​山 本 理 研

建築家。神奈川県生まれ。1959年(昭和34)、東京大学工学部建築学科卒業。1964年東京大学数物系大学院建築学専攻博士課程修了。同年、東洋大学工学部建築学科助教授。1967年には当時の社会状況を踏まえつつ、緻密な理論体系によって建築の可能性を追究した著書『建築に何が可能か』を出版し、建築界にとどまらず、広く注目を集める。ここでは、「閉じた空間に孔(あな)をあける」という視点から建築を構想する「有孔体(ゆうこうたい)の理論」が詳細な形で展開された。この「有孔体の理論」を具体化した作品としては、原の実質的な処女作となる伊藤邸(1967)や慶松(けいしょう)幼稚園(1968、東京都)などがあげられる。1969年、東京大学生産技術研究所助教授。1970年以降、アトリエ・ファイ建築研究所との協同による設計活動を開始。1982年、東京大学生産技術研究所教授。

1997年(平成9)、東京大学を退官。同年、東京大学名誉教授。[南 泰裕]

『『建築に何が可能か』(1967) 

『空間〈機能から様相へ〉』(1987) 

『住居に都市を埋蔵する――ことばの発見』(1990) 

『集落の教え100』(1998・彰国社)

『集落への旅』(岩波新書) 

『住居集合論』1~5(1973~1979)』

GAZEBO 1986

どこにでもある都市の風景であると同時に、一方で住宅地の風景でもあります。都内の幹線道路沿いの建物の上のほうは多くの場合住宅です。一階が店舗で、二階がオフィス、三階が貸しアパート、そしてオーナーが上に住むというのが一般的な住み方です。住宅のつくり方のひとつのプロトタイプだと思います。外国でこの写真を見せて「これは住宅地です」というと、みんなドッと笑います。われわれから見ると不思議ではありませんが、外国人から見ると、そうとう貧しい風景に見えるようです。それは道路との関係にあるのだと思います。   

もっぱら通過交通だけのために整備された街並みというのは日本中どこも似たり寄ったりだと思うのだ。〈住む〉ということとは違う、もうひとつ別の原則によって街が構成されているんじゃないかとすら思えるほどである。
〈住む〉側から見れば、それ以外の〈住む〉こととは無縁な場所は前面の幅の広い道路だとか、街並みだとかを含めた、今、“都市的”と呼んだ、そっちの側に属する場所であるように見える。この建築でいえば、下の階の店舗も貸事務所も貸アパートも、すべては都市的な原則によって組み立てられたものの一部であり、そうしたものの上に〈住む〉場所が乗っている。比喩的にいえば、地形みたいなものである。都市という地形の上に〈住む〉場所が乗っているという言い方もできる。

HAMLET 1988

3世代4世帯住宅の集合住宅である。つまり、3人の兄弟とその両親の、計4世帯の集合住宅である。両親から孫までの3世代の大家族住宅である。 この住宅の周辺でもかつては実現していた、緩い地縁的なつながりも、今では壊滅的に崩壊してしまった。商業ビルに侵食されて、ぽつぽつと残った住宅地に住んでいる人々の思惑もそれぞれで、この場所にこれからもずっと留まって住もうと思っている人なんて、きっといないに違いない。いずれは、この人たちだけが孤立するだろうと思う。だからこそ、彼らはこういう集まって住む住み方にこだわったのである。 ところが、集まって住むためのモデルがない。これは、だから建築的な解答ではなく、住み手の過激さに依存して、ほとんど偶然のように出来上がった〈集合住宅〉だと思っている。

熊本県営保田窪第一団地 建築という暴力

 110戸からなるこの集合住宅は、3つの住棟と集会室が中央広場を囲む構成となっている。中央広場は敷地内の単なる空きではなく、生活の場としての積極的な意味づけがなされている。
 この完全に閉じられた中央広場に入るためにはふたつの方法しかない。ひとつは住戸内を通過して中央広場に入る方法、もうひとつは集会室を通過して中央広場に入る方法である。つまり単に通過するためにのみ、また無目的に外部から中央広場に入ることはできないようなシステムになっているのである。非常にプライバシーの高い中庭です。私はここに住む多数の人たちに帰属するプライバシーを「コモン」と呼び、この中庭をコモンスペースと呼んでいます。

