するエッセイ集Nurturing Dreams(MIT Press)を出版。槇文彦は国内外で数々の賞に輝くなど高い評価を得ている。主な受賞歴は、1988にイスラエルのウルフ基金賞受賞、1990にトーマス・ジェファーソン建築賞受賞、1993年に国際建築家連合(UIA)ゴールドメダルとハーバード大学から贈られるプリンス・オブ・ウェールズ都市デザイン賞受賞、1999年に アーノルド・ブルンナー記念建築賞と高松宮殿下記念世界文化賞建築部門受賞。多数ある受賞の中でも、最も建築家にとって名誉あるプリツカー賞を1993年に受賞し、2011年にはAIAアメリカ建築家協会から贈られる ゴールドメダルも受賞。

名古屋大学豊田講堂 1963 日本建築学会賞 恩賜賞・日本芸術院賞

名古屋大学豊田講堂は、名古屋市千種区不老町の名古屋大学東山キャンパスに所在する講堂である。1960年に槇文彦の設計で名古屋大学東山キャンパスの中心に建てられ、同大学のシンボルとなっている。鉄筋コンクリート造・打放しコンクリートの地下1階・地上3階建てで、講堂は1,612席の客席を有する。大学や附属中学校・高等学校の入学式・卒業式などの行事が行われる。1962年には日本建築学会賞を受賞しており、槇文彦の代表的な建築物の一つとして建築学会では大きな評価を得ている。また、1993年に名古屋市の都市景観重要建築物に指定、2003年にはDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選定、2011年には国の登録有形文化財にも登録されており、日本を代表するモダニズム建築の一つとして評価されている。「豊田講堂」では「打ち放し」というのが、ひとつのテーマで古い打ち放し建物の改修はコストがかかり、技術的にも面倒くさい。しかしできるだけ元のかたちに復活させようと海砂などは使わず、非常に精度のよいものでした。

171031_15h29.jpg
OIP0J7E8AHE.jpg

千葉大学ゐのはな記念講堂  1963年 千葉市都市文化賞 BELCA賞ロングライフ部門

1963年竣工の本施設は、名古屋大学豊田講堂(1960年)に続く槇文彦の国内2作目の作品であり、梯形の架構の断面が広場に向かって象徴的な姿を見せる。半世紀を経て、老朽化に伴う改修の要望と3.11以降の建築物への耐震補強の必要性に伴い、大改修が計画された。2度(1993年と2014年)の改修を行いましたが、有数の日本モダニズム建築の一つとして文化的価値の高い建築である本講堂を、老朽化に伴う修復だけでなく、新しいニーズにあわせた性能強化などを行い、より豊かな空間へと再生を図りました。
外装では杉板本実型枠コンクリート打放し壁の再生、ホワイエカーテンウォールの更新、屋根の防水改修。内装では、旧天井とアスベストを除去の上、新しくデザインされたルーバー天井を取付け、舞台を木床仕上げへ改修、1階客席を720席からゆとりある576席に変更した上でメモ台を装備。音響では講演・式典に適したホール機能の強化のため遮音・吸音性能を向上し、舞台音響設備を拡充。設備では空調環境の居住域冷暖房化、適正照度及び調光性能を備え、多様なニーズに対応するホールとなっている。設計者:槇文彦+(株)竹中工務店(新築)、国立大学法人 千葉大学(第1回改修)、(株)槇総合計画事務所(第2回改修)・施工者:(株)竹中工務店千葉大学ゐのはな記念講堂は、戦後に建設され既に50年以上が経過しているものの、その古さを感じさせない建築である点や、リフォームを経ているが、当初の優れたデザインの建築を使い続けたいという関係者によってロングライフとなっている点が評価されました

famous-architecture-chiba4.jpg
sqx.jpg

加藤学園暁秀初等学校  1972年 JIA25年賞(2014)  DOCOMO JAPAN(2014)

