​谷 口 吉 生

建築家。東京生まれ。建築家谷口吉郎の長男。1960年(昭和35)に慶応義塾大学工学部機械工学科を卒業、その後アメリカに渡り、64年にハーバード大学GSD(大学院大学デザイン・コース)修了(建築学修士)。帰国後、64年から東京大学工学部都市工学科丹下健三研究室に所属、その後丹下健三・都市・建築設計研究所に72年まで勤務する。

 1974年に計画・設計工房を設立し主宰する。1979年より谷口吉郎建築設計研究所(現谷口建築設計研究所)の所長となる。また、カリフォルニア大学ロサンゼルス校建築学科講師(1972~73)、ハーバード大学建築学科客員講師(1978、87)、東京大学工学部建築学科非常勤講師(1981~83)、東京工業大学建築学科非常勤講師(1983~84)などを務める。


『『谷口吉生建築作品集』(1996・淡交社)』

資生堂アートハウス  1978 日本建築学会賞 JIA25年賞

東海道新幹線の線路脇にある資生堂の美術館。当館の建築は高宮真介、谷口吉生両氏の設計によるもので、1980年(昭和55)に「日本建築学会賞」を受賞。 2010年(平成22)には、竣工後25年にわたって「長く地域の環境に貢献し、風雪を耐え、美しく維持され、社会に対して建築の意義を語りかけてきた建築物」と「その建築物を美しく育て上げることに寄与した人々」を顕彰する「JIA25年賞」(第9回)も受賞し、建物自体が独自のアート性と高い価値を有することがあらためて証明されました。

秋田市立中央図書館明徳館 1978

自然豊かな千秋公園内に建つ、ほぼシンメトリーな形状の図書館です。1階中心部に、ギャラリーとなっている十字型の吹き抜け空間があり、大人開架や子供開架、学習室など、用途を分割する用途を担っています。開架部分の天井には照明が殆どなく、代わりに各本棚に照明が取り付けられているのが珍しかったです。円柱の柱や2階のカーブを描く外壁など、同じ谷口吉生設計の金沢市立玉川図書館に似ていると思いました。

久保田藩藩校明徳館」に因む名称を持つ図書館である。1981年昭和56年)7月まで当地に秋田市立明徳小学校があり、移転後の跡地に開館した。なお、「秋田市立中央図書館明徳館」までが条例上の正式な名称である。分館として河辺分館(愛称「せせらぎライブラリー」)、明徳館文庫(フォンテ文庫)および移動図書館「イソップ号」が当館に附属する。

土門拳記念館 1983 吉田五十八賞 日本芸術院賞

土門拳記念館の設計に私が携わることになった直接のきっかけは、建設委員の一人の方からの突然の電話であった。その後、建主である酒田市や建設委員会の方々の来訪を受け、この大変意義深い計画の設計をお引き受けすることになった次第である。写真作品と建築と自然との融合、形として点在する数々の親しい人々の協力、私の目指した設計が、ここを訪れる人々にとって土門拳の世界を思うにふさわしい環境であることを常に願っている。

金沢市立図書館(1978)は谷口が40歳の時、父、吉郎の監修の下に設計を手がけた、事実上のデビュー作である。その後谷口は資生堂アート・ハウス(1978、静岡県。日本建築学会賞)、土門拳記念館(1983、山形県。吉田五十八(いそや)賞、日本芸術院賞)と、公共性と記念性の高い建築をたて続けに手がけ、流行や自己主張には流されない確固とした空間とシンプルな構成をもった、良質のモダニズム建築の可能性を披露した。

東京都葛西臨海水族園 1989 毎日芸術賞

谷口は保守的なモダニズム建築を目指してはいなかった。東京都葛西(かさい)臨海水族園(1989。毎日芸術賞)では海に向かって明るく開く表現、丸亀市猪熊(いのくま)弦一郎現代美術館(1991。村野藤吾賞)では環境と美術館のありかたなど、多様な環境に対する巧みな対応を表現するのである。