緑園都市

建築と都市との関係を,山本は「緑園都市Inter-junction city」(1991~)と題した都市計画プロジェクトで提示した.ひとつの建築の中に既に都市が内包されている.個としての建築が都市へ触手を伸ばして,その領域を曖昧にする.そして最終的な都市の姿は,ひとつの個としての建築の中にも実現されていると,山本は主張する.ここではこうした建築論を「緑園都市」をテーマに語っている.いかにも今注目を集めている建築家の一人を自負する作家の示唆に富む展示である.

  • 緑園都市 XYSTUS(ジスタス) 1992年

  • 緑園都市 OBERISK(オベリスク) 1993年

  • 緑園都市 LOGGIA(ロッジア) 1993年

  • 緑園都市 AMNIS(アムニス) 1993年

  • 緑園都市 PRADO(プラード) 1993年

  • 緑園都市 ARCUS(アーカス) 1994年

  • 緑園都市 CÕTE á CÕTE(コータ・コート) 1994年

岩出山中学校 1996

今までの三つの町立中学校を統廃合して、まったく新たな統合中学校を創立する。建築をつくることが、教育のプログラムを変えることであり、過疎化しつつある町を活性化させることであり「学問のまちづくり」というこの町のキャッチフレーズを実現することである。 私たちは生徒たちのための場所を各系列とはまったく別のものとして扱った。ロッカールームを「生徒ラウンジ」と読み変え、多目的ホールを「生徒フォーラム」と読み変えてその二つの場所が一体になって、巨大なアトリウムを構成している。このアトリウムがこの学校の中心部分であるような動線計画になっているわけである。中学校は単に教育のための場所であるだけではなくて、彼らが三年間共同生活をする場所である。その共同生活の中心部分がこの巨大なアトリウムである。 もう一つ、このコンペで特徴的だったのは、町の人たちのための施設でもあるということが積極的にうたわれていたことである。

埼玉県立大学 1999

埼玉県立大学は、99年4月に開校した看護福祉系の四年制新設大学と短期大学とが併設された大学である。この大学は、医療の高度化・専門化がすすむ一方で、地域に根ざした福祉サービスの前線においても他分野の人と連携した実践活動ができる人材の養成を目的としている。この分野を研究し教育する場では、従来の学部や学科という枠組みをまたぐような建物の使い方が望ましいだろうし、時間が経つにつれて実際そのような使い方が進行するだろう。設計するうえでは学部や学科の固有性を完結させたり閉鎖的にする方法は、この大学の場合は適切でないと思われた。そして多くの大学キャンパスに見られるような分棟方式とせずに、配置計画において学科の違いを敢えて分けない一つの建物として提案した。
 一つの建物として設計が始まったが、途中でそれぞれの場所ごとに対応しなければならない様々な問題や取り合いが生じた。しかし、コンペで提案した基本的な配置計画と構成方法の考え方に基づいて、デザイン的にも技術的にも個別の解決方法を取るのではなく、建物全体の中での相互関係の決定ができるだけ明確になるようシステマティックに見える方法を採用した。その結果、この大学は都市基盤があたかもそのまま建ち現れたような風景をつくりだす建築になったのだと考えている。

横浜市営住宅(三ツ境ハイツ) 2000

民間の木造住宅群の中に埋め込まれるような計画である。だから、できるだけ低層に押さえたいと思った。それと、開発申請をしないで計画を進めたいということもあって、従来までの道路の位置の変更、宅地の形状の変更は一切しない。それまでの道路、宅地がそのまま残るわけである。でも、それもこうした住宅地では重要なことだと思った。できるだけ過去の記憶を残すように計画したい。
 既存の道路に囲まれた宅地形状の影響もあって、多くは10世帯を単位にするような、囲み型の計画になった。10世帯で一つの庭を共有する。共有された庭にはワゴン車が一台入れるほどのスペースが用意されている。将来、住民に対する介護や看護が必要になった時に、そのためのサービス車がここに寄り付くことができるように考えたからである。あるいは、民間のデリバリーサービス車もこの車寄せを利用する。単身もしくは二人住まいの高齢者の多くが接地階に住むことを想定しているので、この中庭に設けられた車寄せはかなり有効に働くと思う。