オープンスペース教育の最先端の現場である加藤学園初等学校は、日本において約3000以上に一般化したオープンスペースの教室をもった学校をつくるきっかけとなった、歴史的、文化的に重要なモニュメントである。本館1階中央に20m×20m程度の無柱の空間が用意されている。用途は固定されておらず、一般的な小学校における体育館・講堂として用途や、日常の授業の一環で広スペースを要する活動などに使われる。加藤理事長の掲げる「かべの無い学校」に、設計者の槇文彦氏は中央の多目的ホールを囲むように16m角の教室を配す建築計画・設計において応えた。音楽室前の楽器やトイレに駆け込む子どものシルエットなど、具体的でユニークなスーパーグラフィックや色彩等は、室内の自然光の美しさ、子供スケールの実現と共に、学校空間の可能性を生き生きと示し続けている。現在まで、耐震改修や設備の改修などが行われているが、法人本部にはそれらの改修履歴、メンテナンス履歴が保管されており、その意匠性、空間を損なうことなく建築の基本的思想と空間が40年以上に渡って維持されている。卒業生が自分の子どもを加藤学園に入学させるなど、世代を超えた教育方針と学校建築への理解があることも付け加えておきたい。

kato02.jpg
300px-GyoshuElementarySchool.jpg

岩崎美術館 1978 JIA25年賞(2010)

鹿児島の南端・指宿にある『岩崎美術館』です。ここは空気が汚れていないせいか、潮風が強いところであるにもかかわらず、コンクリートはかなりいい状態で保たれております。ここで使われていますコンクリートは、土木で使うコンクリートのように男性的でなく、かなり女性的というか、少しやさしい表現になっています。ここではスチールのクロスを象徴的に使っているのですが、こういうような形態と、打放しコンクリートの間のある種のアンサンブルを、意図しております。ですから鉄とコンクリートという、次第に複合した要素の発信するメッセージの組合せといいますか、そういうものに対して興味が現われ始めた建物です。

b0246531_17334039.jpg
b0246531_17551313.jpg

スパイラル 1985 レイノルズ記念賞(1987) JIA25年賞(2011)

スパイラルは、「文化の事業化」を目指して東京・青山にオープンした複合文化施設です。館内には、ギャラリー、カフェ、多目的ホール、レストランバー、生活雑貨を扱うショップ、トータル・ビューティ・サロンなど、多種多様なスペースが共存しています。スパイラル(SPIRAL)の名称は、英語で螺旋を意味します。これは、螺旋状に上昇していくイメージを表現した建物の外観と内部構造の特徴に由来します。スパイラルのテーマは「生活とアートの融合」。生活とアートが美しく溶け合った豊かなライフスタイルの実現を目指して、さまざまな提案を行なっています。それは、美術、演劇、音楽、映像、ファッション、デザインなど、質の高い芸術活動を日常生活の中で気軽に楽しむための、そして、暮らす、食べる、装うといった日々の生活そのものを、よりアーティスティックに演出するための提案です。都市生活者を中心に、日常にゆとりのある時間と空間の楽しみ方を提供します。スパイラルは、ジャンルを超えた芸術に触れる場として、コンテンポラリーな文化情報の受発信基地として、現代のカルチャーシーンを常に創り続けていく。

800px-Spiral_Building.jpg
1920px-Spiral_House_02.jpg
1280px-Spiral_House_01.jpg

藤沢市秋葉台文化体育館 1963 日本建築学会賞

神奈川県藤沢市にある槇文彦氏が設計した体育館「藤沢市秋葉台文化体育館」カブトムシのような外観が特徴の建物古い建築、特に公共的な建築は空に対して表情があった。お宮やお寺、カテドラルも、みんな見上げたときに空に対して豊かな表情を持っていた。ところが、近代建築はこれがない。この藤沢の体育館で考えたことの一つに、空に対してある豊かな表情を持った建築を目指した。トップライトの扱いやプロポーションに現れる。特にシルバーのステンレス屋根は構造だけでなく。伊東豊雄「シルバーハット」、原広司「ヤマトインターナショナル」と同様に空への豊かさがある。