東京都葛西臨海水族園 改築問題

東京都建設局が改築も視野に入れて、「葛西臨海水族園」(東京都江戸川区)の更新を検討している。配管設備の老朽化対策やバリアフリー化対策に課題があることなどが理由だ。そうした動きに対し、既存施設を設計した谷口建築設計研究所(東京都千代田区)の谷口吉生所長は、「まだ耐久性がある建築を30年で壊してしまうのは理解できない」と苦言を呈する。しかし、施設や設備の老朽化が進み、その対策を講じる必要があります。約 30 年の間で国内外の社会状況も変化しています。 そこで東京都では、昨年、葛西臨海水族園が今後も多くの方々に親しまれる水族 園として持続的に発展するためのあり方について、専門的見地から検討していただ く「葛西臨海水族園のあり方検討会」(以下「検討会」という。)を設置しました。

長野県信濃美術館東山魁夷館 1990

善光寺側から東側道路に至る高低差を活かし、建物が突出することなく、周辺の風景の中に溶け込むことを大きなコンセプトとしています。その上で、城山公園全体の歴史と将来像を考えながら、公園だけでなく、善光寺東公園や東側神社の杜との連続性を意識して、ランドスケープと建築を一体的に計画しました。公園と1階、南側道路と2階、さらに東側道路と3階を接続し、3つのレベルに対応した床レベルを設定することで、地階を除く全ての階が水平移動のみで入館できます。年齢や障がいの有無に関わらず、全ての人々が美術に親しむことができます。新しい信濃美術館は、国宝を含む多様な作品の展示に対応できる「公開承認施設」の条件を満たす一方、県内の美術団体や県民が多目的かつ自由に利用できるスペースへの要望に応え、公園との一体利用を視野に入れた「屋根のある公園」と呼ぶ新しいスペースを創出しました。

日本IBM幕張テクニカルセンター 1991年

幕張新都心(海浜幕張駅周辺)内の業務研究地区内に立っている、IBMの研究施設です。施設内への入り口がビルの中央にあり、ガラス張りの通路を歩いて中に入るようです(他にも入り口があると思いますが)。その通路の下の部分には、草木や鑑賞池を配置し(写真右下)、憩いの場にしてあるのでしょうか。外壁のロゴは凹凸はなく、ブロックの色だけを変えて描いています

豊田市美術館 1995 

美術館建築で名高い谷口吉生、庭園はアメリカのランドスケープ・アーキテクト、ピーター・ウォーカーによるものです。日常の喧騒から距離を取るため、美術館はすぐにその姿を現さず、敢えて屈曲したアプローチを進んでいくうち、不意にその全貌が開けてきます。そこには、丘の上の高低差を活かして配された、乳白色のガラスと緑のスレートでできた直方体が、空を背景に浮かび上がります。入口に歩みを進めていくと、水平に伸びるファサードの巨大な構えとは対照的に、正方形の壁に目隠しされた控えめなエントランスが現れます。ここでもう一度人間の身体感覚に戻って、これから美術作品に向き合うための準備をします。天井の低い薄暗いエントランスに入ると、右側に企画展示室、左側に光あふれる吹き抜け空間があります。階段を上がると、さらに大きな明るい展示室が現れます。谷口は、まず光溢れる開放的な空間から始まり、そこから小さい展示室に移り、再び明るく広々とした空間に出る、光の変化のシークエンスを演出しています。展示室は、部屋ごとに空間の広がり方や使われている材質が異なり、それぞれ違った印象を与えます。私たちは、移動する身体感覚と開口部や窓によってその都度新たに開ける光景により、感覚を常に刷新していきます。美術館をあとにするときは、2階の大池の対岸からの眺めもご覧ください。心地よい水の広がりは周囲に波紋を映しながら、ファサードと建物の垂直線を際立たせます。夜になると乳白色の展示室は光を放射して、まるでランタンのように水面に浮かび上がります。

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 1991 村野藤吾賞

正面には、猪熊弦一郎の巨大な壁画《創造の広場》やオブジェの設置されたゲートプラザがあり、その伸びやかなファサードは、駅前広場と内部空間をゆるやかに結びつけています。設計は、数々の美術館建築を手がけ、現在、世界で最も美しい美術館をつくる建築家と評される谷口吉生。猪熊弦一郎との対話によって、アーティストと建築家の理念が細部に至るまで具現された建築となっています。