東雲キャナルコート1街区 2003 これからの集合住宅の在り方を示す意欲作

1街区の特徴は、住棟ヴォリュームをくりぬいた「コモンテラス」、ホームオフィス機能ももつ「f-ルーム」、明るい「中廊下」と「水回りユニット」である。
コモンテラスは各階にひとつ、立面的にはランダムに配置されたコモンスペースである。2層吹抜けのコモンテラスは8住戸分のf-ルームによって囲われており、全住戸の約4分の1の住戸がコモンテラスに面している。f-ルームは、SOHOやショールーム、育児スペースやホビールームを受け入れるスペースである。
その他の住戸は中廊下(または片廊下)との仕切りを一部ガラスとしている。
中廊下はコモンテラスとプライベートテラスによって、採光、通風がとれた外部性の高い空間である。廊下側にf-ルームを配置することで、住戸が廊下に対して開く契機となる。
大きな矩形のf-ルームがとれるように、水回りユニットとキッチンは主に外壁側に配置している。間仕切る際も自由度が高い。水廻りユニットはガラス張りのサンルームのような空間となり、洗濯物も干せる。中廊下は外部に対して開かれ、住戸は中廊下に対して開かれる。職住近接ではなく職住一体。住宅の中に「オフィス」的機能を組み込むことで、集合住宅の可能性を広げる試みである。

福生市庁舎 2008 敷地条件を考慮した建築で環境と一体化した作品

東京都福生市の市庁舎の建て替えである。敷地周辺の建物は総じて低層である。私たちは敷地全体に建築を展開し、できるだけ低層に抑えることにした。敷地全体が公園となり、公園と庁舎が一体となるような建築である。新庁舎は、フォーラム、丘の広場、タワーといった要素からなっている。フォーラムは敷地全体に広がるフレキシブルな大空間であり、市民利用スペースが配置される。丘の広場はフォーラムの屋上にあたるが、緩やかな起伏を持った市民のための広場である。丘の広場の上の2棟のタワーは、最大スパン21.5mの無柱の執務スペースである。丘の広場の床とタワー外壁は私たちがスカートと呼んでいる曲面屋根を介して滑らかに連続している。

ナミックステクノコア 2008

半導体基盤のための塗料を製造する企業の新研究所である。
敷地全体に実験室を配置する。実験室の屋根を緑化し、研究者のための屋上庭園とするとともに、実験室での空調負荷を極力小さくしている。屋根の上に、全く違うシステムの構造体を乗せる。半径が最大で7メートルある逆円錐状のコマのような構造体を平面的に3つ集めることで、お互いにもたれ合うシステムである。半径の違うコマをいくつか繋げてできたテーブルのような構造体を2層積み、上1層にオフィスをつくる。コマの支点部をピン接合とすることで水平力をキャンセルし、ピン先端部の円形断面をφ200mmにすることができる。外周に柱の全くない構造体が宙に浮いているように見える。

地域社会圏主義 山本理研

第1章 地域社会圏リアル
Part.1 どのように住むか
Part.2 どのように運営するか
Case Study 郊外高密モデル
Case Study 都心超高密モデル
EX 地域社会圏をめぐる議論|仲俊治
EX 地域社会圏経済
EX 経済学から見た地域社会圏|松行輝昌
Part.3 「地域社会圏化」=「脱専用住宅化」
Case Study 木造密集住宅地の地域社会圏化
EX 計画者の視点から防災を考える|村上處直

第2章 地域社会圏リフレクション
[対談]住まいがつくる、その場所固有の経済活動|金子勝×山本理顕
[対談]住まいは社会を大きく変える|平山洋介×山本理顕
[対談]おひとりさまたちの共住|上野千鶴子×山本理顕
[座談会]住空間・生活像・運営システムの設計|山本理顕
 

