​菊 竹 清 訓

福岡県久留米市出身。1944年、早稲田大学専門部工科建築学科入学。1945年に久留米駅舎コンペで1等、1948年に広島平和記念カトリック聖堂コンペで3等を獲得するなど、在学中から既に活躍していた。1950年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。同年竹中工務店、1952年村野・森建築設計事務所を経て、1953年に菊竹清訓建築設計事務所を開設。

1960年代後期から70年代にかけ、独自のデザイン論である『代謝建築論 か・かた・かたち』を掲げ、黒川紀章らとともに建築と都市の新陳代謝、循環更新システムによる建築の創造を図ろうとするメタボリズムを提唱する。1995年に早稲田大学より博士(工学)を取得(博士論文「軸力ドームの理論とデザイン」)。早稲田大学理工学部講師(1959年)、千葉工業大学教授(1989年)、早稲田大学理工学総合研究センター客員教授(1993年 - 1998年)を歴任。2000年にユーゴスラヴィア・ビエンナーレにて「今世紀を創った世界建築家100人」に選ばれている。

1970年の日本万国博覧会(大阪万博)では『エキスポタワー』、1975年の沖縄国際海洋博覧会(沖縄海洋博)では『アクアポリス』を設計し、1985年の国際科学技術博覧会(つくば科学万博)ではマスタープラン作成委員としてBブロックの会場計画および外国館の設計を担当、2005年日本国際博覧会(愛知万博)では総合プロデューサーとして会場計画を担当するなど、日本国内で開催されてきた国際博覧会にも深く関わってきた。他にも地方博覧会では、1988年のなら・シルクロード博覧会でハード担当プロデューサーを務めた。

2011年12月26日、心不全のために死去。83歳没。

1960年代の後半の数年間、菊竹の事務所に勤めた経験を持つ伊東豊雄は、菊竹を「恐らくこのような狂気を秘めた建築家が今後あらわれることはないだろう」と高く評価している。

か・かた・かたち

建築家・菊竹清訓が1958年から約10年間にわたり、設計デザインについて書いてきた文章をまとめたものが、『建築代謝論 か・かた・かたち』である。菊竹は機能主義の限界と、それを乗り超えるための新たな設計理論の必要性を感じ、ルイス・サリヴァンの「形態は機能に従う」や丹下健三の「美しきもののみ機能的である」という言葉に対抗し、「空間は機能をすてる」と主張、〈か・かた・かたち〉の方法論を示した。〈か・かた・かたち〉とはそれぞれ以下のことを表わす。〈か〉:本質的段階であり、思考や原理、構想。〈かた〉:実体論的段階であり、理解や法則性、技術。〈かたち〉:現象的段階であり、感覚や形態。菊竹は認識のプロセスとして〈かたち〉→〈かた〉→〈か〉、実践のプロセスとして〈か〉→〈かた〉→〈かたち〉という三つの段階を持ち、さらにその三つが立体的ならせん状の三角構造をもつデザインの方法論を提示した。また、58年からの10年間というのは、60年の「メタボリズム・グループ」が結成されるきっかけとなった世界デザイン会議をあいだに挟んでおり、後半では本書のタイトルにもなっている「代謝」という言葉がキーワードとなる。それまで建築の最小単位が住宅であると言われていたのに対し、最小単位を空間とし、空間組織としての建築を考える。さらに、空間組織に対して時間の要素を加え、かけがえのない空間を「空間装置」、とりかえることのできる空間を「生活装置」、さらには台所や浴室、収納などを「設備装置」とし、この三つから「装置の三角構造」を提唱し、「建築は代謝する環境の装置である」と主張した。

​~  関連書籍  ~
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
​~ 関連する建築思想 ~
0000000000000000000000000

00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000