自然光をふんだんに取り込んだ、軽やかで開放的な空間が広がる館内は、1階から3階までの3層構造となっており、1階にはオリジナルグッズやカタログを販売するミュージアムショップ、2階には対照的なプロポーションをもつ2つの展示室があり、さらに3階には天井高約7mの豊かなスケール感をもつ展示室を配しています。

前庭とピクチャレスク(絵画的)な対応を見せ、日本的モダニズムの再発見を目指している。

東京国立博物館法隆寺宝物館(1999)の列柱など、谷口におけるモダニズム建築の表現は、シンプルなボリュームの建築と周囲の環境を対比させるという操作に絞り込むのだが、いずれの建築においても独自の環境を生み出しているのである。

東京国立博物館法隆寺宝物館 1999

流行に左右されないシンプルなヴォリューム構成と周囲の環境を取り込んだり対比させたりといった操作が作風です。

展示室と収蔵庫が入っている「石の箱」とロビーやレストランが入っている「ガラスの箱」、そして周囲の環境や敷地との関係をつなぐための「門構え」の3つの要素によるとてもわかりやすい構成をした建築です。

法隆寺宝物館という名称からもわかるように、法隆寺から皇室に献納された「法隆寺献納宝物」が展示されているわけですが、直接的に法隆寺をイメージできるデザインを避けた抽象的な建築となっているのも特徴的です。ですが、法隆寺というアイデンティティを無視しているということは決してなく、法隆寺の要素を直接的に用いずに日本的空間が構成されるような仕掛けが随所に仕掛けられています。

このような効果は、建築内外の空間のボリューム、ダイナミズム、光の取り入れかた、内外の細心なディテールや収まりなど、冒険的な構造や装置の表現に頼らない、建築本来の表現と確かな技によって得られている。東京国立博物館法隆寺宝物館は前庭とピクチャレスク(絵画的)な対応を見せ、日本的モダニズムの再発見を目指している。

鈴木大拙館 2011 BCS賞

鈴木大拙館(すずきだいせつかん)は、石川県金沢市にある鈴木大拙に関する文化施設である。2017年現在の館長は木村宣彰建物は「玄関棟」「展示棟」「思索空間棟」とこれらを結ぶ回廊からなり、回廊の両側には「水鏡の庭」「玄関の庭」が配されている。「水鏡の庭」は浅く水をたたえ、「思索空間棟」はその中に浮かぶように立っており、静かな空間を演出している。「思索空間棟」は床が上下し、座禅を組んだり、腰を掛けて語り合う場として想定されている。「展示棟」では収蔵品のうち大拙の書、写真など33点が展示されている。展示品には詳細な説明はなく、これは来館者がそれぞれに考え、大拙の思考を感じるための趣向であるとされる。施設の設置に併せ、本多の森公園の斜面緑地に沿って金沢市立中村記念美術館まで「緑の小径」が整備された。辰巳用水が流れる斜面横の階段を上がれば石川県立美術館、用水沿いに下れば金沢21世紀美術館に抜けられ、まちなかの回遊性に配慮されている。
2015年に、日本建設業連合会主催の第56回BCS賞を受賞している。

GINZA SIX 2017

銀座の“新しい顔”となる建築は、谷口吉生氏が基本設計と外観のデザインを担当し、鹿島建設株式会社と協働し設計を行っています。ファサードの「ひさし」と「のれん」をイメージしたデザインは、どちらも人々を迎えるのにふさわしい、伝統的な日本の形式です。将来、店舗や流行が変化した場合にも、のれんを掛け替えることで容易に対応し、新しいイメージを演出できます。「建築は中身を引き立てる器である」という考えのもと、ファサードを含め、建築自体はできるだけシンプルに仕立て、そこに咲く「花」であるショップのデザインが際立つように計画されています。それ自体は、ほとんど装飾のない床の間に、季節に応じて掛け軸や生け花を飾り、四季の移ろいを楽しむ日本伝統のしつらえにも通じる考え方です。

 

​~  関連書籍  ~
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
​~ 関連する建築思想 ~
0000000000000000000000000

00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now