ミニマリスト的住まい 地域社会圏主義

建築家の山本理顕氏が提唱する、集合住宅の新たなモデルのこと。数百人規模で一つの「地域社会圏」を構成する。専有部分を小さく共有部分を大きくし、水回りを共有することで、住宅の効率化をはかる考え方。

1、専有部のミニマル化

地域社会圏とこれまでのマンションの違いは専有と共用のバランスを変更しているところである。地域社会圏では従来のようにユニットの内部に風呂、トイレ、キッチンの設備がない。居住者はできるかぎり専有する物や設備を少なくし、小さな専有部と大きな共有部を使いこなす身軽な生活をする。そのライフスタイルをバックアップするために共用部にはコモン収納が配置され、身近な生活必需品以外をここに収納する。

2、緩やかなつながり

5-7人のベーシックグループで、サニタリー・水回りを共有する。複数のベーシックグループが連続的につながっている。さまざまな見世が屋外広場に面していて、交流が生まれる。屋内広場では、スポーツやイベントが行われている。

3、地域内ネットワーク

住民は「見世」を利用して、物販や飲食に限らずさまざまなサービスを提供することができる。

見世でできる仕事例

パブ、パソコン制作教室、犬の世話麻雀BAR、洋服レンタル「おしゃれ貸します」

広場等共用スペースでできる仕事例、無農薬野菜の栽培、太極拳教室

地域社会圏に住む人は、より気軽に、柔軟に、小さな単位で仕事を始めることができる

4、生活コンビニ

生活相談、介護、託児、診察といった地域の助け合いシステムの中枢を担う場所を「生活コンビニ」と呼ぶ。住人のうちの希望者が時給800円で週に半日、生活サポーターとして働き、地域社会圏の生活サポートを行う。

地域社会圏は全体で500人規模が目安。うち140人が希望すると、一週間7日を半日づつに区切った14コマに割り振ることで常に10人の生活サポーターが常駐している計算になる。

5、コミュニティサイクル

地域社会圏は自然の丘のように上層までスロープが連続していて、上の方にもお店がある。地域社会圏内を住人がくまなく移動できるよう、コミュニティビークルを採用する。

居住地域内の交通にはコミュニティビークル(CV)を採用する。CVは自転車や電動椅子よりも積載能力が高く、幅員の狭い道や建物のなかにも進入できる。また、地域内にはCV専用道とCVバッテリーを交換できるCVステーションのようなインフラを整備する。

6、省エネ

地域社会圏には、画像や図を見れば分かるように、建物の構造内に半屋外の部分が数多くある。 また、緑の多い設計になっている。このようにして、全体的に心地良い風が吹き抜ける快適な住環境の形成を目指している。

また、屋上の太陽光発電にくわえ、ガスによる火力発電も地域社会圏単位で行うことにより、廃熱や送電ロスによる電気のムダをなくし、省エネ化を目指す。

山本理顕・地域社会圏思想

パンギョ・ハウジング 2010 地域社会圏主義

建築をクラスター状に配置する事である。敷地内には9つのクラスターがあり、各クラスターは3又は4階建ての住戸が9〜13戸集まってできている。各クラスターの2階レベルにパブリックな「コミューナルデッキ」をつくり、「しきい」(ハングルでは「マル」)と呼ばれる透明な空間で各住戸と結んだ事である。「しきい」は大きな玄関のような空間で、応接間・ホームオフィス・アトリエなど様々な用途に使える、周辺環境と一体化した空間である。