シルバータイルと打放しコンクリートとステンレスの三つの組み合わせでこの形態で構成されています。また村野藤吾のような建築の表層にある皮膚感覚を持っている。

akitai2.jpg
00000000000000227064_0000026036_1.jpg

京都国立近代美術館 1986 京都美観風致賞(1987) BCS賞(1988) 公共建築賞建設大臣表彰(1992)

京都国立近代美術館(きょうとこくりつきんだいびじゅつかん)は、京都市左京区岡崎岡崎公園内にある、独立行政法人国立美術館が運営する美術館である。条坊制の都市の中で、われわれなりのコラージュをつくってみました。初期のスケッチの中で、既に真ん中に吹抜け空間があって、周縁にガラスの塔があって、その中に階段が含まれております。その周辺が展示空間というシンプルな、どっちかというとフォーマルな構成を持っております。幾何学というのはわりあいと大胆に使っていく方が、追力が出てくる。桂離宮を見ましても非常に新鮮なグラフィックデザインをやっている。

OIPMQ2Z4E46.jpg
kyoto_k_01.jpg

富山市民プラザ 1989 BCS賞(1991) 中部建築賞(1990) 公共建築建設大臣表彰(1994)

富山市民プラザ(とやましみんプラザ、Toyama Shimin Plaza)は、富山県富山市大手町にある公共機関、民間の商業施設が入居し、富山市中心市街地の活力を高め、賑わいを取り戻すための都市空間の構築を目的とし建設された複合施設である。
コンセプトを「生活価値創造」としている。
富山市中心部の大手町にあった富山市民病院移転跡地に、市制100周年事業の一環として槇文彦の設計により1989年(平成元年)12月16日に完成し、翌17日に開館した建物で、音楽用ホール(アンサンブルホール)、富山外国語専門学校や富山市民学習センター、レンタルギャラリースペース、マルチスタジオ、多目的ホールなどの生涯学習、文化・美術施設、またスポーツクラブ、各種商業施設など公共・民間の施設が入居している。内部は白を基調とした清潔感のある空間となっています。この建築はBCS賞や公共建築賞を受賞しています。

無題.png
a0074197_8172127.jpg

テピア 1989 BCS賞(1990)

テピアは1989年(平成元年)、財団法人機械産業記念事業財団(現在の一般財団法人高度技術社会推進協会)によって東京・明治神宮外苑に開業した。所在地は秩父宮ラグビー場明治神宮野球場(神宮球場)に挟まれており、ここにはかつて、日本で初めての本格民営ボウリング場・「東京ボウリングセンター」があった。テピアの設計は、槇文彦(槙総合計画事務所)によるものである。

1階と2階に展示施設を有し、機械産業や情報産業を中心とするハイテクノロジーの展示を行っている。開館以来、毎年テーマを決めて展示内容を入れ替えていたが、2008年平成20年)4月11日からは「先端技術館@TEPIA」と題した常設展示に変更されている。

地下1階各会議室、3階のエグジビションホール、4階のTEPIAホールと各会議室は、テピア自体のイベントに用いられるほか、賃貸も行われている。また地下2階には、東急スポーツクラブ「オアシス」が入っている。

aoy0107.jpg
aoy0122.jpg

幕張メッセ I 1989 BCS賞(1991) IAITAクォーターナリオ賞(1993) 公共建築 - 優秀賞(1994)

幕張メッセ(まくはりメッセ、Makuhari Messe)は、千葉県千葉市美浜区にある大型の会議・展示施設。また、株式会社幕張メッセはこれを運営する企業である。敷地面積のべ217,151.47m2、全館冷暖房、空調設備を完備する全天候一体型の建築物である。国際展示場1ホールから8ホール、イベントホール、国際会議場、国際展示場9ホールから11ホール(北ホール)の4つの建物からなる。国際展示場1ホールから8ホール、イベントホール、国際会議場は、第32回BCS賞(建築業協会賞)、IAITAクォーターナリオ賞受賞。北ホールは、第40回BCS賞、第5回千葉県建築文化賞「景観に配慮した建築物」部門を受賞している。槇文彦氏の代表作の一つで、千葉県房総半島の山並みをモチーフにした外観が特徴。2020年の東京オリンピックや東京パラリンピックにも競技会場として使われます。

cul.jpg
104121.jpg

東京体育館 1990 BCS賞(1991) 公共建築 - 優秀賞(1994)