ソウル江南ハウジング 2014 地域社会圏主義

この計画は韓国ソウルの南、江南区に建つ低所得者層向けの集合住宅の計画である。1970年代、韓国でも急激に上昇する都市部の人口をみたすため、日本と同様、標準家族のための住宅が供給されてきた。しかし、少子高齢化が進んだ現在、住宅に住む世帯人数は急激に減少し、同時に高齢者の独りまたは二人暮らしが急増している。2030年には人口の1/4が高齢者になるとも予想される現状においては、従来の”一住宅=一家族”というシステムはほぼ崩壊しているに等しい。
 我々はそんな21世紀の住宅のあり方として、個々のプライバシーを保つと同時に地域社会と共存できる住宅のプロトタイプを提案した。その特徴は住宅の多機能化である。現在、住宅でのアクティビティは多様化してきている。もはや住宅は、ただ単に家族が住み子供を育てる場所にはとどまらない。その多様なアクティビティを通して住宅を地域社会に開き、例え独り暮らしであったとしても、彼らが孤立しないような新しいシステムをつくることができるのではないだろうか。そんな住宅を作るために、我々は、韓国の伝統的な空間である"sarangbang"と"madang"の2つの空間をこの計画に取り入れた。
かつて、"sarangbang"とは家の主人が客人を迎えるときに使う客間であり、"madang"とは通りから住宅に入るまでの中庭のことであった。我々はそれを"sarangbang"=多様な活動のための部屋、”madang”=その活動をつなぐ場所、と読み替えた
 まず各住戸の入口に"sarangbang"を設け、"Madang"と呼ぶ通路で各住戸をつないだ。そうして出来る低層の住棟を平行配置し、2棟で1セットとする。2棟の中心には”common field”を配置し、住戸プランは”common field"を軸に鏡像反転とした。そして、その低層の住棟の上にタワーが建つ。タワーの後ろには日照条件の関係で広場ができる。2本の低層住棟、common field、タワー、広場からできる空間を1クラスターと呼びコミュニティーの単位とする。 
今回の我々の提案は”一住宅=一家族”システムに変わる新しい住宅である。地域にひらかれ、「地域社会圏」に基づいた住宅の提案である。

平田みんなの家

「平田みんなの家」は釜石市の平田(へいた)グランドに並ぶ仮設住宅群の中にある。平田第六地区という場所である。ここに建てられた仮設住宅は従来の北側アクセス南側採光の住棟配置ではなくて、住戸へのアクセスがお互いに向かい合うように配置されている。つまり通りを挟んで玄関が向かい合って配置されているわけである。3・11直後に岩手県の住宅課長にこの配置計画を提案して実現した。240戸の住宅群である。
「みんなの家」はこの仮設住宅群の中につくった。夜は飲み屋になるような「みんなの家」である。近くの国道からも、住宅群の中からもどこからでもよく見える建築である。夜は特に目立つ。眠れない時にもここに来れば誰かに会える、話ができる、そう思ってもらえるような建築になったらと思った。夜、中の光が透けて見えるようなテントを素材として選んだのはそのためである。
昼間は外の光が透過して中は明るい。傘のような構造システムである。芯柱の125角の角パイプにフードをつけて真下に囲炉裏をつくった。芯柱に穴を空けてそれを煙道にする。早速住人差し入れの鹿肉やスルメを焼いた。ボランティアの学生、仮設住宅の住人たち、工事を請け負ってくれた工事会社の職人たち、完成直前の即興飲み会である。囲炉裏を囲むだけで誰とでも話ができそうな気がする。
囲炉裏を囲みながら住民の人たちと話をした。向かい合ったそれぞれの通りに通り名をつけたらどうだろう。花の名前がいいという多くの人たちからの意見で、12の通りに、それぞれ12種類の花の名前つけられた。

横浜市立子安小学校 2018

「市立K小学校」は生徒数1,300人という巨大な小学校である。日本の多くの小学校は多くてもこの半分の生徒数なのである。なぜこのようなことになったかというと、周辺に高層マンションができるからである。この巨大小学校の子どもたちのひとりひとりに対してどのように目配りすることができるのか。この小学校区の住人総数は22,000人である。このあまりにも多くの“近隣住人”の人たちとどのような関係を築けばいいのか。先生たちにとってはとてつもない難題である。
小学校は地域コミュニティの中心である。
クラレンス・ペリーの「近隣住区」理論では、800~1km四方に5,000人から6,000~7,000人が住むという想定だから、小学生の人数はせいぜい300人ほどである。その小学校区が近隣住区というコミュニ ティー単位の適正だという。今の日本の平均でも 317人/ 1小学校である。都道府県の中でも飛び抜けて一小学校あたりの子どもの数が多い神奈川県だが、それでも平均545人/ 1小学校である。1,300人という小学生の数がどれほど異常な数字 か分かるというものである。それは近隣住区というコミュニティ理論がもはや成り立たないことを示しているようにも思う。先生たちの心配の中心はそこにあった。

教室をできるだけ密室化しない、それでも時にはその静寂性を保つにはどうしたらいいのか。それは先生たちとも長い時間をかけて話し合ったことだった。私たちは廊下との間に透明なガラスの建具を提案した。6枚引きの建具なので、廊下に対して大きく開くことができる。教室を通じて外から十分な光を廊下側に導くことができると同時に、廊下側と教室とを一体的に使うことを考えたからである。そして、ガラスの建具の外側にもうひとつ木パネル の建具を提案した。目隠しのためだけではなく、生徒たちの作品を展示するパネルである。幅4mの廊下が展示ギャラリーのようになるだろうと考えた。
教室の外側には広いテラスをつくった。今までの子安小学校でもテラスで朝顔や草花を育てるような活動をしていたけれども、あまりにも狭い。4m の奥行きを持ったテラスを提案したのはそのためだけではなく、夏の強い日射しを避けるためでもあった。教室の面するグランド側は南西方向、道路側は東南方向を向いていた。そのままでは斜めの日が教室の中にまで差し込んでしまう。この奥行き4mのテラスが日陰をつくるためにはきわめて有効だったのである。私たちはこのテラスを「環境テラス」と呼ぶことにした。

横浜市立子安小学校 2018

「市立K小学校」は生徒数1,300人という巨大な小学校である。日本の多くの小学校は多くてもこの半分の生徒数なのである。なぜこのようなことになったかというと、周辺に高層マンションができるからである。この巨大小学校の子どもたちのひとりひとりに対してどのように目配りすることができるのか。この小学校区の住人総数は22,000人である。このあまりにも多くの“近隣住人”の人たちとどのような関係を築けばいいのか。先生たちにとってはとてつもない難題である。
小学校は地域コミュニティの中心である。
クラレンス・ペリーの「近隣住区」理論では、800~1km四方に5,000人から6,000~7,000人が住むという想定だから、小学生の人数はせいぜい300人ほどである。その小学校区が近隣住区というコミュニ ティー単位の適正だという。今の日本の平均でも 317人/ 1小学校である。都道府県の中でも飛び抜けて一小学校あたりの子どもの数が多い神奈川県だが、それでも平均545人/ 1小学校である。1,300人という小学生の数がどれほど異常な数字 か分かるというものである。それは近隣住区というコミュニティ理論がもはや成り立たないことを示しているようにも思う。先生たちの心配の中心はそこにあった。

教室をできるだけ密室化しない、それでも時にはその静寂性を保つにはどうしたらいいのか。それは先生たちとも長い時間をかけて話し合ったことだった。私たちは廊下との間に透明なガラスの建具を提案した。6枚引きの建具なので、廊下に対して大きく開くことができる。教室を通じて外から十分な光を廊下側に導くことができると同時に、廊下側と教室とを一体的に使うことを考えたからである。そして、ガラスの建具の外側にもうひとつ木パネル の建具を提案した。目隠しのためだけではなく、生徒たちの作品を展示するパネルである。幅4mの廊下が展示ギャラリーのようになるだろうと考えた。
教室の外側には広いテラスをつくった。今までの子安小学校でもテラスで朝顔や草花を育てるような活動をしていたけれども、あまりにも狭い。4m の奥行きを持ったテラスを提案したのはそのためだけではなく、夏の強い日射しを避けるためでもあった。教室の面するグランド側は南西方向、道路側は東南方向を向いていた。そのままでは斜めの日が教室の中にまで差し込んでしまう。この奥行き4mのテラスが日陰をつくるためにはきわめて有効だったのである。私たちはこのテラスを「環境テラス」と呼ぶことにした。

山本理顕学長 コロナ中のデザインとは
山本理顕学長 自邸
山本理顕学長 コロナ中のデザインとは
山本理顕学長 ユダヤ全体主義と日本
​~  関連書籍  ~
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
​~ 関連する建築思想 ~
0000000000000000000000000

00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now