浮遊する屋根と、それを支えるわりとがっちりとした基部という二つのイメージが基本的な概念としてあって、それから藤沢と同じようにステンレスの屋根が使われると思います。ジグラードの屋根型の小体育館、研修ゾーンヘ行くためのピラミッド型をしたエントランス等と、さまざまな幾何学形のぶつかり合いで全体が構成されています。しかもこれは東京の都心に近い公園地区で、周縁は住居地域なので、高さは極力抑えられて、大きいわりには極力スケールを抑えた建物になっている。

qsw.png
273A1373.JPG

ヒルサイドテラス 1969 1998 DOCOMOMO JAPAN選定

東京の代官山にある槇文彦氏が設計した複合施設「ヒルサイドテラス」1969年から1998年の約30年にわたり段階的に建設された建物です。槇文彦氏の代表作の一つで、代官山のランドマークとなっています。第二次大戦後、朝倉家は所有していた土地の大部分を失い、本宅も相続税支払いの為に売却を余儀なくされた(重要文化財・旧朝倉家住宅)。手元に残った旧山手通り沿いの土地を生かした不動産経営を検討していた朝倉家は、先代の当主である朝倉誠一郎および当代当主の朝倉徳道が慶應義塾大出身だったことから教授の紹介で同じ慶應育ちの槇文彦と1967年に知り合い「代官山集合住宅計画」を立案させたこの作品の第1期は2003年にDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれています。この街並みの形成には規制がプラスに働いた面もある。第1期計画の敷地は第一種住居専用地域かつ第一種高度地区であり、住居以外の建物は建てられず、高さは10メートル以下、というきまりがあった。

p8_3.jpg
p8_2.jpg
p8_1.jpg

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)Ⅰ-Ⅳ 1994 ふじさわ都市デザイン賞(1992) 神奈川県建築コンクール賞(1992)

インテリジェントアワード建設大臣賞(1994) JIA25年賞(2016) 

キャンパスは幕張メッセ等を設計したことで知られる槇文彦が設計した。キャンパス・デザインは日本の歴史的な学舎としての禅寺モチーフとしており、脇にが流れる石段山門本堂として中央に位置する図書館などがデザインされている。円形劇場を模した遊水地は「テアトロン」と呼ばれ、降水量が多いときに水没する。井関前総合政策学部長によって命名された。遊水地は他にガリバー池(鴨池/カモ池)[6]、大学グラウンド、多目的グラウンド(駐車場)の3つがあり、これらが満杯になった場合は地下タンクが使われる。

7rukmk.png
cwwsc.png

霧島国際音楽ホール 1994 BCS賞(1996)

鹿児島県霧島市牧園町高千穂にあるコンサートホールである。運営は公益財団法人鹿児島県文化振興財団が行っている。1994年(平成4年)7月22日に開館。愛称はみやまコンセール。「霧島国際音楽祭」の主会場である。同音楽祭のために建設された当ホールは、国際音響学会で「奇跡のホール」と称賛された音響を誇り、優良ホール100選に選ばれている。

外洋に乗出す船をイメージした外観は槇文彦の設計。音響設計は安藤四一

55,000m2の敷地には菩提樹に散策路と、自然と音楽を満喫できる特別な空間となっている。

f3c6195e1d0d1cd5323e2d3b6e135a8b.jpg
p60_1.jpg

風の丘葬斎場  

風の丘葬斎場は、大分県中津市にある火葬場、斎場である。槇文彦設計。エントランスホールのトップライトはル・コルビュジエのショーダン邸への、中庭はミース・ファン・デル・ローエのバルセロナ・パビリオンへのオマージュとも考えられ、モダニズムの集大成とも言われる。待合ロビーの写真は各種建築専門誌などでも取り扱われているが、流れるような平面構成も魅力的である。村野藤吾賞受賞作品であり、ランドスケープデザインで三谷徹は2003年度グッドデザイン賞金賞を受賞している。